エントリーNo.3 ジャンボ30 防府店

岡山を中心に展開している三栄ジャンボグループ。約3年前に初の山口進出となったのが、このジャンボ30防府店です。

2008年4月オープンから1ヶ月。GWをさかいに稼動は落ち込み、何をやっても回復しない業績に、役職者をはじめスタッフみんなが自信を失いかけていた。

不安でみんなの顔から笑顔も消えてしまった。

それでも、「選ばばれてここにいる」という思いだけを支えに一生懸命頑張るスタッフを見て、店長はこう決心する。

「今来ていただいているお客様に、このお店を愛し、また明日も行こう、と思ってもらえる店作りをしたい。それを実現できるのはやっぱり、スタッフのみんな。
スタッフ一人ひとりが心の成長をし、お客様から愛される仲間作りをしよう。
そのためにまず私から変わろう。スタッフが楽しんで働ける環境作りをしよう。」

それから、スタッフが仕事って楽しい、と思える店、スタッフとお客様が一緒になって笑顔になれる場所、そんなお店作りを目指し、自分達が出来ることにはどんどん挑戦した。
地域特性を知るためにもパトロールや行事への参加。

お店ではご当地ラーメンフェアや、北海道物産展!

そして、1対1の接客を目的としたカニの販売など、お客様に楽しんで頂ける取り組みを積極的に取り入れた。

みんなでコツコツと努力を続け1年、2年が過ぎた頃、お客様にも笑顔が増え、こんなエピソードもうまれます。
常連のおばあちゃん・ウメちゃんの77回目の誕生日。
メッセージと花束、ケーキでスタッフ全員でお祝いすると、ウメちゃんは「ありがたや、冥土の土産ができた。」ととっても喜んでくれた・・・

ジャンボでは、仲間の夢を応援する風土を大切にしている。

3周年を迎えた日のことを、店長はこう振り返る。
「店長としての夢は、やっぱり朝から満台になる店をつくること。
先週迎えた3周年祭。お客様が集まるか不安でしたが、当日の朝は入場が途切れることなく満台になりました。
それはスタッフが一丸となって1カ月前から3周年の声掛けをしてくれて、私の夢を応援してくれた成果です!!」

↑【働く仲間は皆兄弟、お客様は仲の良い親友】 素敵な社訓です。

仲間のおかげで自分が変われた。この仲間と日本一の店を作る!と妹尾店長は決意を新たにした!

エントリーNo.4 JOY STAGEの記事は次回お届けします!

関連記事