本日の『TOPから学ぶ!』は、有限会社須磨エンタープライズ(本社:熊本)の瀬野代表取締役(前編)にお話を伺いました!
熊本県遊協と、九遊連の青年部会長を務める瀬野社長。
毎日忙しく飛び回る中でも、出来るだけ朝礼・終礼に参加し、社員の皆さんの顔を見るようにしているそう。
皆さんに求めることは、自分で決断をして欲しい、ということ。
自らも昨年の11月に代表取締役に就任されて以来、
それまで以上に決断する、というプレッシャーを感じ、身が引き締まる。とおっしゃっていました。

そんな瀬野社長にとって、仕事や趣味は、すべて自分を高めるための道具。
常にその道具を使いこなせているのか、修繕や交換の必要はないか、
確かめながら自己成長を楽しんでいるそうです。

一風変わった仕事論、すごく興味深くお聞きしました。

プロフィール 瀬野 裕一さん

有限会社須磨エンタープライズ

代表取締役

熊本県遊技業協同組合青年部会 部会長を務める。

また、2010年より九州地区遊技業組合連合会の青年部会長も兼任。

TOPから学ぶ!!


 

―瀬野社長、本日は何卒よろしくお願い申し上げます!瀬野社長は、熊本県の青年部会長と、九遊連の青年部会長を兼任されているとか。お忙しいですね。

光栄なことです。青年部の仕事で色んなところに行く機会が増えましたよ。

最近では、兵庫の権部会長の呼びかけで、全国の青年部との交流会も盛んに行うようになりました。

その場では、色んなことをディスカッションしていますが、この業界は、許可営業、風営法下の商売。ご存知の通り、風営法というのは法令の条文及び運用解釈に幅があります。他県の話を聞くと、やはり営業の仕方、それに対する取り締まりの事例に差がありますので、それを踏まえて自分達はどうしたらいいか、と考えることが出来ますね。非常に勉強になります。

大きなテーマでいうと、今後どういう方向性でこの業界を進めていけばいいのかということを話し合うことが多いです。

景気が良かった頃は、ただの親睦会でも良かったのでしょうが、今や青年部は、業界の状況を何とか改善していこうと、諸問題を考える場所になりつつあると思います。業界の未来を背負っているという自覚を持って務めさせて頂いています。

もちろんそれ以外にも、例えば大阪の皆さんは、大都市圏で非常に厳しい競争をしつつも、皆さんが本当に元気。大変だと言っているだけではしょうがない、やっぱり商売は元気を出さないと!とパワーをもらえますね。

同業者がつながりをもって、ともに業界を盛り上げていく、という意識が強くなっていることは、とてもいいことだと感じています。

―ありがとうございます!では、瀬野社長が業界に入られたきっかけを教えていただけますか?

両親がパチンコ店を営んでいたことから、大学を出て自然に入社しました。1986年の話です。

昭和39年、僕が2歳の時に設立した会社ですので、玉の音が子守唄、という環境で育ったせいか、特に家業を継ぐということに対して、反発はありませんでしたね。

学生の時にアルバイトでみっちりホールスタッフとして働いて、入社してからは営業部長として仕事にあたりました。

仕事を始めた頃に一番大変だったのは、機械トラブルと、お客様とのトラブルですね~。まあ、苦労話は色々ありますけど、今となっては全て笑い話ですよ。

当時は、ひ弱な人間でしたから、業界向いてないな・・としょっちゅう思ってました(笑)

―そうなんですか!それでもやってこれたのは、何がモチベーションとなっていたんでしょう?

私は少し変わっているかもしれませんが、自分の人間的な成長を面白がるところがあってね。

仕事を通じて、自分の変化の度合い、成長度合い、何のために生きているのか、ということを確かめながら、踏まえながら生きてきました。

自分が今、前に進んでるな、とか、停滞しているな、とか、そういうところを面白がって生きてきたんですよ。

だから、自分にとっては自己を高める、自己を成長させる、そういった活動をする手段が、パチンコの仕事だった、というわけです。

だから、比較的冷静に、パチンコという仕事自体が面白くて仕方がない!とか、つらくて仕方がない、とか思わずに、自分を成長させるための手段・道具として有効である、という視点で捉えてきました。だから、続けていられるんだと思います。

冷静に、とは言ってももちろん、目の前にある物事に対して、驚いたり、嬉しいとか悲しいとか感じてきましたが、好きだ、嫌いだ、というよりは、道具として使えるか、使えないかと思っていましたね。

仕事を始めてから1年後に、空手をはじめたのですが、それも同じく、道具。道具だから、使うものですよね。使えなくなったら交換したり、修理したりしなければいけない。

パチンコの仕事は25年、空手は24年。自分を高める道具としては十分使いこなしていると思います。

少し自分でも考え方が変わっているのかな・・という気がしていますが(苦笑)

決して誤解してほしくないのは、「道具」だからと言って気楽にポンポンと変えるのではなくて、自分を高めるものとして使えているかどうか、という視点で見なければいけないということです。

―とても興味深いお考えです。社員の皆さんにも同じように仕事を捉えて欲しいと?

価値観を押し付けることはしませんが、私の姿勢そのものを見てもらっているかな、という気はします。

共感してくれたのであれば、同じように捉えてほしいですね。

社員の皆さんには、自分で努力して、人の意見をしっかり聞いて、勉強して、そして、最終的には、自分で決めなさい。自分で考え、納得した結論に従って動いてほしい。と話しをしています。

その結果、失敗・成功とありますが、それに対してとやかくは言いません。

人から言われたことだけをやればいいか、という人には、決して向上はありませんからね。

店舗が比較的小さいので、社員の皆さんとは常に接触するようにしてます。朝礼、終礼。仕事で外すとき以外は必ず出るようにしています。

数字は当然大切ですが、社員の顔を見て、今日も元気そうだとか、何かあったのかな、とか自分の目で確かめるようにしています。売上や、利益だけでは会社は成り立ちませんからね。

―まさに、企業は人なり、ですね。自ら朝礼、終礼に積極的に参加されているのはさすがです。後編では、トップとしての心構えからお聞きします。(後編へ)

関連記事