パックエックス通信

株式会社中原商事、中原竜太専務 TOPから学ぶ後編

 

福島県を中心にビックつばめの屋号で12店舗を展開している株式会社中原商事の中原竜太専務取締役のインタビューです。後編では中原商事の採用活動や、今後の出店についてお聞きしました。

(前編はこちら 株式会社中原商事、中原竜太専務 TOPから学ぶ前編)

現在、新卒採用をはじめ、中途採用の受け入れにも力を入れていらっしゃいますが、御社が今求める人材はどのような人物ですか?

プラス思考で考え、行動できる人。そして学べる人ですね。物事に対して素直に学ぼうと思う気持ちのある人間、そういった方に来て頂きたいです。

行動力と向上心が大事だと。

現状がマックスだと思ってしまえば、それ以上の成長はありません。様々な経験をして、意見を交え、それを具現化していくことが大切です。そういう意味で、素直に学びながら共に成長できる人財を求めています。

今いる社員の方々もそのようなマインドの方々が多いですか?

そうですね。私はアイデアを思いついたら即行動するタイプなので、そのアクションに対してレスポンス良く行動してほしいという気持ちもあります。 「考え込むより、まず行動」が私の信条です。やはり行動してみて初めて人生って変わってくると思うんですよね。だから、全ては行動ありきだと思います。

中原専務自身は、どのような方法で学んだり、気付きを得ているのですか?

私は、とにかくたくさん人と会っています。 何かを成し遂げた人、成功している人など、「会いたい」と思った方には積極的に会うようにしています。その人のセンスを感じたいので、たくさんの人と会う時間を大切にしています。

受ける影響も大きいですか?

とても良い刺激になっています。人の感性や価値観を学ぶことはとても大切だと思っていて、刺激を受けることで、私自身も前向きになっていくんですよね。 知識はあくまで知識で、表現するための一つではありますが、それを鵜呑みにするだけでは学びにはならないと思います。

成功している人は、成功しているスタンスというか、センスというのを持っているので、そこをたくさん肌で感じて、学びたいなと思っています。なので、今はたくさんの人にお話を聞かせていただいています。

すごいと感じる人の共通点はありますか?

やはり元気やパワーがあるという点ですかね。壁にぶつかっても、試行錯誤して超えていく力のある人を、私は尊敬しています。私自身壁にぶつかると、どうしてもマイナスに考えてしまい、悩んだりしますが、そんな時に元気やパワーのある人とお会いすると、思考がプラスに変わっていきますね。

株式会社中原商事、中原竜太専務_3

中原竜太/株式会社中原商事 専務取締役。高校卒業後、コンピューターメーカー、コンサルタント会社を経て、1999年に中原商事に入社。入社後は副店長、店長と現場を経験し、その後本部長へ。今年2月に専務取締役へ就任。

その中で良いアイデアがひらめくことも?

ありますね。人間ひらめく時は、良い環境、良い心理状態のときだと思います。自分のメンタルを良い状況に持っていくことが、良いアイデアが生まれる一番の近道だと感じますね。

ビジョンにも繋がっていくことですが、やはり今後はM&Aも多くなっていくのですか?

そうですね、やはりそういった相談はいただきますし、良い土地は中々空いていないので、結果M&Aも出店していく上での選択肢の一つになるのかなと思います。

出店はあくまでも福島県中心となるのでしょうか?

今は福島県内でと考えています。まずは地盤を作って、内政をしっかり固めることが現時点での最優先と考えています。そこから情勢次第で他県に進出したいなとは思っていますね。

今後組織を拡大していく上での課題はどういったところでしょうか?

まず自分が個性的なタイプなので、そのせいか社員も中々個性的な人が多いです(笑)

その中で、いかに組織化していくかですね。今まで以上に、一人一人の才能を活かして人を育てられる、下に伝えていける環境を作りたいです。

そこは、新しい「企業理念」の浸透により、確実に課題解決につながると思っています。

まさに「理念」で人を育てる環境づくりですね。

このような時勢ということもあり、パチンコ以外の事業を考えている多角経営の会社が増えていますが、御社は何か考えている事業はありますか?

私自身、そんなに器用な人間じゃないので、今はパチンコ事業だけ一点集中で考えていきたいなと思っていますね。まずは足元を固めて、一つのことに全力で取り組もうと思っています。

最後に、中原商事で働く社員の人たちに思っていること、伝えたい事はありますか?

会社が存続しているのは、やはり社員一人一人が頑張ってくれているからですので、とても感謝しています。社員が頑張ってくれるから、私も頑張れるという想いを日々感じています。

中途入社をしてくれた方々にも非常に助けられています。経験豊富なので、気付かされることも多くて、良い刺激になっています。これからも、こんな個性あふれる仲間たちで、前向きに頑張っていきたいですね。

本日はありがとうございました。

-インタビューを終えて

今回のインタビューから中原専務のパチンコ業界に対する強い想いと覚悟を改めて感じることが出来ました。こういったTOPの強い想いが社員の方へしっかり伝わっているからこそ、会社に一体感が生まれるのかなと感じました。既存店も好況ですが、出店も積極的に行っていくということでしたので、中原商事様には今後ますます注目が集まると思います!(インタビュアー米谷

関連記事