プロフィール 栢森 秀行さん
ダイコク電機株式会社
代表取締役副社長
京都大学大学院を休学し、ダイコク電機株式会社に入社。その後卒業。
代表取締役副社長として経営にあたる。グループ会社(DAXEL株式会社、元気株式会社)の代表取締役を兼任。

パック・エックス通信

―栢森副社長、本日はよろしくお願いします!栢森福社長が入社された当時のお話を聞かせていただけますか?

大学院の修士論文だけを残して入社しましたが、仕事をしながら論文も仕上げて卒業しました。

一度しかない人生ですから、自分で何かやろうか、とか考えた時期もありましたけど、この会社に入って頑張って、色んな事業をやってみることが一番のチャレンジなんじゃないかなと思って、入社を決めました。

初めは当然ですが権限も無く、色んなことを勉強しながら、という感じでした。家庭用ゲームソフトを作らせてもらったり、色々やりましたよ。

現在は基本的に、ダイコク電機のオーナー的な立場で、経営を見ています。

―御社はファン向けのサービスもすごく充実させていらっしゃいますよね?

そうですね。ファン向けの部分はロボカードの時代からやっているんですが、実際カード配ってどうなるかというと、ホール様にとっては顧客のリスト作りにしかならず、弊社にとってはカードを配ったからといって、お客様と直接何かやり取りができるわけではないんですよね。

じゃあどうやってファンにリーチしていくか、となったときにやはり携帯のサイトであるとか、今でこそスカパーの番組などもやっていますが、映像事業であったりとかですね。

ファンと直接のやりとりが出来る接点を広げていこうということで、ファン向けサービスに取り組んでいます。 

―そういった取り組みはやはり、近年のファン数、投資金額の減少など、そういったところを見据えての取り組みでしょうか?

そこまで大それたことではないんですがね。

それにパチンコ業界全体の話で言えば、ファンの数が何分の一になったとか、ものすごく減少しているかのように言われることが多くありますが、実際のファンの数はそこまで減っていないんですよね。

産業規模を考えると、4号機から5号機の時だとか、近年の不景気の中で減ってきているのは事実ですが、ファンが極端に減っているという実態は、どう冷静にデータ見ても、やっぱり出てこないですよね。

あくまでアンケート上で、年に一回パチンコをしましたか、というアンケートに答えた人数だけをカウントして、ファンの数が何分の一になりました、というのはあまりにも実態から離れていて、実際に週に一回以上、遊技をしているファンがどれだけ減ったのか、というと、そこまで減ってはいないんです。

それに伴って、業界のイメージも、公表されているファンの人数が何分の一になってるから、じゃあ一人のお客さんから何倍もとっているんだろうとか、ね。それにプラスして、今は、初当たりが遠い機械が多いから、一人のお客さんから一日に何万円も巻き上げて、それでパチンコ店が成り立っているんだ、という風なイメージを持つ人、誤解している人が多いと思うんですよ。

それは、業界外の人もそうですが、業界で働く人たちの中にも多いと思います。自分たちの商売は、そんな風にして成り立っているんだっていう誤解。

実態として考えれば、パチンコはこの10年くらいずっと、大体1時間当たり7~800円ぐらしか利益を得ていない。勝った負けたを全部ならせば、ですね。もちろん1パチが出る前の話ですよ。

4号機がちょっと射幸性が高くて問題だ、といわれた時代でも実はそれぐらいしかとってないんです。

映画やボーリング、カラオケだとか、他の業界と比べても、決してそんなに時間当たり単価が高いわけじゃないんですよ。

最近始まった1円パチンコだと、その半分くらいですから、1時間当たり3~400円ぐらいしかとってないところが多いですから、漫画喫茶で漫画を読むより実は安いんですよね。

ではなぜ、ここまでイメージが悪いのかというと、初当たりまでの投資金額がすごくかかるという点。この部分が誤解を生んでるいるし、これからパチンコを始めようかという人にとって、敷居を高くしている点でもあると思います。

だから、機械作りもね規制等色々と厳しい面もありますけど、お客様が気軽に長い時間楽しめるような機械作りをしていかないと、と思いますね。

―そういう想いを実現していきたいなという事で、スロット開発にも着手されるようになったんですか?

もちろん、それ実現していきたいとういうのもありますし、会社経営のリスクコントロールという面でも、スロットの開発を進めています。

一般的に、「リスクを考える」ということは、普通はいかにリスクを減らすかということばかりに目が向けられますが、リスクコントロールというのは、リスクを減らすことではなく、企業の規模として適切なリスクをとり続ける、ということなんです。そういう意味でのリスクコントロールは、常に念頭において経営にあたっています。

リスクを抑えすぎると成長がなくなってしまうし、リスクを取りすぎるとちょっとした波で転覆してつぶれてしまう。

だから、会社として常に、規模に合った何かしらのリスクをとってチャレンジし続けなければいけないと思っています。うちにとってのそれが、スロット開発事業なんです。

まあ、開発ばかりに投資がかかって、実際には台が売れていませんので、今が一番しんどいとこなんですけどね(苦笑) けれど、夢を描けば、年間数十億くらいの利益が出る可能性は十分にありますからね。

―適切なリスクを取り続ける、ということが組織の成長につながる。つまり、リスク=チャレンジ=成長、ということなんですね。

リスクゼロで成長する仕事なんてないですからね。

リスクゼロで儲かりますってなんて話がたまにありますけど、そんな話を他がほっとくわけがありません。

むしろ失敗する可能性が50%あります、という方が、他社に先駆けられる事が出来るかもしれないでしょう?

―続きは後編で!

関連記事