パックエックス通信

ベラジオコーポレーション株式会社、垣内規利社長 TOPから学ぶ

ベラジオさまトップ画像

垣内規利/ベラジオコーポレーション株式会社 代表取締役社長。1973年和歌山県生まれ。1999年、26歳の時にベラジオコーポレーション株式会社の前身である弁天センターにアルバイトとして入社。2000年のベラジオコーポレーション株式会社設立時に、現キャップの林田祥来氏の目に留まり、副主任として入社。2010年に取締役社長に就任し、 2013年4月には代表取締役社長に就任。現在経営する店舗は大阪・兵庫・東京で22店舗、グアムで1店舗。目標は、2020年に次の社長を誕生させること。

ベラジオコーポレーション株式会社(以下「ベラジオ」)といえば、ぱちんこ情熱リーグ連覇を達成するなどパチンコ業界で注目の的となっている企業である。今回は、ベラジオの強さを象徴する出来事である「破壊と創造」にフォーカスを当て、その強さの秘密はどこにあるのか、紐解いていきたい。

業績好調の中の、厳しい決断

「-以上の8名を降格とする」

2011年の決起集会にて発表されたのは、本部所属の社員8名を降格し、現場所属にするという厳しい人事だった。これがベラジオで「破壊と創造」と呼ばれる出来事である。当時、業績は過去最高。社内からは「なぜそのようなことをする必要があるのか?」といった声も多かったという。

当時のことを同社代表の垣内規利氏はこう振り返る。

「本当はそんなこと、私もしたくはありませんでした。自分自身が決めたことではありましたが、降格することを決めてから発表する当日まで、逃げ出したい気持ちになることもありました。そうまでしての決断でしたが、今となってはあの時があったから、今があるのだと思えます」

なぜ「破壊と創造」が行われたのか。それは業績が好調だからこそ生まれた「慢心」という社内の雰囲気を壊すためだった。

当時降格となったメンバーは、ベラジオの経営が軌道に乗った後に入社し、現場経験があまりないまま本部所属となっていた。そのためベラジオが創業当時から大切にしてきた『慢心するな、邁進せよ』という風土を現場で体験するということがほとんどない状態でもあった。現状に満足し、変化しようとしない雰囲気がどことなくあったという。

「降格をすることを決めたきっかけは、林田(前社長・現キャップ)からの『今の環境を破壊せなあかんのちゃうの?』という一言でした。自分もそう感じている部分もあったので、これは自分がなんとかせなあかんと思いました」

あえて不協和音を作れ

時に厳しい決断が、目には見えない価値・利益に繋がる。垣内氏が同社の前社長であり現キャップの林田祥来氏から学んだことである。林田氏は以前から垣内氏に「自らあえて不協和音を作れ」と言ってきた。垣内氏が社長に就任する以前、本部所属になってすぐの頃にこんなことがあった。

ある日、林田氏は垣内氏を呼び出し、「本部の人間を7人マカオに連れて行く。メンバーを選べ」と指示をした。その頃本部にいたのは10人以上。その中からマカオに行くのにふさわしいメンバー7人を選べというのである。

「最初、自分を外した7人を選出しました。周りはほとんど年上でしたし、本部に来たばかりということもあって、やはり遠慮がありました。『自分はいいので行ってください』と林田に伝えると、『お前何逃げとんねん』と…。これが林田の言う「不協和音」なのです。あえて反対意見や不満が出るようなことをすると、率直な意見が出てきます。それに向き合い、お互いが言いづらいような厳しいこともきちんと言い合える関係性を築くことで相互理解が生まれるということなのです。

マカオに行くメンバーを選ぶように指示されたときは、私はまだまだ本部のメンバーと距離がありました。私の方が年下ということもありましたし、思ったことをきちんと言えるという関係性ではなかったのです。ですがこのことがきっかけとなり、本部のメンバーと対話することで信頼関係を築くことができました。林田は直接言葉で教えるのではなく、体験させることで、『時には相手とぶつかりあることも必要である』ことを教えてくれました」

未来の成長を考えて、納得した。

8人の降格人事を行った「破壊と創造」においては、当初は役員からも疑問の声が出たという。

「彼らとは何度も話し合いました。特に私が伝えたのは、『現場第一主義というベラジオの風土を守っていきたい。そのためには本部のメンバーは現場を知る必要がある。それは会社のためでもあるが、彼らの未来のためでもある』ということです。最初は反対意見も多かったですが、最終的には皆理解してくれました」

降格することとなった8人は、専務、本部長と相談し、垣内氏が自ら選出した。当時のことを知る取締役営業部本部長の森川幸平氏はこう言う。

「業績がよかったこともあり、垣内が言うように会社全体に“慢心”が蔓延していたのだと思います。それは、役員も含めてです。そのような雰囲気を感じてはいたものの、垣内から降格の話を聞いたときは『そこまでするべきでしょうか?』と反対しました。やはり自分が面倒を見ていた人は守りたいという想いもありましたから。ですが、垣内に説得され、最終的には今のこの選択が、その人が成長する未来に繋がるのだということを考え納得しました」

こうして、「破壊と創造」は実行されることとなった。

本部所属はスーパースター

会社と社員の未来のために実行されることとなった「破壊と創造」。それは、本部所属の社員8名を降格し、現場に戻すという厳しい人事だった。

ベラジオにおいての本部所属というのはどのようなものなのか。代表取締役社長の垣内規利氏はそれを“スーパースターになったようなもの”と表現する。

「本部に所属になるということは、“スーパースター”になったようなものです。現場で活躍した者が次のステップとして本部所属となります。彼らの役割は、次のスーパースターを輩出すること。そのために現場のメンバーがやりがいを持って働ける環境をつくることです。

当時の本部を見ていて私が最も気になっていたのは、彼らが自分たちの役割を本当の意味で理解していないのではないか、ということでした。本部のメンバーは、現場メンバーの手本となるような存在でなければいけません。ですが、自分たちが見られているという意識が低く、現場に行っては会社の愚痴を言う人もいました。前向きな意見もあまり出てこず、会社をよくしようという気持ちを感じられない人もいました」

このままでは会社の未来は見えないと判断しての8名の降格だった。全社発表後、垣内氏は対象となった8名全員と、直接話をした。

「最初は(降格した)全員辞めるんちゃうかな、と思いました。発表後に全員と1対1で飲みに行き、『できることなら辞めずに続けてほしい、試練を乗り越えてほしい』と伝えました。残念ながら1名だけ去ってしまいましたが、他のメンバーはみな、がんばってみますと言ってくれました」

不協和音の反応は様々

不協和音を起こしたときの反応は、様々だったという。

「会社が決めたことだから」と受け入れていた者も多かったが、一部からは反対の声も上がった。「降格したメンバーと仕事上の関係が近い人程ショックを受けていました。泣いている人もいました。『こんなことをする会社なら、この先未来が見えない』と言われたこともあります。

『(降格にしなければいけない状況にしたのは)社長の責任じゃないですか』と言われたこともあります。その通りです。でも、わかっていてあえて実行しました。いくら説明したところで、結局は結果を示さないと理解はしてもらえないと思いました。ですから『絶対、結果を出すから』と伝え、それ以上の説明はしませんでした」

現場で働く姿を見て、涙があふれた

その後、現場所属となったメンバーは垣内氏の想いを受け、必死に働いていた。

「彼らが現場で汗を流して働く姿を見たとき、涙があふれました。自分だったら辞めているかもしれません。がんばっている姿を美しいと感じました」

お前、もう辞めろ

業績好調の中、実行された「破壊と創造」。この出来事は同社代表の垣内氏の決断によるものであったが、実はこれまでにもベラジオでは「破壊と創造」は行われ、それが今日のベラジオの発展につながっている。

現在取締役営業部本部長を務めるの森川幸平氏も、それを体験した1人である。それは、まだベラジオが4店舗で、森川氏が店長をしていた頃のこと。

「私が店長を任されていた店で、過去最高の業績を叩きだしたときのことです。林田(前社長・現キャップ)から食事に誘われ、『これは褒めてもらえるぞ』と上機嫌で待ち合わせの店に向かいました。しかし、席に着くなり林田が言った言葉は、『お前、もう辞めろ』。

さらに、『部下がお前に全くついていっていない。悲鳴をあげている部下がたくさんいることに気付いていない。自分を押し殺しながら働いている人間ばかりで自由な風土がまったくない。部下が自分を出せない環境で成長があるはずもない。そんなお店に未来はない。お前のやり方では会社の未来性がない』と“罵声”が続きました…。

ショックではありましたが、確かに林田の言うとおりでした。当時私のマネジメントは正にトップダウン。意思決定の全てを私が行い、ひたすらに、スピードと利益を追い求めていました。業績は好調でした。ですが、チームとしての成長は全くできていませんでした。

林田は、次に活躍する部下を育てることが会社の発展に、そして私自身の成長に繋がるということ。そのためには部下と信頼関係を構築することが必要で、情熱を持って、率先垂範して、リーダーシップを発揮することが必要だ、と教えてくれました。『部下に伝えることはベラジオの未来をつくることや。部下がやりがいを見出せるチームをつくらなあかん』

好調だったからこそ、ここで慢心してはいけない、自分で創ったものを破壊することで次の未来が生まれる、ということを林田は教えてくれたのです」

現場で得たもの

森川氏のように、現状を破壊することで得られるものの大きさは実際に身を持って体験することで、より強く実感することができる。2011年の8名の降格において、実際に降格となった人物はこう言う。

「垣内社長から現場に戻るよう言われた時はショックでした。ですが、社長から決断に至るまので話を聞き、社長としての苦悩・葛藤に共感しました。社長は会社の、そして私の未来のことも考えてくれているのだということがわかったから、残ってがんばるという選択をしました。

現場に戻って得られたものはやはり大きいです。チームの重要性、そしてそのチームを育成するためのリーダーシップを学ぶことができました。
あのまま本部にいても学ぶことはできなかったことだと思います。社長の厳しい決断があったから、今も私はここでがんばれているのだと思います」

現場所属となった後、本部に戻ってきたメンバーもいる。垣内氏は、以前と比べて彼らからの前向きな意見や提案が増えたと話す。

「再び本部に戻ってきたメンバーが、現場に足を運ぶ回数が増えましたね。自分たちの役割は現場のメンバーがやりがいを持って働ける環境をつくることであり、そのためには現場を知ることが重要なんだということを理解したようです。『現場でこんな意見が出ているからこうしよう』といった提案も増えました。

また、店長たちとのコミュニケーションも積極的に取るようになったので、以前よりもチームとしてのまとまりが出てきていると思います」

ベラジオ、強さの秘密

2010年に代表取締役社長に就任した垣内氏。次の目標は、2020年までに新たな社長を育て、社長を交代することだという。そんな垣内氏が目指すのは、熱さと勢いがあり、家族のような愛のある会社である。

「家族のような愛というのは、時として厳しさもある愛のことです。誤解されがちですが、“温かい”と、“ぬるい”は違います。私が厳しいことを言うのも、そこに愛があるからです。ぬるい会社にだけはしたくはありません。これからも、破壊と創造を繰り返し、会社を強くしていきたいと思います」

時に厳しさも必要。言葉にすると簡単だが、実行するには大変なエネルギーが必要となる。その労力を惜しまず、現状に満足することなく変化し続けていることが、ベラジオの強さを生み出しているのではないだろうか。

関連記事