パックエックス通信

株式会社九州エース電研 山田久雄社長 TOPから学ぶ

山田久雄/株式会社九州エース電研 代表取締役社長 兼 社団法人日本遊技関連事業協会 副会長を務める。設備機器の販売や工事を請け負う会社として創業し、現在はパチンコ店も4店舗経営されており、パチンコ業界の不正撲滅を目指し、日遊協のセキュリティー対策委員長として積極的に活動されています。

こんにちは、PX通信編集部のとみおかです!今週はTOPから学ぶはパチンコ業界の不正を撲滅させる為に日遊協で率先してセキュリティ対策委員を努められている株式会社九州エース電研の山田社長にお話いただきました。

山田社長、本日はよろしくお願いします。まずは創業時のお話を聞かせていただけますか。

父が上野でパチンコ店の内装を専門でやっていたんですが、それが昭和42年に倒産したんです。会社が倒産した当時は辛いこともありましたが、その時の経験は今となっては良い経験になっていますね。エース電研は昭和40年に設立されたのですが、その際父もかかわりを持っていたことから昭和45年に九州でエース電研の代理店をしないかと誘われ㈱九州エース電研を立ち上げました。

山田社長はいつ頃、九州に行かれたのですか。

昭和56年、26歳の時ですね。私が大学を卒業する直前の昭和53年にインベーダーゲームが流行ったんです。お客さんをみんなインベーダーに取られて、父の会社も倒産をするんじゃないかというくらい落ち込んだ時期でした。

だから就職は自分で探して、まったく違う会社にしようと思い、御茶ノ水にあるスポーツ用品店に就職しました。そこで約2年間働いた後、九州に行きました。

九州に行くきっかけはなんだったのでしょうか。

父から手伝ってほしいと言われたんですが、まだ会社が厳しい状態だったので最初は断りました。今やっている仕事の方が楽しいとも思っていたので。でも母が『一度やってみてダメだったらまた戻ってくればいい』と言ってくれたので決心しました。

私が九州に行った56年といえば九州でフィーバーブームが起こった頃だったので、とにかく忙しくて寝る時間もないくらいでした。2年間は現場ばかりでしたが、月に200時間くらい残業したこともありました。九州中をとびまわりましたね。

200時間ですか?当時は仕事を楽しんでいるという気持ちはあったんですか?

最初はなかったですね。補給装置って汚れるんですよ。地下に潜るか、天井裏か。作業時間もほとんど閉店後ですし。改装工事っていってもほとんど毎日徹夜でやるので本当に体がもたないなと思いました。

話は変わりますがパチンコ店を経営されるきっかけを教えていただけますか。

昭和57年に父の意向で始めました。補給装置って浮き沈みが激しいでしょ。支払いも手形が多くて資金繰りも大変ですし。父はいつもパチンコ店さんに物を納める仕事をしていたので、自分で現金商売をやりたいと思っていたんじゃないですかね。

なるほど。社長になられた経緯を教えていただけますか。

20年前、37歳の時に社長に就任しました。父親が70近くになり高齢になったのでというのが一番の理由ですかね。九州のオーナーさんは早めに代替わりしている方が多かったので、その影響もあります。

父は『社員の元気が会社の元気』とよく言っていましたね。ちょうどその頃はバブルが崩壊し始めた頃で、我々の業界にあまり人が来なかったんです。『福利厚生を手厚くしないと若い人たちは入ってこない』というようなことをよく言っていました。

最近でこそCSだESだと力を入れてはいますが、20年前はまだこのへんに注力している企業は少なかったですよね。でもうちみたいに補給業界にいたら父みたいな考えになるんじゃないかな。結構な汚れ仕事でしたからね。いくらお金をもらってもやりたくないっていう人もたくさんいて1~2年で辞める人もたくさんいました。

山田社長が一番求めている人材はどういったタイプの方でしょうか?

失敗してもいいから、新しいことをチャレンジしてくれる人ですかね。

今現在、店舗の運営には山田社長も自ら関わっていらっしゃるのですか。

実際の営業は店長や責任者がいますけれど、基本的な方針は私が出します。店舗に関わった時からお店をこうしたいという願望はありました。昔は労働環境がめちゃくちゃだったので、早く整えていかないとな、と思っていました。

現在もホール経営と玉の補給どちらもされていますが、どちらかに絞ろうという考えはなかったのでしょうか。

絞ろうという気持ちはあったのですが、社員もいますし簡単にはいかないですよね。ただうちの場合は全部エース電研の台の販売、補給装置の販売、それと遊技場、すべて同じ業界じゃないですか。

基本的には業界内のことなので、業務をひとつに絞らなかったのかもしれません。

パチンコ店を始めるにあたって、取引のあるお客様とライバル関係になるとのお考えはございましたか。

その点に関しては難しかったですね。最初の頃は『人に商品を売っておいて、お客様を取るようなことをするんならもう付き合わない』と言われたこともありました。

今はもう言われなくなりましたけど当時は大変でしたね。

今後はパチンコ店を増やしていく計画などあるのでしょうか。

今は特にないですね。周りはお客様ばかりですしあまりに遠方や地方だとまた別の問題も起きる可能性がありますからね。

それでは、今後どのようなことに力を入れられるのでしょうか。

ダーウィンという人材育成システムと、ジャスティスという電子目安箱の販売に力を入れていく予定です。

電子目安箱とは、ケータイかPCで第三者に通報するシステムです。通報内容を第三者が聞いて、経営者と相談して対処するというものです。導入している企業は多いのですが、パチンコ業界にはまだあまり浸透していないんですよ。

弊社でも使用していたんですが、いろんな事例が出てきました。色んな事例が出てきたので、このシステムがなかったら表沙汰にならなかった事もありました。コンプライアンスが一番しっかりしている社員を責任者にして、顧問弁護士と連携しながら通報があったパワハラなどの対処をしていました。

今はダーウィンを作った社労士の先生のところに情報が集まるようになっています。

セキュリティ対策委員会でも不正防止対策を行っているんですが、こういった会議に出ることによって、ホールがやる不正もありますがこれは大分減ってきたんですね。ただ、ゴトなどの外部の不正はなかなか無くならないんですよ。

時間はかかると思いますが業界全体で取り組んで減らしていかないといけないですよね。このことに関してはライバル店など関係なく共通の敵ですから、地域全体で取り組まないとダメですよ。我々の業界で一番大きな課題だと思っています。

もし不正がなくなれば不正を防ぐために行なっているコストもなくなるし、その分社員に渡る賃金も高くなるし、店長やスタッフの気苦労もなくなります。ゴトでの直接の被害、ゴト対策に使用する機器等の費用、機械メーカーがゴト対策用に機械に取り付けている振動センサーや磁石センサー等、本当に莫大な費用がかかっています。

セキュリティ対策委員会も上記のようなお考えから開催されているのでしょうか。

10年程前に私が日遊協の支部長になったときにセキュリティ委員会へのお誘いを受けたんです。ちょうどその頃基盤やロムのすり替えが各地に出始めて、スロットの不正改造も出てきた時期で恐ろしいなと感じていました。

九遊連のゴトの掲示板というのがあって九州全体のゴト情報がわかるようになっているのですが、これを立ち上げたのは福岡県青年部会です。九遊連青年部の会長の時に、福岡県内でゴト情報があったらすぐに投稿しましょうと呼びかけて、九州全体に広めたんです。ここを見ていれば、だいたいの情報は得られると思いますよ。でもお店自体も意識を高めないといけないですが、セキュリティ対策委員会なんて必要のない時代が来るといいですね。

社長の夢や目標などを教えてくださいますか。

この業界から不正が払拭されることが夢ですね。ここが完全にクリーンになった時に、ひとつ上のステップにいけるんだろうなと思います。私が会社経営に関してもっとも心がけていることは「公明正大」です。特にこの業界に関しては絶対だと思います。

そうするために何ができるか。人の心を変えることができればいいんだろうけど、変えるのが難しいのならば変えるシステムを作っていけばいい。公明正大でなければ会社を経営できない状態を作っていけばいいんです。

そのシステムをいかに作っていくかというのが、経営者の責任だと思います。

そのような考えをもたれたきっかけというのは何かあったのでしょうか。

私の業種も関係していると思います。補給装置(コンピュータ)や台間玉貸機はお店の売り上げを管理する部分と深く関係しているのです。

基本的には貸玉+出玉=景品玉+入玉なのです。ところが僕がこの業界に入ったばかりの頃にホールさんに呼ばれて玉の数が合わないと言われたんです。それで調べてみたら、店内で不正が行われていたんです。

その頃脱税ワースト1というのが10年間続いた時期で、経営者が脱税してれば、店員もやっているんだろうなと思いました(笑)。このような現状を見ていて、公明正大にせないかんと常々感じていたので、自分の店では不正が起こらないようなシステムをきちんと構築してこうと思っていました。

店長さんにも同じような意識を持って欲しいです。自社の店長らには「おごるな」と言っています。自分自身に向けての言葉でもありますけどね。パチンコ店には様々な営業の方々が売り込みにこられます。

年間何億円も機械を買いますし、店長に対して基本褒め言葉しか言わないですよね。でも遊技されているお客様たちは店長に直接何か言うことなんてほとんどありません。

人間って褒めてもらうばかりの居心地の良い環境にいると、おごってしまうんだろうなという気がします。常に自分を戒めるということもそうですし、同じ業界の人たちばかりと付き合うのではなく、異業種の方ともお付き合いしていかないと自分が今どんな状況にいるかわからなくなってしまうと思います。

最後に読者の皆さんにメッセージをお願いします。

もう一度お客様の立場にたって、パチンコ店とはなんなのかと考えてもらいたいですね。というのも、九州でも1ぱちが増えています。

1ぱちの占有率が増えていますし、稼働率が4ぱちをはるかに上回っているんです。理由はいろいろあると思いますが、もう一度お客様目線で遊んでみて、考えてもらいたいです。そこから見えてくるものって必ずあると思うんです。

もう少し手軽な金額でも遊べるように、それでもお店の経営が成り立つように、店長も経営者と一緒になって店の財務内容から変えていってほしいです。じゃないと、この業界は萎んでゆくばかりです。

近い将来、業界から不正という言葉が無くなっている事を心から願いたいですね。本日はありがとうございました。

関連記事