こんにちは、パック・エックス通信のはしもとです。
新卒採用を成功させるために大事なのは「採用準備」「採用後の教育」
後編では、採用準備の段階で最も大切と言っても過言ではない「求める人物像の言語化」についてお話しします!

■■■■■

【新卒採用 Vol.4】
新卒採用の成功のポイントは、ナビより採用準備 後編

事前準備において考えなければならないことのひとつに、「求める人物像の言語化」があります。
自社のビジョンを基準に考え、そのビジョンを実現していくためには、どのような人材が最適(必要)なのかを考えていくことが重要です。

 

● 自社と社員においての現状と将来を分析し、必要とされる人材を洗い出します。
● そして、その人材像と経営者の考え・想いをすり合わせ、自社の求める人物像として言語化します。

以下は、求める人物像を描き出すために考えるポイントです。

1.自社×現状

「顧客が自社を選んでくれる理由は何か」を考えます。
・3C分析:自社の提供しているサービスは何か?顧客は誰か?競合はどんな企業か?
・競争相手の企業と競合した場合、何で差別化を図るか?(何を強みとするのか?)

2.社員×現状

社員は、自社のどこに魅力や誇りを感じ、どこに不満を感じているのか、モチベーションはどこにあるのかを把握します。

・社員が働いていて良かったと思う瞬間は?(役職、部署、年齢、性別・・・)
・職場環境は?(平均年齢、新卒・中途の割合、休日取得、労働時間・・・)
・社員のプライベートは?(趣味、休日の過ごし方・・・)

★モチベーションの主な種類

※企業によって、A~Dの割合の違いに特徴が出てくる
A:仕事(顧客接点)そのものに対してモチベーションが高い
B:職場の雰囲気や人間関係(仲間・上司部下)に対してモチベーションが高い
C:組織の中での立場やポジション、昇進・昇格などの地位に対してモチベーションが高い
D:プライベートを大切にし、趣味や休日に対してモチベーションが高い

3.自社×将来

・現状の自社の分析結果に対して、今後3年後、5年後でどう変わろうとしているか?

4.社員×将来

・将来どんなことを目指している人材であってほしいか?

5.経営者の自社や社員への想い

・経営者の価値観から確認
・どんな会社にしていきたいのか?
・今最も力を入れている部門はどこか、今後はどうしたいのか?
・社員にどんなことを大切に働いてほしいと考えているか?

このような流れで「求める人物像」を言語化していきます。
求める人物像が変われば、採用方法も受け入れ体制や育成方法も当然、変わってきます。だからこそ新卒採用を行う目的は何か?そして、自社で採用したい人材とは、どんな人材なのか?を、事前準備の段階で再確認することがとても大切なのです。

そして、経営者は採用を担当者任せにせず、自分の想い・ビジョンを常に発信し、担当者や社員さんと考え方・価値観を共有していくことが重要となります。

―以上、「【新卒採用 Vol.4】新卒採用の成功のポイントは、ナビより採用準備」でした!

関連記事