パックエックス通信

株式会社日進観光、宮本敏憲社長 TOPから学ぶ

宮本敏憲/株式会社日進観光 代表取締役社長。福岡大学在学中、21歳で父と共にパチンコ店「キング」を創業。創業から2年後に2号店である「ニューキング」をオープンし、現在は4店舗を経営。1994年2月に代表取締役に就任し、現在に至る。

今週のパック・エックス通信「TOPから学ぶ」は、株式会社日進観光の宮本敏憲社長です。21歳の時に、父であり創業者でもある宮本泳俊氏とパチンコ業界に参入し、現在は株式会社日進観光の代表取締役社長を務められています。ご両親からは長い間、「医者になれ」と言われ続けてきたとお話される宮本社長。パチンコ店を創業することになるまでのご経緯から経営が軌道に乗り始めたときまでや代表取締役社長としての想いなどについてお伺いしています。

本日はよろしくお願いします。宮本社長は21歳とお若くしてお父様とパチンコ店を創業されたということですが、もともとパチンコ業界にご興味があったのでしょうか。

実は、元々パチンコ業界に興味があったわけではありませんでした。親からは中学生くらいのころからずっと医者になれと言われていました。

ですが私としては、大学には行きたいけれど、医者になるのは気が進みませんでした。それでも医学部は受けたのですが、そんな気持ちで受けて合格できるほど簡単ではなく…。親からは『医者にならないのなら大学には行かずに働きなさい』とは言われたものの、なんとか説得し、福岡大学に通うことになりました。

では、なぜパチンコ業界に進まれようと思われたのですか。

父は中州でクラブを4~5店ほど経営していたことがあり、成功をおさめていました。クラブ経営を引退した後、父は昔からの知り合いである、機械台の代理店をされている方からの勧めで、パチンコ店を始めました。その時、父から誘われたことがきっかけで私もパチンコ店の創業に関わることになりました。

お父様はパチンコ店の経営の経験はあったのですか。

以前仙台の方で30台くらいのパチンコ店を経営したことがあったそうですが、随分昔のことだったので、このときが初めてと言ってもいいくらいでした。もちろん、私も大学生でしたので、商売の経験自体、ありません。

そこで、パチンコ店の営業ができる支配人を雇い、支配人が連れてきた主任と共に、昭和54年の4月に300台のお店をオープンしました。

ではほとんど0からのスタートだったのですね。創業当時はどのようなお仕事をされていたのですか。

役職としては専務でした。ですが、社長である父は当時すでに60歳になっていたため、「私は何十年も商売をやってきたからお前に任せる」と言って、私が全て任されることになりました。

とはいっても、私自身は商売の経験は一度もありません。営業面は基本的には支配人に任せ、私はホールでの業務と営業がしっかりとできるように、備品や景品などの発注管理や、金銭の管理等、様々な仕事をしていました。

父は最初の宣言通り、商売のことには一切口を出すことはありませんでした。ただ、環境整備に関してはとても気を配っていました。皆で気持ちを揃えてすることが大切だからと、自ら率先して清掃することも多かったです。

それはかなり大変だったのではと想像するのですが、営業の方は順調でいらっしゃいましたか。

1号店の周りは田んぼしかないようなところで、近隣に250台くらいのパチンコ店があったのですが、そこも稼働は2割程度。商圏としては決して良いとは言い難い場所だったので、オープン前はとても不安でした。

ですが、オープン当日は雨の日で、農家の方々が仕事が休みだからとたくさん来てくださいました。その後も常にお客様でいっぱいの日々が続き、稼働は順調でした。ところが、全台普通機だったため、一日の粗利は非常に厳しい状態でした。そのため経費や社員の給料を支払ってしまえば残りはほとんどなく、私はお給料を1円も貰えないという日々が2年程続きました。

店舗の2階に食堂があったのでご飯は食べさせてもらえましたが、洋服などは学生時代の延長で、親から少しお金を頂戴するしかないというような生活でしたね。

その時、お父様とはどのようなお話をされていたのですか。

父はパチンコ屋を創業したことは間違いだったかもしれないと言っていました。それまで30年近く商売をして貯めたお金を投資してパチンコ店を始めたものの、元すら取れない日々が続いていたので、時が来たら腹をくくるしかないという気持ちだったようです。

ただ、私には、「お前はまだ20代前半で若いのだからどこまで続けることができるかは分からないが、やれるだけやってみろ」と言われたことを覚えています。

そのような厳しい状態から経営が軌道に乗るようになったきっかけは何だったのでしょうか。

きっかけはセブン機の登場でした。隣の店舗のオーナーから、セブン機を導入したところ大変儲かるようになったという話を聞き、物は試しと父に相談をして自店でもセブン機を40台導入することにしました。

すると、セブン機を導入した途端に売り上げが何倍にもなり、それまで達成することが難しかった一日の粗利目標をいとも簡単に達成できるようになったんです。このことを機に、セブン機を増やそうということになり、1店舗目の隣に300台の店舗をオープンさせました。

当時宮本社長がどちらの店舗も見られていたのですか。

いえ、新しく支配人となった方と共に見ていました。ただ、途中から私と支配人との間で営業方針に違いが出てきてしまい、口論になることもありました。

そんなある日、支配人から、「自分は創業当初からある店舗を見るから、専務は新しくオープンした店舗を見てください。どちらが利益を出せるか勝負をしませんか。私が負けたらおとなしく退職をします」と提案されました。

当時の支配人とどちらが利益を出せるか勝負されたということでしたが、結果はどうだったのですか。

支配人が見ることになった店舗と比べて、私が見ることになった店舗の経営はぎりぎりの状態でした。それでもなんとかしなければと、毎日のように朝早くから深夜まで仕事をしていました。

それからしばらくして徐々に常連のお客様が増え始め、半年後には支配人が見ていた店舗よりも圧倒的に稼働が良くなりました。

支配人から、「専務、負けました」と言われ、彼は「約束通り辞めさせて頂きます」ということで退職し、それからは私が全て見るようになり、更に業績が伸びていきました。それからしばらくして、ある日突然、父親から命じられて代表取締役社長に就任をしました。

当時、それだけ業績が伸びていく中で、新規出店はお考えにはならなかったのですか。

新規出店することは可能でしたが、父が借金をすることが嫌いだったので、出店は1店舗のみでそれ以外は行いませんでした。また、当時私には子供は1人だけでしたので、家族を養っていくのに十分な収入であったことも理由になっていましたね。

その後、子供が4人生まれたこともあり、平成17年に新規出店を行いました。しかし、この新店舗が苦戦を強いられました。

新店舗での苦戦とはどのようなものだったのですか。

880台の店舗を新規出店したのですが、この店舗を建てるにあたって多額の投資をしました。ところが、平成17年5月にオープンしたものの、早々に大きくコケてしまい、6月末に経理の方からお金が足りないと言われたんです。

定期預金を崩してその場はなんとかおさまったのですが、それ以降も毎月、火だるまのように赤字が続いて行きました。</そうして1年も経たないうちにお店を売らなければならないくらい追い込まれていました。

再び訪れた経営危機をどのようにして乗り越えられたのですか。

その年の11月の半ば頃に営業部長や店長の役職者が同時に3名退職をするという出来事がありました。その出来事を機に主任だった2人を副店長に引き上げ、新たに店長を1名採用しました。すると翌月の12月から急に業績が上がり、計画以上の収益が得られるようになりました。

12月以降、業績は伸びる一方で、新店舗を売らなければならない状態から一転して、何とか生き延びることができるまでに一気に経営状況が回復をしました。

―経営危機を経験された宮本社長ですが、どのようなお気持ちでこれまでパチンコ業を営んで来られたのですか。

中学生の頃から親に医者になるよう言われ続けてきましたが、結果的に医学部には行かず、21歳のときにパチンコという商売を与えられました。創業から2年間の苦しい時代を乗り越えた時、自分にはこの道しかないと思い、これが自分に与えられた天命だと感じたんですね。

やるだけやったら、あとはもう天命を待つしかない。そういった気持でこれまでやってきています。今があるのは、結果的にここまで乗り越えてこられたというだけのことです。

6年前から新卒採用を行われているそうですが、なぜ新卒採用を始められたのですか。

30年前はどこもそうだったとは思いますが、弊社も創業当初は、社員がお客様の前で平然と煙草を吸っていたり、店内で社員とお客様が大ゲンカするなんてことが日常的に起こっていました。それゆえ、パチンコ業という商売はなかなか社会から認めて貰いにくかったと思います。

ですが、私はやはり働いている人たちが誇りを持って楽しく働けるような、社会にきちんと認められる会社にしたいと考えました。そのためには、新卒採用は必要だと思ったんです。それに、新卒者はまだどの企業のカラーにも染まっていませんから、弊社の想いを理解し、実現に向けて動いてくれるのではと考えました。

では今後はどのような会社にしていきたいと考えていらっしゃいますか。

チャンスのある会社にしたいと考えています。これまで、社員の定着率を上げようと、待遇面の見直しなどさまざまな取り組みを行ってきました。ですがなかなか難しいですよね。そんな中でも、20年以上ずっと共に働いてくれている社員が何名かいるんです。うちのような会社で20年以上も働いてくれているなんて大変有難いことです。

だからこそ、彼らにもっと早い段階でいろいろな仕事をするチャンスをあげればよかったと思う時もあります。

この業界は、経営管理は身内しか行わないというのが昔は当たり前でした。ですが、今の時代は身内だけでなく、多くの社員に活躍の場を与えていかなければいけないと思っています。ですから、株式会社日進観光に入社をしてよかったと思って貰えるようなチャンスがある環境を創造し続け、社員に夢を与えられるような会社にしていきたいと思います。

将来の展望についてお聞かせ下さい。

私は現在子供が7人いますが、孫の代まで続くような会社の基盤を築き上げていきたいと思います。

パチンコ業界がこれからも立派な産業として生き残っていけるよう、私自身もやれることをやり続けたいですし、子供たちにも頑張って欲しいですね。

ありがとうございました!

関連記事