パックエックス通信

株式会社正栄プロジェクト、美山正広社長 TOPから学ぶ

美山正広/株式会社正栄プロジェクト 代表取締役。85年SANKYO入社。メーカー勤務を経て、89年に父親の経営する正栄商事入社。92年に正栄プロジェクト設立。現在北海道と関東に31店舗を展開。時代が求めるニーズを敏感に感じ取り、先駆けて業界の常識を覆し続ける美山社長。それが「業界の異端児」と呼ばれる所以にもなっている。

本日の『TOPから学ぶ!』は、株式会社正栄プロジェクト(本社:北海道)美山社長にお話をお伺いしました。幼少の頃から積み重ねた業界への思い、敢えて成功体験を捨てることの大切さ、「業界の異端児」と呼ばれる所以(?!)を聞かせていただきました。

美山社長、本日はよろしくお願いします!この取材の前に、学生さん向けのトップセミナーにも参加させて頂きましたが、毎回社長自ら学生さんに話をされるんでしょうか?

学生さん向けのトップセミナーは、2月くらいから、就職活動が落ち着く7月くらいまで、月に1回か2回開催しています。新卒を採用する上での採用基準は、【人間力】。幅広い言葉ですが、ここに重点を置きたいんですよ。

当社では、企業理念「つたえたい想い」を最も重要視しています。当社の目的は利益ではなく、企業理念を追求すること、そして社会に必要とされ続ける会社であることです。そのためには利益は必要だし大切ですが、決して目的ではありません。企業理念の追求、そこに必要となるものは、間違いなく人間力です。

私は機会ある度に、企業理念が一番重要だということをずっと発信していますし、トップの口から、会社の経営方針やビジョン、またどんな人を求めているかということを直接聞くことで、会社選びが明確になると思っています。入ってしまってから、あれ?とギャップを感じることは、多かれ少なかれあると思いますが、それをできるだけなくしたいと思っています。だから、ある程度赤裸々に、本当にこういうこと思ってるんだ、って、失敗談も含めて包み隠さず話した方がいいんじゃないかと。

その上で、そういう考えじゃないんだよね、と当社を選択しないこともありだし、共感してくれたら選んでもらえればいい。私が話すことで、そこが明確になるんじゃないかと思っています。

幼少期の頃の体験談も含めて、かなり赤裸々に語っていらっしゃいましたね。

ええ、そうですね。私は小さい頃はパチンコが大嫌いでした。パチンコ屋の息子、ということで「あの子と遊んではだめ。」「もう二度とうちへ連れてこないで。」と友達の両親に言われ、友達が去っていきましたから。家業のこと、国籍のことも含めて、いつも蔑まされているという感覚でした。親にも、社会にも反発をして、17歳で家を飛び出しました。

だから私には学歴もありません。それがコンプレックスで、経営者になった時には、本を読み漁り、セミナーというセミナーには片っ端から参加しました。学歴を出来ない理由にしたくなかったんです。そんな体験談を通して、人は変われるし、成長できる。優秀な人だけが成功するわけじゃない。そういうことを伝えたいと思っています。

大嫌いなパチンコへ戻ってこられたのはどうしてでしょうか。

家を出た後、縁があってパチンコメーカーの営業、サービスをすることになりました。もう26年も前の話になりますがメーカーならパチンコ店とは違うし、いいかな、という思いでしたね。そこで店舗に訪問するうちに疑問を持つようになったんです。

遊技してくれるのはお客様なのに、なぜお客様をお客様と思っていないんだろう。お金を使ってくれているのに、どうしてお客様として扱わないのか。「ありがとうございました」どころか、「文句があるなら帰れ」なんてことを言っている。真逆じゃないのか?これが業界の常識、普通のことなのかな、と思いかけたこともありましたが、いや、絶対おかしいはずだ!って。

例えば、店長に新台の説明をきちんとお客さんにしましょうと言っても、「そんなことしなくていい。説明書貼っておけばいい。」と言われるんですよね。それでも食い下がって、社員が新台入替の時に、お客さまに説明したほうがいいですよ。と提案すると、「うちのぼんくら社員が説明できるわけない」と返ってくるわけです。部下を信じてないんですよね。

仕方がないので、私がお客様に一人ひとり説明したことも、何度もありました。当時は複雑な機械が多かったですから、説明して初めて、「ああ、そうなんだ!」ってやっと遊び方を分かってもらえたんですよね。つまり、分からないまま打っている人が沢山いたんです。そういうことを店はしないし、これでいいわけないよな。と思いながらも、ほとんどの店がそうなので、これでいいのかな。何が本当なんだろう、といつも迷っていました。

でも、やっぱり違うはずだ。この先、これで通用するわけない。これが許されるわけがない。そう思ったときに、家業のパチンコ店を変えなければ。自分にも変えられるのではないか、と実家に戻ることを決意しました。

実家へ戻ったのが平成元年。私がやろうとしていたサービスは当時の業界的には全く一般的でなかったですよ。お客様をお客様として扱うことが、異例だったんです。挨拶から始まる接客態度、店舗の清掃、そして少ないお客様から多くの利益を搾り取るのではなく、薄利で沢山のお客様に来てもらうという営業方針。もちろん反発だらけでした。社長である父とも対立してばかりでしたよ。すさまじかったですよ。考え方が父と逆ですから、非常に激しいぶつかりあいでした。

それでも、自分は変えるために戻ってきた。今のままじゃ、自分が戻ってきた意味がない。自分だったら変えることができるかもしれない。という思いで、何度も何度も挑戦し続けました。

異例だったサービスは、いまやほとんどのホールで当たり前になりましたね。

ええ、将来環境が変わったとき、こういう店は必ずお客様にそっぽを向かれる。そう思っていたら、本当にその通りになりました。ホール経営を始めてから22年間、こうなるんじゃないか、と思ったことは、ほとんどがその通りになりました。

それはなぜか。私は業界目線で見てないからです。予見力があるとか、特別な能力があるとか、そういうことではありません。

業界の中の目線ではなく、周り(社会)から客観的に見てどうか、ということを中心に意識しているだけなんです。でも、業界の人、全ての産業がそうかもしれませんが、自分の業界の目線しか持てていない人が多いですね。

例えば少し前に起こったトヨタのリコール問題もそうですよね。最終的に社長が出てきましたが、その前は、技術の責任者が出て、この車に欠陥はない、ということを一生懸命説明していました。でも社会はそんなこと望んでいなかったんです。望んでいたのは、そんな事実じゃなかった。やっぱり目線がずれているんですよね。

過去にあった食品偽装問題もそう。産地偽装、賞味期限偽装。おいしいんだから、多少は大丈夫だよ。という自社目線、業界目線でしかみていないんです。今、社会の目はそんなことを許しませんよね。そういう意味で、この業界もまだまだ業界目線が強いと思います。

パチンコをする1500万人、そこに携わるホール、メーカーなど関連企業だけの目線で、業界は発展するんでしょうか。パチンコをしない人を含む、1億人の目線で成り立っているのではないでしょうか。私は、実家の店に戻ったときに、既に社会目線を持っていました。それは、幼少期の痛い体験を通じてパチンコが大嫌いだったからこそ、ある意味、業界否定から入ったんですね。幼少期からパチンコに対する負のイメージがあってそういう目線を持っていたから、業界の常識に疑問を持てるのだと思います。

それ故に、業界の方から見ると非常識で、破天荒だと思われていると思いますよ。「業界の異端児」と言われていますから。それでも私は業界目線を抜け出して、社会目線を持つこと。ここに業界発展の道があると確信しています。

社員の方にも、脱業界目線を望まれていますか。

もちろんそうです。ただ、そういいながらも、難しい面は多いです。例えば店長は、これまでの経験が今の彼らを作っています。成功体験=彼らの常識がこの先のものさしになっていて、それをベースにものを考えます。

でも、環境は変化しています。追い風の時に成功したやり方を、逆風になってやっていても、うまくはいかないですよね。そんな時は、成功体験、つまり業界目線を一度捨てなくてはいけないんです。でも捨てろといってもなかなか捨てられるものではありません。なぜなら捨てたら何もなくなるからです。だから今までやったやり方を踏襲してしまう。

今日までの成功体験をもとにして、同じことを続けるのが一番楽ですが、それ以上の自分にはなれません。成長の可能性はその人の知らないところにあるんです。成長の余地とは、手の届かない真っ暗闇にしかありません。手を伸ばせば、何処に何がある、と分かっている人生。それは安心で楽ですが、そこに成長はない。

何があるか分からない、魔物がいるのか、道があるのかもわからない真っ暗闇のその先に飛び込んで初めて、1%以上の成長の可能性が生まれるんです。そこに飛び込まない限り、0なんです。

業界目線から抜け出すために、社員の皆さんにどんなことを推奨されていますか?

今、社会で起きていることは何か、ということを知って欲しいと思っています。この業界で生きていると、仕事の延長線上で興味があること・・メーカーの新台、競合店の客数、警察行政の顔色。その3つがほとんどなんですね。でもここに本当の答えはありません。

パチンコを全くしない人や社会は、何を不安に感じて、何に希望を持っているのか。何が消費を鈍らせているのか。不安だから?お金がないのか?そこに目を向けて欲しいですね。そういう目線を持つために、もちろん新聞を読むことは大切。そして人と出会い、話をすることですね。僕は立場上色んな人と出会えますが、社員の皆さんはそういった機会が少ないので、本を読むことを薦めています。

例えば、色んな人の人間学を記した月刊誌「致知」を配布しています。(http://www.chichi.co.jp/)多くの人の生き方、考え方を読んで知ることで、出会いの疑似体験ができますからね。それを通じて、多方面から物事を見る力をつけて欲しいと思っています。

あとは、自らが率先垂範をしていくしかないと思っていますよ。今までやってきたこと、成功体験を敢えて否定してみる。例えば1円パチンコを始めた時など、明らかに現状否定でした。当時はまだ一般的ではなく、業界内でもかなり冷ややかな目で見られましたし、うちの社員も私の気が狂ったと思ったんじゃないかな。

「何考えているの?売上どうするんだ?どうやって機械代回収するの?」でもこれって、自分達のこれまでのやり方が正しい、という発想ですよね。自分たちのやり方が正しいから、新しいことを否定する。ということは「これまで」に疑いを持たない。

私はここに疑いを持ちます。疑い、と言う言葉はあまりよくないから使いたくないけど、要するに建設的な現状否定です。創造的な破壊なんですよ。やっぱり人間だから、成功体験って握りますよね。でも握っているうちって新しいものが入ってこないんです。手のひらを開いて初めて入ってくる。そうすると逃げていくものもある。だからずっと握って、成功体験を捨てることができないんです。

でも先ほども言ったように、捨てることで可能性が開けてくる。一旦全てを捨てること。一旦自分が裸になること。これにはすさまじいリスクが伴いますが、ここにしか変えていく余地、成長の余地はありません。「捨てる決断」と「加える決断」があるとよく言いますが、加える決断は簡単です。過去、高度成長や好景気の時は、加える決断をすればどんどん会社ってよくなりました。

台数を増やす、店舗を増やす、需要があるから増える。どんどん成長しました。でも今は捨てる決断が必要なんです。いかに捨てられるか。自分を否定することだから、なかなか出来ませんが、捨てる決断によって、はじめて可能性が見えてきます。

だからこそ、私は自ら捨てることを選択します。「えっ?何考えてるの、大丈夫なの?」と思われますが、望んだ結果が出たときに初めて、「あれ、そうなるんだ。」と、彼らは捨てることの意味を知ります。そして、学び、自分も出来るようになる。

でも、これが出来るようになっても、また別の場面で同じようなことが求められると、なかなかできない。生き方を変える事は一朝一夕には、出来ませんから。だから、私は率先垂範をやり続けるしかないんですよ。トップは生き様を通じて、道を示さないといけないと思います。

店長に求めることを教えていただけますか?

トップセミナーでも話をしましたが、やはり大きくは、「人間力」ですね。数値管理能力だけが高くて、人間力が欠落していては、絶対に人はついてきません。バランスが大切だと思います。【右手に理念、左手にそろばん】という言葉を良く使いますが、言い換えると、【右手に人間力、左手に仕事力】ということです。

理念は先に立つものです。会社の目的は理念追求であって、利益ではありません。だから当社は右手に利益を持つことは絶対にしません。ただ、会社の状況によって、どちらかに振れることはあります。以前、2006年から2007年にかけて凄い勢いで店舗展開をし、組織を急拡大した際に、仕事力が追いつかなくなった時期がありました。

部下育成、指導力、など店長に必要な技術が相当弱くなっていましたが、人間力さえあればいい、ということに逃げこんでいたんですね。大切といいながら、それを隠れ蓑、言い訳にしていた。これはいけない、ということで技術力、仕事力のテコ入れをしました。要はバランスが大切なんです。常に人間力(理念)を右手に持ちながらも、振れ過ぎないようにバランスを取ること。そのバランスはやっぱり全体感としてしか見れないことなので、トップしか気づけないかもしれないですね。

先ほどから出てくる「人間力」。どうやったら磨くことができるのでしょうか?

これはね、数学的な答えがないんです。私も知りたいくらい。(笑)でもやっぱりね、色んな人を知ることなんだと思います。自分と考え方が違う人がこんなにいるということ。自分の考えの小ささ。自分では考え付かなかったような発想。

そうやって色んな人の考えを知ることは大切です。知らないから気づけないこと、知ったから発見できることが、沢山あるんですよね。

社員の皆さんにはどんな気持ちで働いてほしいですか?

やっぱり、仕事を通じて成長する、と言う実感を味わってほしいと思っています。私が思う、いい会社の定義は「成長を実感できる会社」です。

うちはまだまだなんですが、仕事を通じて、人間的成長を求めたいと思っています。人間って、仕事を通じて、常に試されていると思うんです。何のために仕事をするのか?例えば、生計をたてるため。これは決して間違っていません。だけど、せっかく働くんだから、自身の成長を実感して欲しい。

成長をしようと思うと、同じ業務でも違う角度から見るようになります。もっと成長したい、もっと自分を生かしていこう、というスイッチが入るような職場にしたいですね。

口ぐせ、大切にされている言葉を教えて頂けますか?

私の座右の銘なんですが、「人生全て自分が源」という言葉を大切にしています。自分の目の前に起こる現象は全部自分が作り出しているという意味です。人間はうまくいくと自分の手柄、失敗すると人のせいにしたがるじゃないですか。それだと、自分が正しい。という立場にしか立てないんですよね。なぜこうなったか、自分が正しいと思っているから原因を見ようとしないんです。だから気づけない、変われないんですね。うまくいったら周りのおかげ、失敗したら自分のせい。そう思ったときに、初めてなぜうまくいかなかったかが見えるんです。

この言葉を大切に思い始めたのは、過去の大きな失敗がきっかけでした。私が会社を経営するようになってから、4店舗目を出店したときのです。すすきので最大の大型店を作る、というビジョンを掲げての新規出店でしたが、業績は上がらず、オープンから僅か11ヶ月で閉店。自分自身の存在意義も分からなくなるほどの出来事でひどく痛んでいたので、失敗の原因を人のせいにしていました。自分だけが悪いんじゃない、と。

でもよく考えたら全部自分のせいなんですよね。いくら周囲の人や銀行から出店を勧められたにしろ、やると決めたのは自分ですから。あの失敗がなかったら、今は無かったでしょうね。必要必然で、起こるべくして起こった事だったと思います。あの出来事がなかったら、もっと大きなつまづきがあったかもしれません。

企業理念を作ったのもこの時です。自分が本当に大切なものはなにか。どうしたいのか。考え抜いた末に出来たのが、企業理念「つたえたい想い」でした。

美山社長の夢を教えてください。

この業界の産業認知です。日本の基幹産業として位置付けたいと思っています。例えば国が用意している、中小企業支援のための制度を我々の業種は使えない。これだけ雇用を守って、しっかり税金を支払っている業界なのに、企業を守るための国の制度を一切使えない。やっぱりどこかおかしいと思うんです。

この状況を変えるための、ひとつの目に見える形としては、株式公開です。証券取引所がパチンコホールに門戸を開き、日経新聞の上場銘柄の中にパチンコホールが並ばないといけない。

それが第一歩だと思うんです。株式公開は私の悲願です。パチンコ店の子供が親の仕事を誇れるような、そして一緒に働く人たちが自分の仕事を胸を張って誇れるような、そんな業界にしたいですね。

業界認知のためには、業界全体が一つになる必要があると思いますが、同業の企業様に向けてのメッセージをお願いします。

「業界目線」を見直しましょう。社会から見られたときに私達は、社会の中の一つの産業として、一員として、乖離してはいないでしょうか。

2008年のリーマンショックに端を発した世界不況。金融機関は総崩れ。一気に消費は冷え込み、世の中の流れは生活防衛型ライフスタイルに切り替わり、コスト削減という言葉が飛び交いました。

その時に私達の業界がやったこと。それは、MAX機の投入です。何とか切り詰めよう、という時代の流れの中で、ホールではたくさんお金がないと遊べない、という状況を生み出しました。社会の流れと、真逆のことをしたのです。では当社はMAX機を導入しなかったか?いえ、導入しました。そうしないと勝ち残れなかったからです。ものすごい疑問の中で導入をしました。

その後、多くのホールはこのMAX機の比率をどんどんあげました。「スロット4号機の代替機が出た。これで取り返せる。」と。その結果、エンドユーザーは高客単価、高ギャンブル型に疲弊し、遊べなくなり、4円パチンコ市場は縮小の一途を辿っています。

これが今の現状です。これは社会目線から見てどうか?やっぱり異常ですよね。これが強烈な業界目線で我々がやってきたことです。これを見直したほうがいいんじゃないか?そんな時期にきていると思います。

ありがとうございます。最後に読者メッセージをお願いいたします。

特に店舗責任者の皆さんへのメッセージになりますが、店長というポジションの重要性を今一度再認識されるといいんじゃないかな、と思います。店長という職業は、企業によって役割が違うと思いますが、とてつもない責任そして、その反面にやりがいのある仕事です。それを生かすも殺すも自分次第なんです。

店長の一挙手一投足は、部下も見ているし、お客様も見ています。それだけ注目されているんです。注目されているという意識が無いまま、ただ毎日繰り返すだけではもったいないと思います。仕事を業界目線だけじゃなく社会目線を持って見始めると、改善できることが沢山見えて、今の仕事をより質の高い、価値の高いものに出来るはずです。

その可能性を皆さんは持っている。そのことは忘れないで下さい。皆さんさえ、そういう意識を持てば、いくらでも発展するはずなのですが、成功体験の延長線として、自分の手が届く範疇で仕事をしてしまう人が多いんだと思います。

逆に、範囲外の事をやって失敗したら、会社に迷惑をかける、とか、新しいチャレンジをして失敗したら、粗利をとれなかったら、・・・というものすごい制約の中で仕事をしていらっしゃると思います。可能性はあるのに、失敗しないため、しくじらないための仕事をしてしまって、それが結果ルーチンになってしまっているのではないでしょうか。

でも、そのしくじらないための仕事のその外側に大きく伸びる余地があります。その余地を使うとなると、やっぱり怖いと思うんです。だから会社が後押ししてあげなければいけない。私がよそ様の店長に、やってみろよ!って言っても、その会社の社長が許さん、っていったらそれまでですからね。

でも、それだけ成長の余地がある。その余地がある、ということを知って欲しい。私は、店長に直談判されたら、基本的にはやらせますよ。「失敗したらどうするんだ?」と言いますけど、やらせます。でも言ってくる人は少ないですね。

逆に私が提案することの方が多くて。いつも大胆な案なので、みんな引いてますよ。(笑)それを言い返してくれたら面白いな、と思いますね。私が引くぐらい、言ってきて欲しいですね。自分達の考え方、ものの見方、明快な目標、強い意思次第で、仕事はいくらでも伸ばせる。その気持ちを行動に表してみることは、勇気がいることだけど、やってみる価値はあるんじゃないかな。もちろん、よくもないけど、悪くもない。現状を守っていればいい、というのも一つの仕事のやり方ですよね。

でも、3ヶ月後には、稼動を100発でも、200発でもあげたい。お客様を一人でも、二人でも増やしたい!と思ったら、仕事のやり方が変わりますよね。後者の方が絶対成長できるはずです。みんな後者になれる可能性はある。でもやっていない人は沢山いるんじゃないかな。それは出来ない環境なのかもしれない、でも、環境を出来ない言い訳にしているのかもしれない。こうしたい、ということを明確に目的にするんだったら、方法論は数限りなくあります。ただ、行動してないだけなんです。

【1年後、あなたはどうなりたい?この店はどうなってる?あなたの部下はどんな顔して働いてる?】これを明確に描いて過ごすのと、とりあえず目先の仕事をこなしながら場当り的に過ごすのとでは、時間が経てば経つほど、差が開くと思います。明確な目的を描いて、そこに辿り着くため、真っ暗闇に手を伸ばしてください。

暗闇に手を伸ばす勇気をいただけるようなお話でした。美山社長、本当にありがとうございました!

関連記事