パックエックス通信

株式会社ゆたか、濱田豊和社長 TOPから学ぶ

濱田豊和/株式会社ゆたか 代表取締役。東京都遊技場組合連合会 青年部会長も務める。法政大学卒業。1号店のオープンから63年。老舗パチンコ店の3代目社長として、地域社会に根付いた経営を行っている。また、東京都遊技場組合連合会の青年部において部会長を務め、業界の向上のために幅広い活動を展開し活躍をしている。

今週は株式会社ゆたか代表取締役の濱田豊和さんのトップインタビューです。1号店のオープンから63年。老舗パチンコ店の3代目社長として、地域社会に根付いた経営を行っている濱田さん。他業種での経験や定期的なドラッカーの勉強会での学びをどう自社の経営に生かしているのか。たっぷりお話を伺ってきました。

本日はよろしくお願いいたします。ではまず、社長になられた経緯から教えていただけますか?

もともと家業を継ぐ気はなく、大学卒業後は洋服屋に就職をしました。スーツが嫌いなので私服で働けるところが良かったんです(笑)。そこでショップ店員として勤務した後、バイヤーとしてアメリカに転勤し買い付けを担当していました。
現在は入社して14年目。社長に就任して4年目です。

そのようなお仕事から、家業を継ごうと思ったきっかけは何だったのですか?

創業者である祖父が亡くなって、父から日本に戻って来いと言われたんです。当初は、アメリカで永住権をとってカウボーイになりたかったので断りました。でもそんな時に、日本であまり古着が売れなくなっていて、会社としてはアメリカで倉庫を抱えてまでやる必要がなくなった。そこで、会社から帰ってこいという話が出たんです。日本に戻ってまたお店に出ても、アメリカに滞在していた時の知識や経験が活かされるのか、という葛藤がありました。さらに労働ビザがちょうど切れる時期で、アメリカに滞在することさえ出来ない。これは、もう日本に帰ってこいという、祖父からの天の声なんだと思って、やるしかないと腹を括って帰ってきました。

もしかしたら、家とお店が離れていて、父がどんな場所でどんな仕事をしていたか分からなかったら、家業を継いでいなかったかも知れません。家の下に店があったことで、商売を目の前で見ていたダイナミック感が大きな影響を与え、後々きっかけとなったのだと思います。

その後、すぐに入社したんですか?

パチンコのことを何も知らなかったので、修行のために他社で1年間アルバイトをしました。店長と教育担当者の2名だけは事情を知っていましたが、その他の方には言わずに、いちアルバイトとして働いていましたね。それが26~27歳の頃です。一応私も社会人として働いていたプライドはあったので、自分より年下のアルバイトに叱られた時は相当ストレスが溜まりました(笑)

前職とのギャップはありましたか?

前職の時も店舗で接客の経験がありましたので、サービス業という意味ではあまりギャップを感じてはいませんでしたね。子供の頃から実家の仕事を見ていたおかげで、お客様と接する事に慣れ親しんでいたので、そういう意味では実家が商売をやっていたという事が私にとっては良かったと感じています。

ご実家に戻られて、最初はどのようなお仕事をなさっていたのですか?

3店舗あったので、最初のうちは1週間ずつ店舗をまわって顔見せのようなことをしながら、イベント内容の考案などをしていました。その当時は、まだうちの店舗では本格的なイベントなどをやっていなかったのですが、それ以外にも旧態依然を感じる部分があったので、若い人間をピックアップして、改革に乗り出していましたね。やはり基本的にはオペレーションとマネージメントは別物だと考えています。とは言え、現場での1年間はとても貴重な経験となりましたよ。

お若いうちに経営陣として入った事で、古株の社員の方と軋轢などがあったのではないですか?

やはりありました。基本的な考えが全く違いますし、特に変化に対する考え方は、まったく合わない社員が多かったです。経営陣に若くてイケイケな人間が入ってきたと言うことで、受け止め方も様々だったと思います。子供の頃から知っている社員にも立場上厳しく言わなくてはいけないのは辛かったですね。でもお店を良くしていかなくてはなりませんから。

社長になられる前から改革は徐々に進めていたのですか?

そうですね。社長になるまでの役職はステップアップ式でしたが、実務的な事は当初からやっていました。父は2代目ですが婿養子なので、初代には色々と言われたと思います。そのせいか私には特に細かい事は何も言いませんでした。好きなようにやらせてもらえたと思います。特に父とは軋轢は無かったですね。

社長になられてからのターニングポイントはありますか?

社長になってからはまだ4年目ですし、社長になる前の段階から積み上げてきていたので、大きな転機はなかったと思います。

あるとすれば、最近になって部長という役職が出来たことですね。それまでは私が自分で全てやってきたのですが、ようやく右腕となる存在が現れたことは、ひとつのターニングポイントと言えるかも知れません。現場のことを任せられる人物が出来たことで、会社が安定してきたかなとは思います。

何かきっかけはあったのですか?

任せないと人は育たないというのはあります。やはり、責任を持つ事で成長してくれますので。本や人のアドバイスを聞いて私もそういう考えになり、徐々に任せるようになりました。

その決断をするのに葛藤はありましたか?

ありませんでした。むしろスッキリとした気分になりましたね。徐々に仕事を任せていく内に、社員達が生き生きとしていることが感じられたんです。それを見ていて、ある時ふと「任せちゃえば良いんだ」っていう思いになりました。それからというもの、ドンドン任せちゃっていますけどね(笑)

部長はもう、うちで働き始めて10年目ですかね。元々はアルバイトです。地元の人間ですし、その分事情もよく分かっているので心強いですよ。そして部下に対しての面倒見が良いです。ただ優しいだけではなく、的確に指示も出せますし、私に対しても良い事悪い事含め、全て正確に報告してくれます。人それぞれ判断材料は違うと思いますが、悪い事もきちんと報告してくれるのは、私にとっては信頼をおける理由になります。今後はやはり第2・第3の部長となる立場の人間が育って欲しいですね。ある程度人数を抱えていられれば、良い物件が見つかった時にすぐに動けますし、逆にギリギリの人数で動いていると、そういう時に既存の店舗が手薄になってしまいますから。時間はかかるかも知れませんが、期待をしています。

社長業のやりがいを教えてください。

例えば部長から、アルバイトの中で社員にしたい人間がいるとか、班長を主任に昇格させたいと言う話を聞くと、この仕事をやっていて良かったなと感じます。部下が頑張っている証拠ですからね。後は、部下達から誕生日のお祝いをしてもらった時に感動して泣いちゃいましたね。一応サプライズなんですが、薄々感づいてはいましたけど(笑)でも、こういう時に本当に今の仕事をやっていて良かったなと思いました。まぁ、それ以来サプライズはないですけどね(笑)

座右の銘や、心がけていることはどんなことですか?

「色即是空、空即是色」です。世の中の万物がこの8文字に集約されていると思います。この考え方が頭にあれば、人を妬む事も争う事を考えることもない。平常心で自己をぶらすことなくいられると思います。

その言葉に出会ったのはいつ頃なんですか?

これがアメリカにいる時なんですよ。アメリカで仏教を布教している日本人の方がいて、その人の話を聞いて感銘を受けたんです。アメリカでも結構日本の本が売っているので、仏教の本を買って読んだのですが、1回じゃ理解出来ないので、何回も繰り返し読んだり、他の文献を読みながら、またその人の話を聞くうちに理解ができ、そこからガラッと変わった部分があります。

実は日本酒と出会ったのもアメリカだったんですよ。先程の話に戻りますが、もしかしたら自分にとっての転機は、その時だったかもしれません。富士山を登っている時は気づかないですが、遠くから眺めるとその綺麗さに気づくじゃないですか。それと同じようなもので、アメリカに行ったからこそ、日本文化の素晴らしさに気づくことが出来たのでしょうね。

ありがとうございます。では最後にパチンコ店で働く読者の皆様へメッセージをお願いします。

会社の規模はそれぞれ違うでしょうが、会社の看板を背負って仕事をしない方が良いと思います。自分自身をセールスポイントにすることが大事です。私も常々部下に、会社のために仕事をするなと言っています。なぜかと言うと、例えば新入社員に、今この瞬間から何か会社に貢献出来ることはあるかと訊ねるとしますよね?入ったばかりなので当然出来ることは少ないし、本人もそう答えるでしょう。でも1つだけあるんです。それは給料を貰わないこと。一生懸命働いてくれて給料払わなくて良いなら、会社にとってそんなありがたい社員はいません。でも、そんなことは現実的にありえません。だから会社のために働くのは無理なんです。

ですので、自分の夢や目標を持って働いてほしいと思います。特にパチンコ店は、独立するのが難しい業種。だからこそ、自分自身で目標を持って働くことが重要だと考えています。目標があるから頑張れるし、それが仕事に反映されて会社が良くなっていく。それが正しい順序だと思います。だから、会社のためではなく、自分のために一生懸命働くように部下には伝えています。

ありがとうございました!

関連記事