ecrysa

今週のパック・エックス通信は、株式会社E・クライスの竹内社長と青栁専務のお二人です。お二人とも、異業種出身。E・クライスに加わる前の1年間は他社のパチンコホールでアルバイトをして修行をしたそうです。
前編では、入社するまでの経緯を伺いました。

takeuchisyacho
竹内 秀樹 氏
株式会社E・クライス
代表取締役社長
大学院卒業後、大手電機メーカーに就職。その後飯島前会長のご令嬢とご結婚されたことがきっかけでE・クライスに入社し、現在は代表取締役社長。

aoyagisenmu
青栁 裕士 氏
株式会社E・クライス
専務取締役
大学卒業後、金融業界に就職。その後飯島前会長のご令嬢とご結婚され、E・クライスに入社し、現在は専務取締役。

-本日はよろしくお願いいたします。
まずはお二人の入社に至るまでの経緯を伺ってもよろしいでしょうか。

竹内社長:
大学、大学院では物理学を専攻していて、卒業後の2000年に電機メーカーにエンジニアとして就職しました。その後2003年に結婚したのですが、妻の父が今のE・クライスの創業者であり当時は社長だった会長でした。
会長から経営に誘われたのは、2006年頃のことでした。
その後1年間の修行期間を経て、2007年6月に私が専務、青柳が常務として入社しました。

青栁専務:
前職は金融系の企業で融資や営業を担当していました。私も会長から一緒に経営をしないかと誘われました。
私は前職で、経営者の方とかかわることも多かったので、様々なタイプの経営者をみてきました。会長はこれまでお会いした方々とはまったくタイプが違い、私の父とも違う方でした。一緒に仕事をすることで、教わることは多いだろうと思いました。
しかし、経営者の背負うものの大きさを考えると、不安は大きく、すぐには決断できませんでした。ですが、義兄と一緒にということになり、それなら助け合ってやっていけるだろうということで決断しました。
会長も二人であれば任せられると思ってくださったようです。

-修業期間はどのようなことをされていたのでしょうか。

竹内社長:
会長からの提案で、パチンコ店でアルバイトをしていました。
働く先も自分自身で探したのですが、当時30歳を過ぎており、パチンコ業界も未経験ということでなかなかアルバイト先が決まらなかったという思い出もあります(笑)。

青栁専務:
私も半年ずつ2社でアルバイトをしました。
ホール巡回も設備も初めての経験でしたが、現場はやはり大変です。一から学べた事は今にも生きています。教えて頂いた2社には感謝しております。

-御社に入社後はどんなお仕事をされていましたか。

竹内社長:
まずは会長(当時は社長)の側で、社長はどのような仕事をするのかを見て学ぶことから始まりました。
当時は店舗のリニューアルの話が進んでいたので、業者さんとの打ち合わせに出席するなどしていました。
そうやって関わっていく中で、自分がすべきことを見つけていきました。

青栁専務:
私も最初は会社で行われていることを覚えることから始めました。
同席した打ち合わせの内容をまとめて議事録を作成したり、見積りを比較してどちらが良いのか検討しやすくするための資料も作成しておりました。
アルバイトをしたとはいえ、現場経験は1年足らずだったので、現場に確認するなどしながら進めていました。

-竹内社長が社長になられたのはいつ頃のことなのでしょうか?

竹内社長:
2010年の1月に会長から話がありました。会長は私たちにもっと経験を積ませてからバトンタッチをしたいと考えていたようですが、体調を崩されたこともあり、予定よりも早く代替わりすることになりました。正式に社長に就任したのは、その年の7月のことでした。
それから3か月後の9月に会長が亡くなられたので、一緒に仕事ができたのは3年3か月でした。短い期間でしたが、とても濃密な時間でした。

青柳専務:
会長からは報告の仕方などの基本的なことから、経営者としての考え方など様々なことを教わりました。
報告の際に、回りくどい言い方になってしまうと、「言いたいことがわからない」と言われてその後のことは聞いてもらえないということもありました。
私たちのことを想ってくださるからこそ、厳しく教えてくださったのだと思います。

-後編につづく

 

メルマガ登録はこちら

パック・エックス通信は毎週水曜日更新です。
メルマガにて更新のお知らせを配信中です。
メルマガ登録を希望される方は下記フォームよりお申込みお願いいたします。

お名前●必須
企業名 ●必須
メールアドレス●必須


上記記入後、申込みボタンをクリックしてください。

関連記事