パックエックス通信

ピーアークピーくんガーデン、福田昌也店長 店長インタビュー

福田店長title

店長から学ぶは、パチンコホールで働く鎌鼬まさおがスーパー店長さんに根掘り葉掘り聞くことで、自分の店舗の稼働を上げるアイデアをパク・・・ではなくて、同じくパチンコ店で働く人たちのモチベーションを高め、全国のパチンコ店の稼働を上げよう!という企画である。

本日はよろしくお願いします!はじめにピーアークへの入社動機について教えて下さい!

iconfukudatencho卒業に全身全霊を傾けた結果、就職が人より遅れました(笑)。
ピーアークとの出会いは、中途入社者向け合同企業セミナーです。

私は、とにかく興味のあることを仕事にしたかった。
迷わずレジャー産業を中心に就職活動を行いました。
ピーアークには、ゼロからイチを生み出すベンチャースピリッツと、業界を変革していきたいという想いに強く惹かれたことが入社のキッカケです。

masaoicon実際に入ってみてどうでしたか?

iconfukudatenchoとてもやりがいのある仕事ばかりですし、とにかくチャレンジさせてくれる企業です。
いや、チャレンジしないと取り残される企業かな(笑)。
今回ピーアークピーくんガーデンのグランドオープンに際し店長として任命されてから、かつてないチャレンジを経験させてもらっています。

福田昌也さん/ピーアークホールディングス株式会社が運営するピーアークピーくんガーデンの店長。9年間営業一筋でホールスタッフを経験後、入社して9年目に店長に就任。5店舗の店長を経験後、ピーアクピーくんガーデン立ち上げの店長に抜擢される実力派店長!

masaoiconグランドオープンの際のお話を詳しく教えてください!

iconfukudatencho過去5店舗で店長を経験し、今回で6店舗目、店長としてのグランドオープンは今回が初めてです。
その分、苦労もプレッシャーも想像以上でした。

しかしある時、社長から直接この店舗への思いを聞く機会があったことや、また直前の竣工式に歴代の店長やグループの方々から我々への応援メッセージをいただけた際に、「あぁ自分たちにそこまで思いの強い店舗を、しかもグランドオープンで任せてくれたのだ」と、かつてないスイッチが入った瞬間がありました。
やりがいなんて言葉で集約しきれないほどの高揚。
大げさかもしれませんが、自分の人生をかけようと。

オープンして5ヶ月が経ちますが、今でも意識してチームメンバーに伝えています。
是非グランドオープンを店長として経験してもらいたい、と。
あれほどの経験は自分の中で本当に宝物です。

masaoicon人生をかけて何かを成す!かっこいいですね!私もいつか経験してみたいです!では、福田店長は、店長としてどのようなことを大切になさっていますか?

iconfukudatencho大きく2つです。

1つは、店舗の規模や周辺環境、つまりハコは不変だからこそ、与えられた中で言い訳せず如何に最大限のパフォーマンスを出せるのか、出し切っているか、そこを常に自問自答すること。

もう1つ、そこでしか生み出せない価値を創造し定着化させること。
今のピーくんガーデンでも実践しているつもりです。

masaoicon価値を創るって、とても難しそうなのですが、どういったことをされていますか?

iconfukudatenchoポイントは3つあります。

1つ目は、時代の潮流を読むこと。
状況をいち早く察知し、店内に反映させていきます。

2つ目は、今いるお客様と『共創(きょうそう)』すること。
店舗づくりはお客様と共に行うべきだと思っていますから、ニーズをキャッチして、できる範囲で具現化していきます。
一方、私たちの想いをお客様にお伝えすることも、とても大切だと思っています。
どのようなお店を創りたいのか、何を目指しているのか。
どちらか一方の思いだけではなく、相互理解の上でより良いお店作りを目指しています。

3つ目は、見えないお客様のことを考えること。
この業界で生き残っていく為に、パチンコファン以外の層へ如何にしてアプローチするのかを常に考え注力しています。

masaoicon見えないお客様に対してはどのようにアプローチしていくのですか?

iconfukudatenchoパチンコをしない人でも店舗に来る“きっかけ”をつくることです。

ピーアークピーくんガーデンには、営業外スペースにだれでも無料で利用できるコミュニティルームやドッグランを設置しました。
コミュニティルームでは、趣味を活かしたデコグッズ教室やKids英会話教室、地元サークルの会合など、利用方法は多種多様です。

ドッグランの広場を活用したマルシェ(地元で採れた果物や野菜などを販売する市場)は大変盛況でした。
勿論、イベントのきっかけはお客様です。
果物屋さんを経営している方とお知り合いのお客様から、「ここを提供してほしい」とお声掛けいただき、実現しました。

どんなきっかけでも良いんです。
何らかの形で店舗に足を運んでくれる人が増えれば、パチンコホールに対する抵抗感も薄まり、存在意義を感じていただく機会が増えるのではないかと思っています。
なにより、お客様が増えると現場のスタッフが盛り上がりますからね。

今後も、パチンコやスロットと直接的には関係のないけれども、地域に根差したコミュニティを提供することで、賑わう空間の演出を通じてブランディングを行っていきたいと考えています。

masaoicon最後に、店長になるために必要なものを教えて下さい!

iconfukudatencho“ぶれない信念”と、“太陽のリーダーシップ”ですかね。
とくに後者は今も私自身が追い続けているものです。

“太陽”というのは、「北風と太陽」のことです。
部下が自分の意思で動こうとするようなマネジメントをしたいといつも考えて行動するようにしています。
本当にまだまだですが、やり続ける意識が大切だと思っています。

太陽のリーダーシップ、大変印象的です。
私も、もう少し自分の意思で動こうと思います・・・。

masaoicon貴重なお話、ありがとうございました!

 

まさお取材MEMO

「見えないお客様へのアプローチ」は地域根差したコミュニティがしっかりと構築されてことにとても印象的でした。人生をかけたお店で、スタッフと地域の方々と共創する必要性を学ぶことができました。

まさお。

店長×鎌鼬まさおの4コマ漫画

tencho01a

tencho01b

関連記事