今回は株式会社マルハン プロデュース

DREAM CHALLENGER CHAMPIONSHIP2012-世界を野望(ゆめ)で変えてやる-

の最終プレゼン大会に潜入して参りました!

この大会、どんな内容かというと・・・

学生を対象としたドリームコンテスト。

書類審査や面接審査を経て、最終プレゼンで優勝者が決定。優勝者には、野望(ゆめ)を叶えるための資金として100万円が進呈されるほか、専任のサポーターが野望(ゆめ)実現をバックアップするというもの。

【応募要項】

応募テーマ:「世の中を熱くするような、あなたの野望(ゆめ)を教えてくれ!」

応募資格:2012年3月卒業予定の四大生・短大生・大学院生。

応募受付期間:2010年10月1日~11月30日

※マイナビ・リクナビ等のサイト、合同企業説明会、会社説明会、Twitterを使い、約5週間で募集。

※株式会社マルハン担当者より

【今回の企画は単なるビジネスコンテストでもプレゼンコンテストでもありません。木に例えるならば、左記は枝や葉の部分です。当社の企画は、言わば根っこの部分を掘り下げ、そこから生まれる本気の想いが、どれほど人の心を動かすのか?そんなことに軸を置いた企画です。】↑

応募する学生は、マルハンへの入社希望者でないとだめなんですか?

とお聞きしたところ、そういう条件は全くなしで、上記の応募資格さえ満たしていれば誰でもチャレンジができるんだそうです。

今回が第1回目のこの大会。聞いているだけで、なんだかわくわくするような企画です。自分が学生だったら・・と思われた方もいらっしゃるのでは?

しかし、マルハンさんがどうしてこんな企画を・・・?そこで、仕掛人である

株式会社マルハン 人材開発部 採用育成担当チーフ 宇山さんにお伺いしました!

宇山チーフ:

TOPから学ぶ!!

私たちが携わる採用業務というのは結果としては「人を採用すること」ですが、それは同時に、マルハンの本来の価値(企業文化)を社会に発信することです。

しかし現状を見ると「マルハン=単なるパチンコ店」というイメージであり、自分たちの描く本来の姿が、十分に社会に認知されていないと強く感じていました。

会長が昔から語っていた言葉「夢・希望・ロマン」。
社長が常々熱く語る言葉「夢理論:夢を追いかけるという生き方の選択」。
夢や目的を持っているからこそ、目の前の仕事の大小に関わらず、人はそこに意味と価値と方向性を見出し、輝き続け、成長することができます。
チームマルハンの本来の姿もここにあると感じました。

しかし、ふと今の日本社会を見るとどうでしょうか?
例えば就職活動。
自らを深く掘り下げることもなく。未来を描くこともなく。ただ目先の内定のみがゴールかのような就職活動を続ける学生が多々存在しています。

このような状況で人が輝くのか?
このような状況で価値ある社会への貢献を生み出せるのであろうか?
そうであるならこのマルハンが、その事業活動を通じて、また、私達であれば、その採用活動、そしてこの【DREAM CHALLENGER CHAMPIONSHIP】を通じて「夢や目的を持って生きることの大切さ」を社会に発信したい。
そして、日本や世界に活力を与えるきっかけを生み出せる企業でありたいと考えました。

そして、その積み重ねが「マルハン=パチンコ店」ではなく、「マルハン=夢に情熱を燃やし続ける挑戦者」という社会からの認知の変革を巻き起こすと確信したんです。

熱い!どうですか、この熱い想い。

宇山さんがこの想いを韓社長にぶつけた結果、この大会が実現したんだそうです。そのことにもすごく驚きました!!

さて、最終決戦の場所は、銀座ホテルモントレー。

応募者総数956名の中から見事勝ち残った8名が、審査員(韓社長、韓副社長をはじめとした役員、幹部)の前で最終プレゼンを行います。その後、審査員投票で100万円を手にする1名が決定する、というわけです。

TOPから学ぶ!!

 

真剣な表情の8名。こちらにまで緊張が伝わります。
宇山チーフの挨拶、審査員紹介のあと、いよいよプレゼンがスタートです。

**************

Dream Challenger No.1

野嶋 翔平さん(早稲田大学)

野望(ゆめ)のタイトル【学漫プロジェクト~世界に求められる漫画クリエーターを輩出したい!~】

TOPから学ぶ!!

Dream Challenger No.2

石垣 晶子 さん(神戸大学)

野望(ゆめ)のタイトル【ユニバーサルデザインヘアサロン】

Dream Challenger No.3

藤沢 勇輔 さん(慶應義塾大学)

野望(ゆめ)のタイトル【つながりが世界を変える】

TOPから学ぶ!!

Dream Challenger No.4

川角 太一 さん(神戸芸術工科大学)

野望(ゆめ)のタイトル【私の死が世界を変える】

Dream Challenger No.5

垣内 俊哉 さん(立命館大学)

野望(ゆめ)のタイトル【バリアバリューの創造を目指して】

Dream Challenger No.6

貝瀬 光 さん(日本大学)

野望(ゆめ)のタイトル【世の中を元気にする!】

TOPから学ぶ!!

Dream Challenger No.7

王 一伊 さん(東京大学)

野望(ゆめ)のタイトル【中国人が日本人を好きになる、日本人が中国人を好きになる】

Dream Challenger No.8

山碕 俊太郎 さん(立命館大学)

野望(ゆめ)のタイトル【カンボジア人の手によるカンボジアの自立】

**************

前編ではここまで!全員が想いのしっかりとこもったプレゼンをやり遂げ、結果を待つのみです。
後編で、優勝者の発表、韓社長の言葉をお送りします。お楽しみに!!【後編へ】

関連記事