パックエックス通信

トワーズ青梅IC店、中沢洋明店長 店長インタビュー

タイトル

店長から学ぶは、パチンコホールで働く鎌鼬まさおがスーパー店長さんに根掘り葉掘り聞くことで、自分の店舗の稼働を上げるアイデアをパク・・・ではなくて、同じくパチンコ店で働く人たちのモチベーションを高め、全国のパチンコ店の稼働を上げよう!という企画である。

masaoicon本日は宜しくお願いします。最初に現在の会社へ入社した経緯を教えて下さい!

アイコン就職活動を始めたのは大学4年の夏からでした。人と係わる仕事につきたいと考えていたところ、たまたま地元で有名なスーパーオザムの求人があったので、せっかくだから聞いてみようと思い選考に進みました。実はスーパーオザムがパチンコ店を運営していることは、選考の途中で知りました。人事の方からパチンコ部門を勧められたこと、店長と何度か話す中でこの会社ならきっと大丈夫と思えるようになったこと、また、給与面での魅力も感じ、入社を決めました。

masaoicon入社当初、目標となる方はいらっしゃいましたか?

アイコン最初に配属された店舗の店長がとにかくかっこよかったですね。ものすごくこわい人でしたけど、仕事の姿勢や発言など、惹かれるものがありました。例えば入社したての自分と先輩社員を比較するとき、トラブル対応などの経験や専門知識についてではなく、笑顔や接客など、自分のできるレベルの仕事面で比較をしてくれました。ですから、自分にもできることだけは先輩にも負けないようにと頑張っていました。

DSCF4861

中沢洋明さん/株式会社オザムが運営するトワーズ青梅IC店の店長。積極さをモットーに、どんな場面でも誰よりも早く行動する事を心掛けている行動派店長!

masaoicon入社してからどのようなキャリアを積まれましたか?

アイコン当時はリーダー職の中でいくつか段階がありましたが、入社して1年半でリーダー職を任されるようになりました。そこからステップアップを重ねて6年目の28歳のときに店長へ昇進することができました。同期入社が40名程いましたが、その中で4番目に店長になれたことは自分でも嬉しかったですね。

masaoiconそれはすごいですね!!店長になるための秘訣はありましたか?

アイコンどんな場でもとにかく目立とうとしていました(笑)。会議の席では必ず発言するようにしていましたし、店長やれるか?と聞かれたら「大丈夫です」と答えていました。今でも会議の場で発言の機会がある場合は、誰よりも早く手を挙げています。積極性がなくなったら自分ではなくなると思っていますし、会社もそのように思ってくれていると信じています。

masaoicon入社してからの思い出深いエピソードを教えて下さい!

アイコン店舗異動をしてすぐのとき、まだスタッフとの信頼関係ができていないにも関わらず、思ったことを発言してしました。そのため、周りからキツイ人・イライラしている人と見られてしまっていました。そしてあるとき、アルバイトさんとケンカになり、そのアルバイトさんが辞めてしまったんですね。信頼関係を築いた上で、もうちょっと違う言い方をしていれば辞めることは無かったかもしれない。それからは、信頼関係を築くことや、伝え方に注意するようになりました。 店長になると、今まで以上に自分の発言には責任をもたなくてはならないし、信頼されるためにはスタッフを良く見なくてはなりません。そのために休憩を一緒に取るようにして、情報が集まってくる仕組みを作るなど、様々な工夫をしています。

masaoiconでは最後に、今後の目標を教えて下さい!

アイコン今の目標はブロック長になることです。近年の営業スタイルで結果を出すことは難しくなっていますが、お店の雰囲気には店長の考えが色濃く反映されます。その店長のモチベーションを上げられるような、ブロック長になりたいと考えています。店長は厳しい状況におかれることが多いので、ちょっとでも褒められるとものすごくモチベーションが上がります。店長と会社、共に頑張り、もっと会社のことを好きになってほしいと思います。

masaoicon貴重なお話ありがとうございました!

 

まさお取材MEMO

店長になるためにはどんなときも率先して行動すること。そして店長としてお店を運営する上では、スタッフと信頼関係を築くのが大事なことを学びました。

まさお。

店長×鎌鼬まさおの4コマ漫画

スーパーマーケット1 スーパーマーケット2  

関連記事