本日の『TOPから学ぶ!』は、森腰産業有限会社(本社:宮崎)の森腰専務(前編)にお話を伺いました!
森腰専務がお店作りをする上で大切にしていることは他店との『差異性』。
他とは違う。
ここにしかない。
そういう差異性を積み重ねることで、お客様に選ばれるお店、何度も足を運びたくなるお店を目指しているのだと語ってくださいました。
現状は、満足のいく状態ではなく、ボトムアップの組織作りやひとり一人の成長=人間力の向上にじっくり取り組まれているそうです。

色々やっても中途半端になるからと、年始にひとつだけ掲げるスローガン。
今年は「目配り、気配り、心配り」だそうです。
それがお店の差異性につながり、そこに無くては困る存在になれるはず。
過去のスローガンもたどりながら、教えていただきました。

続きをどうぞ!

 

プロフィール 森腰 英信さん

森腰産業有限会社

専務

宮崎県遊技業協同組合 副理事長、青年部会長を務める。

業界活動、社会活動に積極的に参加。自らが代表を務めるパチンコパチスロ廃棄台解体業を主とした企業㈱WIN TO WIN を設立し、障害者雇用促進にも取り組む。

趣味は読書、麻雀。

TOPから学ぶ!!

 

 

―森腰専務、本日はよろしくお願いします!専務が業界に入られたのはいつでしたか?

大学を卒業して23歳で入社しました。

私、結構賢かったので(笑)東京の大学を出て、そのまま東京で就職するつもりだったんですよ。

それが、ちょうど卒業の頃に姉が結婚して家を出たり、父が肋骨を骨折したり(庭の木の剪定をしていて落ちたそうです)、とにかく実家の方で色んなことが重なって、帰ってきて欲しい、と連絡があったんですよ。

いずれは戻ろうと思っていましたけど、こんなに早くにとは思っていなくて、何だかだまされたというか、はめられたというか・・複雑でしたね(苦笑)

入社してからはまず現場でみっちり働きました。東京から田舎に帰ってきたものだから、なんだか生意気そうに見えたんでしょうね。結構お客様に絡まれたり、けんかしたり・・・血気盛んでした(笑)

大学生の頃はパチンコが大好きでいつもやっていました。

今はあまりやらないかな、時間的な問題もありますがやはり昔と比べてお金がかかる遊びになってしまった、と感じています。4円パチンコだと特に。1円パチンコなどの低玉貸営業によって、お客様がまたホールに足を運んでくださるようになったという現状がありますが、本来あるべき姿に戻っているのかな、と感じます。

―お店では50銭パチンコをされているそうですね。

私が一番大切にしていることは、他社との「差異性」です。

うちのお店が、低貸に関して出遅れてしまったんですよね。近隣で1円パチンコを等価で始めたところがあって、これは後追いをしてもだめだな、と。何か差異性を見出さなければ、お客様に選んで頂けないと考えました。

当初は、50銭パチンコなんて利益にならないだろう、と初めから考えてもいませんでしたが、色々とデータを見てみると、意外と利益を生み出すことができるということが分かり、4円と併設して50銭パチンコをやっています。

お客様の層はやはり4円とは全然違いますよね。時間のある方が1日中ゆっくりと、お金をかけずに遊べるのが50銭パチンコ。景品も増えましたから、そこでも他店との差異を出すチャンスがありますね。

ただ最近では低玉貸でも、周りの状況を見ると完全にパワーゲームになっているように感じます。新台入れ替えを頻繁に行ったり、交換率にしても。

単純に考えて、1円貸しだと四分の一の売り上げしかないのに、機械代は変わらないわけですから、新台入れ替えをするということは、結局お客様に負担をかけることになりますよね。この高コスト体制をどうにかしなければいけない、という思いはずっと持っています。

4円パチンコにしても、とにかくお金がかかりすぎているから、射幸性をもっと低く、客単価を抑えたほうがいいと言い続け、店舗でも色々とトライしたんですよ。これならあまりお金を使わなくても遊べるんじゃないか、という機械を導入したり。

でも、当時はお客様に受け入れられなかったですね。お客様も含めて、射幸性を求めていたのかもしれません。機械メーカーも、そういった仕様の機種を本腰入れて作ってなかったんでしょうね。あまり面白いと感じる台が少なかったように思います。 

―差異性を大切にされている、というお話でしたが、具体的にどのようなことを実践されていますか?

うちは常連のお客様が非常に多い店舗です。「○○さんがいるから、私はこのお店に負けても来てるんだよ。」といかに沢山のお客様に言って頂くかが、非常に大切です。

例えばお客様が吸っているタバコの銘柄を覚えておいて、呼ばれたらすぐにそれを持っていってあげるとか。そういったことの積み重ねが、差異性になり、この店ならではの良さ、お客様が選んでくださる理由になっていくのだと思います。お客様の情報を覚えようと、スタッフがメモを片手にホールに出ている姿を見ると嬉しいですね。

それから、初めてこられるお客様に、「この店いい店だな」と思って頂くことってすっごく難しいと思いますが、スタッフにはそこを頑張りなさい、と言っています。

第一印象は大切だとよく言いますが、次もまた来て下さるかどうかは、初来店時の印象にかかっていますよね。

特に、負けたお客様は、ほとんどスタッフと接することなく帰られますから、そこで何か残そうと思うとすごく難しい。

常連さんとは会話をして欲しいですね。そこに憩いを求めて来てくれている方も沢山いますから。ただ、話し込んでしまうと、一見のお客様には居心地の悪い空間になってしまう。要はバランスですよね。

親密さ、平等性、バランスよくやることが一番難しいのかもしれませんね。

色んなことを一度にやろうとしてもなかなかうまくいきませんから、今年はこれだけやろう、と年間スローガンを私が決めて発信してるんですよ。

今年は、「目配り、気配り、心配り」。

とにかく、いかに他店との差異性を出すか。そのために、今お客様が何を欲しているのかという部分に目配り、気配りしよう。また、ゴトに関してもしっかりと目配りをして、防止しよう。

そして、心配りに関しては、社員間のコミュニケーションがあってのチームワーク。ベクトルを一つに向けて、力を合わせなければお客様には伝わらないということ。

「目配り、気配り、心配り」をすることによって、すべて差異性につながっていくと思っています。

スローガンは毎年変えるんですが、面白いですよ、過去を辿ってみると。全部覚えてはいませんけどね。

一番最初は、差異性にもつながるけど、「非存在のデメリット」という言葉を掲げました。

講演で聞いた言葉なのですが、

存在することによって、人がメリットを感じる企業は沢山ある。

しかし、これから生き残ることができる企業というのは、この企業、この店がなくなったことによって、デメリットを感じる人がものすごく沢山いる。そんな企業が生き残る。

それを「非存在のデメリット」という言葉を使って説明されていました。すごく共感しましたね。

要は、無くなったときにお客様が困るような店舗でありたい、ということ。そういう店にしましょう、と今でも言い続けています。

―あると嬉しい。それ以上に、ないと困る。そんなお店を目指し、お客様が欲していることに対して「目配り、気配り、心配り」を実践する。素晴らしいスローガンですよね。お店の雰囲気が伝わってきました。(後編へ)

関連記事