Profile
高原安未さん
株式会社マルハン ダイバーシティ推進課
大阪府出身。立命館大学卒業後、2008年に株式会社マルハン入社。
マルハンなんば本館での勤務を経て採用育成担当として本社配属に。現在はダイバーシティ推進プロジェクトのリーダーとして活躍。

まずは高原さんの入社のきっかけから教えてください。

就職活動を始めてすぐの頃、興味のあった広告業界を中心に企業研究をしていました。そんなときに、ナビサイトをみていたらマルハンの広告が目に留まって、かっこいいなと思ったんです。パチンコ企業だとは露知らず、会社説明会に参加することにしました。

会社説明会に参加してみたら、とても元気よく挨拶されて、明るい雰囲気の会社なんだなと感じました。また、パチンコの企業だったということにも驚きましたが、「業界を変える」というメッセージがとても印象に残りました。

私は子供の頃から何か人と違うことがしたい、何かを変えたいという想いがありました。
パチンコで遊んだことはなかったのですが、マルハンの人の雰囲気や、業界を変えるという想いに惹かれて入社を決めました。

マルハンに入社することについて、周りはどんな反応でしたか?

学校の友人には「なんでパチンコ?」ということをよく言われました。
でも、そう言われて不安になったり迷いが出たりというよりは、「そういうことを言っている人が入りたいと思っても入れないような業界にしてやる!」と逆に燃えました(笑)。

パチンコ業界では周囲に反対され内定を辞退する学生も多いです。高原さんは「逆に燃えた」とのことですが、なぜそのように考えることができたと思われますか?

私は小さい頃から誰か一人でも味方になってくれる人がいればそれでいいと考える方です。これは叔母の影響ですね。

私は小さい頃、叔母と過ごすことが多かったのですが、叔母はとても個性的で、言いたいことを言って好きなことをするので味方も多いけれど敵も多い人なんです。
そんな叔母に言われたのは「万人ウケなんて期待したらあかん、一人でも味方がいればいい」ということでした。
その言葉が今でもずっと心に残っています。

マルハン入社後はどのようなお仕事をされてきたのでしょうか?

入社後はマルハンなんば本館で3年程勤務していました。
入社2年目からリクルーターとして新卒採用に関わっていたのですが、入社3年目のときに採用育成担当をすることになり、本社に異動になりました。
その後採用育成担当となって3年ほど経った頃に、新規プロジェクトのメンバーに選ばれました。

ですが、採用育成の仕事を全て引き継ぎし、いよいよ新規プロジェクトに取り掛かろう!というところで突然プロジェクトの話がなくなってしまったんです。

社内失業に陥り(笑)、一瞬退職も考える程でしたが、やはりこの会社が好きでしたし、人材開発部で採用だけではなく教育や社内風土醸成の仕事も見てみないかと声をかけてくださったこともあり、もっと勉強して貢献できる人材になろうと思いました。。

現在は女性活躍推進プロジェクトのリーダーとして活躍されていますが、どのような経緯で担当されることとなったのでしょうか?

2014年11月に実施した女性役職者育成研修の事務局を担当することになったのがきっかけです。

企画を考える中で、研修では一時的にモチベーションを上げることはできても、なかなか持続させるのは難しいと感じ、何か継続的に取り組めるプロジェクトにしたいと考えました。

また、キャリア形成において、いい上司に出会えること、上司と良好な関係性を築くことが本当に大切だと思います。私自身、上司に恵まれてきたからこそ今の仕事ができていると感じています。
女性の中にもいろんなタイプの人がいて、控えめだけれど実はとても意欲が高い人もいます。意欲がある人誰もが、自分のやりたいことを提案でき、上司とガッツリ関わるチャンスを作りたいと考え女性活躍推進プロジェクトに繋がるメンバー参加型の研修を企画しました。

研修では、ダイバーシティについて当事者意識を持ってもらうこと、自らが提案し行動していくこと、ロールモデルとなる決意をしてもらうことを目的としました。

メンバーは女性役職者と、アンケートで上位職志望の意思表示をした一般職の女性社員を中心に指名制で選び、営業部毎に8チームに分けました。
各チームが女性役職者を育成や女性の定着採用を行うための施策を考え、営業部長に提案し、承認されたら施策を実施し、最後に成果報告会を開催するという1年間のプロジェクトでした。

女性活躍推進プロジェクトを始めた頃の社内の反応はいかがでしたか?

賛同してくださる方、応援してくださる方はいて「何か手伝えることがあったら言って」と声をかけてくれることもありました。ただ、やはりパチンコ業界はまだまだ男社会なので、最初は理解を得るのは難しかったです。何枚資料を作ったことか(笑)。

女性社員の中でも、役職者を目指している人、それ程でもない人など様々です。ですから意欲の高い人に仕事を集中させていきながら進めていきました。

編集部より

元気で明るい高原さん。お話ししているとパワーをもらえます^^
女性活躍推進のように、全社を巻き込む一大プロジェクトで成果を出すためには、やはり高原さんのように絶対に成功させるという強い意志と推進力が重要なのではと感じました。
次回は女性活躍推進のために実際に行われた施策や、報告会の様子についてです!お楽しみに!

メルマガ登録はこちら

パック・エックス通信は毎週水曜日更新です。
メルマガにて更新のお知らせを配信中です。
メルマガ登録を希望される方は下記フォームよりお申込みお願いいたします。

お名前●必須
企業名 ●必須
メールアドレス●必須


上記記入後、申込みボタンをクリックしてください。

information

新卒採用では売り手市場の高まりにより、採用難易度が年々上がっています。
そもそも母集団形成が難しい中、入社まで至った貴重な人材もこまめなフォローを行わなければ早期離職してしまうことも少なくありません。
そこでパック・エックスでは、「学生を集める」「早期離職を予防する」に注目し、弊社がこれまでパチンコ業界の新卒採用で培ったノウハウを活かした新サービスを開始することとなりました。

〇学生動員アップ企画
単独企業説明会への学生動員をサポートするサービスです。
〇新入社員なんでも相談室
早期離職を防ぐことを目的とした新入社員のメンタルケアサービスです。

詳しくはこちら
https://www.pac-ex.com/service/assistance/

関連記事