パックエックス通信

株式会社POWERS、横山裕展社長 TOPから学ぶ

横山裕展/WIN GROUP代表、株式会社POWERS 代表取締役社長。米国滞在時大学卒業後、陶芸作家活動を行いながら予備校の講師として勤務。その後パチンコホール企業に入社。2011年に株式会社POWERSに入社。入社から半年後に代表取締役に抜擢される。現在は東海地区にてパチンコホールを4店舗運営する。

今回のパック・エックス通信「TOPから学ぶ」は株式会社POWERSの横山社長です。2011年に同社に入社し、その半年後には代表取締役に就任した横山社長。パチンコホール企業に入社するきっかけや表取締役になった当時の周りの反応や、今後についてのお話し頂きました。

本日はよろしくお願いいたします。まずはご経歴からお伺いしてもよろしいでしょうか?

大学卒業後はパチンコホールでアルバイトしていて、それがこの業界との最初の接点です。陶芸作家活動の資金の為、並行して予備校の講師もしていました。それで人前で話すことが少し上達したように思います。予備校を退職後、半年ほど働いていない期間があったのですが、そろそろ働かないといけないと思い、インターネットで職を探し始めました。すぐに働けて給料もまあまあいいところ…と探していてたどり着いたのがパチンコでした。

学生の時にパチンコをするようになり、こんなにおもしろいものが世の中にあるんだなと思っていました。自分の好きなことを仕事にしたいという想いもありましたし、過去のアルバイト経験から、どんな仕事かが想像できたこともあって、自然な流れでパチンコホールで働くことになりました。

入社してみて、いかがでしたか?

地元の神戸にあるパチンコホールに就職したのですが、次第にこのままでいいのかと考えるようになりました。

仕事に対しての不満というよりも、地元での就職だったので、このまま同じ地域に留まっていたら成長できないのではないか、という不安です。全国いろいろな地域に店舗があって、転勤がある会社の方がいいのではないかと思うようになりました。そこで、全国に店舗展開をしている会社に転職することにしました。

転職した会社では希望していた通り、いろいろな地域で働かせてもらいました。最初は九州、次は四国、その後は愛知県、静岡県に配属とバタバタで大忙しでした。結局そこでは約5年間働きました。

その会社はどのような会社でしたか?

営業面・労務面どちらもしっかりした、よい会社でした。企業理念に会長の想いがあり、コンプライアンスを遵守した営業を行っていました。福利厚生も整っていて、従業員が働きやすい環境が整備されていたと思います。

新卒採用を行っていたので大卒の社員も多かったです。大卒だからといって必ずしも優秀というわけではありませんが、勉強の部分だけを考えると優秀であると思いました。

なぜその会社を退職されることになったのでしょうか?

いい会社ではあったのですが、私のスタイルには合わないと思うようになったからです。

その会社にずっといたとしても社長になれるわけでもないし、自分の夢も叶いそうにないと思いました。一度きりの人生だし、貧乏になってもいいからおもしろいことにチャレンジしたいと思ったのです。

スタイルに合わないと思うようになったきっかけは何かあるのでしょうか?

私がいつも店舗(現場)にいることが問題になったのです。きちんとしている会社だったので、就業ルールを守らないというのは、理由はどうであれ、やはり問題になるのですね。

私は、給料をもらっているのに目標を達成できない事や集客できない事は恥ずかしい、休んでいる暇があるなら仕事をしたいという考えでした。ですから、自分の意志で仕事がしたくて、休日でも出社していました。

部下にも目標を達成することへの責任感を持ってほしくて同じように話をしていました。休日出勤や残業を強制していたわけではないのですが、タイムカードを押して退勤した後に働いている部下がいるということがわかりました。私の指示ではないのですが、それが問題になってしまいました。

従業員に優しい会社ではあるのですが、仕事がしたいときに仕事ができないという環境は私には理解できませんし、性に合いませんでした。そういったことがきっかけになり、転職を考えるようになりました。

「今のままでは自分のやりたいことが実現できないのではないか」と考えていた頃に、知人の紹介で出会ったのが、今の会社でした。

現在の会社に入社された当初はどのようなお仕事をされていたのでしょうか?

入社後早速、愛知県の岡崎にある店舗に配属され、私が実質的な店舗責任者となりました。社内の制度がまだきちんと整理されていなかったので、どの役職はどういった仕事をするというのは明確にはなっていませんでした。店長を任せられる社員がいなかったという状況下、当時の社長が代理で店長になっていたようです。

入社から半年後に社長に就任されたそうですが、どのようなきっかけだったのでしょうか?

ある日突然、会長に呼び出されたのです。何かまずいことでもしたかなと思いながら本部に向かいました。まさか「社長にならないか」と言われるとは思いもしませんでした。当時、当社は民事再生法の適用を受けていました。経営状況は回復しつつありましたが、さらに発展していくためには、新たなリーダーが必要だと会長は考えたようです。

そこで、私に声がかかったんですね。

突然のお話だったので、少し考えましたが結局迷わず決断し、その場で返事をしました。断るということは会長に恥をかかせることになるので、退職しないといけないと思いましたし、社長を任せてもらえる程評価されているということですから、断る理由はありませんでした。

周りの反応はどうでしたか?

もちろん反発はありましたが、私はまったく気にしませんでした。それならあなたがなれば…という感じです。選ばれたいなら、自分で努力すればいいだけです。前社長もアルバイトとして入社し、社長になった人物でした。見込みさえあれば誰にでもある話だと思っています。

横山社長は、どんな人と一緒に働きたいと思われますか?

先頭に立ってバリバリ仕事をする人が欲しいですね。皆の見本になるような人物です。それから、仕事や時間の管理ができる人。そういう人はすぐに成長します。当社ではアルバイトでも仕事ができる人には役職をつけています。正社員になりたいという人は、仕事振りをみて社員登用しています。

採用に関しては、年齢に関係なく、やる気があってしっかりしていれば、採用しています。

社員教育についてはどのように考えていらっしゃいますか?

今は昔に比べて、基本的なことができていない人が多いように思います。そのため、基本的なことから教える必要がありますね。例えば休みにしても、従業員の権利なので、休めばいいとは思います。ですがその権利を行使したいのであれば、前提として、働いて目標を達成するという義務を果たすべきだと思うのです。休むな!と言うつもりは全くないですが、前提をきちんと行ってから休んでくださいということです。

最近は上辺だけで話す人も多いですね、腹を割って話す人は少ないです。理解したような反応をしますが、本当の意味を理解はしていないのではないか、と感じることもあります。基本的なことから、根気強く教えていかないといけないなと感じています。

会社として大事にしていることはありますか?

方針をはっきりさせることですね。たとえば店舗を増やすためにお金を使うとか、プロモーションに力を入れたいから芸能人を呼ぶとか、方針を明確にしてから実行することです。当社の場合は、最小限の資源で最大限の利益が出ることを方針にしています。

そのためにも、リスク管理もしっかり行っていかなければいけないと考えています。経営をしている以上、様々なリスクが伴います。リスクを予想して管理することは会社を守り、さらに発展させていくためには必ず必要です。

それから、ホスピタリティの部分は今後もっと力を入れてきたいと考えています。先日ぱちんこ情熱リーグの決勝大会を見に行ったのですが、参加しているどの店舗もとてもよかったです。従業員があれだけがんばっている姿を見ると、うちも見習わないといけないな、と思います。

やはり接客はお店によって一番差がでるところです。ぱちんこ情熱リーグは、従業員が接客への意識をさらに高めるきっかけになると思います。是非参加してみたいと思いました。

今後はどのような会社にしていきたいですか?

ドミナントで店舗展開を考えています。やはり「自宅から近い」や「活動経路の途中にある」、「名前(屋号)を知っている」といった理由で足を運んでくださるお客様は多いです。立地は重要ですね。

それからスロット専門店で日本一になること。それが達成したら今度は「パチンコがあるスロット専門店」をつくってみたいですね。そして、業界で特に東海地区では誰もが知っている会社に発展させていきたいです。

ありがとうございました!

関連記事