先達に訊くとは…
パチンコ業界で約20年以上働いてきた「先達」にインタビューする新企画です。
パチンコ業界でも新卒採用が活発に行われるようになり、若手人材が多く入ってくるようになりました。そんな若手人材に向け、これまでのパチンコ業界の歴史を先達のリアルな体験談を交えながら語り継いでいきたいという想いを込めています。

profile
紅粉 拓也さん
澤田グループ 株式会社 ノースランド
第4エリア長 兼 のーすらんどほっと館 高岡店 店長
平成3年23歳の時、ノースランドに入社。平成8年に店長就任。以降20年以上にわたって現役店長として活躍。澤田グループ ㈱ノースランドの最年長店長でもある。

紅粉店長本日はどうぞよろしくお願いいたします。まずは入社のきっかけを教えてください。

高校卒業後は自衛隊に入隊し5年ほど勤務していました。その後、運送会社を経て、23才の時にアルバイトで入社しました。私自身パチンコで遊ぶのがとても好きだったので、趣味が仕事になったよくあるパターンだと思います(笑)。

入社した当時のパチンコ店はどのような雰囲気だったのでしょうか?

当時のパチンコ業界はまだ『サービス業』という感じではなかったので、今とは全く違います。スタッフはお客様へ「いらっしゃいませ」ではなく、開店時なら、「おはようございます」その後は、「どうも~」と言うくらいでした。
お客様も当時は荒っぽい人が多く朝の開店前やコーナー開店の時には、それはもう修羅場です(笑)。お客様も殺気立っており、それに対応するためにスタッフも真剣でした。

そんな雰囲気なので、スタッフはお客様と対等に対応できないとダメで、役職(主任・班長)やリーダーになれる条件のひとつは、『向こう気があるか!』とか、『元気があるか!』だったと思います。
当時、パンチパーマやリーゼンドなどのスタッフが多かったのもそういう理由でしょうね。強く見せないといけないというか、本当にそういう雰囲気だったのです。
そんな業界でしたが、お客様もスタッフも荒っぽいところはありながらも今より繋がりが濃く、良い思い出もたくさんあります。

今とは全然違うんですね。仕事が辛いと思うことはなかったですか?

仕事は大変なこともありましたが、それよりも面白かったです。上司であるA店長や主任に恵まれたことも大きかったと思います。今でも悩んだりした時には、「A店長ならどうするかな・・・」と考える程で、今でもこれからも尊敬している方です。

先にも言いましたが、当時のパチンコ業界に「サービス」という雰囲気はまだありませんでした。そんな時からA店長は、お客様に対して感謝の気持ちを大切にするようにとよく言って、言葉遣いや立ち居振る舞いといったビジネスマナーからお酒の飲み方など、社会人としての基礎を教えてくださいました。
また、仕事は任せると決めたら、かなり任せてくださいました。パチンコホールで若い人が働くのはあまり多くなかった時代だったので、期待もあったのかもしれません。その分、とにかくよく叱られました。言われたことを期限内にできていなかったらもう大変で、しょっちゅう叱られていました。今、自分が店長になって、任せることの大変さを知り、当時教えていただいたことを自分が部下に対して教えることも多く、本当に感謝しています。

以前にA店長と、当時のことを振り返って「お前には遠慮なく怒れた」と言われました。それを聞いてすごく嬉しかったですね。男としては誉れです。損得なしに人として付き合ってくれた方です。

紅粉店長が初めて店長になられたのはいつ頃ですか?

入社してから5年経った頃で、28才のときです。
私が初めて店長に就任したのは現在のハイパー豊田店で、しばらくして新店を任されました。その頃はベテランの店長が多かったので異例の抜擢でした。実は私が抜擢されたのは、A店長が近くにいてくれたからだと思います。私が店長になってからもよく「調子に乗るな!」「10年早い!」といったことを良く言われましたね。
店長になるとかなり決裁権があったので、どうしても天狗になりがちです。例えばメーカーさんが丁寧に挨拶してくれたりするのですが、それに対して「お前にじゃなくて、店に挨拶してくれていることを忘れるな!」と何回も言われました。
A店長は、仕事に対しては本当に厳しい方で、徹夜は当たり前で、A店長が「帰るぞ!」と言われない限り、「お先に失礼します」なんて台詞は絶対禁句であり、当時はどの店舗もそんな感じの上下関係だったと思います。自分の評価は自分がするものでは無い!周りがするものだ!「勘違いするな!」ともよく言われました。
でも本当に温い方で、私にたくさんの教えとチャンスをくださった大切な方です。今でも「いつかは、A店長の様な店長になりたい」と思っています。

▼当時の店舗と紅粉店長

-後編に続く