近年、社会貢献活動に力を入れるパチンコホール企業が増えています。
地域の清掃、節電、エコキャップやプルタブ回収などのエコ活動が日常的に行われ、福祉施設の方を招いてのパチンコ大会といったイベントを開催するホールもあります。
社会貢献活動は、社会におけるパチンコの存在価値を高め、イメージアップにつながることから、今後さらに実施企業が増えていくことが予想されます。

今週は様々な活動の中から、お客様の来店動機にもなり、社会貢献活動にもつながるサービスとして注目されている「ワンコイン健診」をご紹介します。

ワンコイン健診

血液検査から、血糖値、コレステロール、中性脂肪などのチェックを行い、生活習慣病予防のアドバイスなどを行う。
採血を受診者自身が行うため、医療行為に当たらず、簡単な設備ですぐに導入が可能。
ショッピングセンターやパチンコホールなどでの実施が増えている。

ワンコイン健診を毎月実施しているというMGM八街店の酒井店長にお話をお聞きしました。

―いつから、どれくらいの頻度で実施していますか?

昨年の10月から毎月実施しています。

―実施するに至った経緯を教えてください。

お客様が喜ぶかつ、今までにないもの。と考えながら、HPを検索していました。その時に健康チェックをパチンコ店で実施する健診弱者を救う会(ケアプロ)という団体を見つけまして、問い合わせをさせて頂きました。

―実施し続けている理由を教えてください。

大きくは3つです。社会貢献、お客様の満足度アップによる既存顧客の囲い込み、健康意識が高い中高年の女性の新規顧客獲得です。

―お客様の反応はいかがですか?

好評です。リピーターの方も多く、MGM八街店で遊んで、検査をして、健康を改善するという面白いサイクルが生まれている気がします。次回の日程がいつなのか効いてくるお客様も毎回いらっしゃいますよ。

―健康診断目当てで来店するお客様はいらっしゃいますか?

この1年間、毎月実施しているのでMGM八街店では健康チェック目当ての方も多数いらっしゃいます。最初は「遊技しに来たついでに健康チェックをする」だったのですが、だんだん「健康チェックしに来るついでに遊ぶ。」というお客様も多くなって来ました。また、前回、検査をされた方がご家族や友人を連れてくる光景も多いです。自分の健康チェックの結果を親しい方と比べて楽しんでいる方もいらっしゃれば(笑)旦那様の健康を心配して、旦那様を引っ張ってくる奥様もいらっしゃいますよ。

後編ではケアプロ㈱のマネージャーでもあり一般社団法人健診弱者を救う会代表理事の志賀大さんにお話を伺いました。
看護師の資格を持つ志賀さんがなぜケアプロ㈱に入社したのか、そしてパチンコをしない志賀さんが「ワンコイン健診」でパチンコホールに行くようになり、感じたこととは?

―続きは後編で!

関連記事