こんにちはPX通信編集部のとみおかです。

今週は人事トップインタビュー第2弾!
株式会社プローバの松崎部長に登場いただきました!

それではどうぞ~

■■■■■

人事TOPから学ぶvol.2
株式会社プローバ 松崎史成 総務部長 前編

***

プロフィール
松崎 史成さん
株式会社プローバ
総務部 部長
国立広島大学法学部卒業後、1996年新卒4期生として㈱プローバに入社。

株式会社プローバ
パチンコ店をはじめ、ゲームセンター、ボウリング場、飲食、など、日常の「楽しい!」のために多彩なアミューズメント空間を展開しています。

***

-松崎部長よろしくお願いします。まず始めに経歴をお聞かせください。

新卒4期生として入社し、今年で16年目になります。
入社後はホールを3年弱、財務2年半、それからはずっと営業第一部(パチンコ部門)です。2年程前から営業第一部で部長をさせていただき、昨年9月からは総務の部長として業務に携わっています。

-今1~3期生はどのくらい残ってますか?

20~25人くらいですかね。
私の同期は48人に入ったんですが、今残っているのは10人くらいです。

-松崎部長が御社に入社された動機はなんだったんですか?

パチンコはしていましたが、最初からパチンコ業界に入ろうという考えはありませんでした。
広島大学の法学部だったので、親からは公務員や銀行といった堅いところに就職してほしいと言われましたが、面白くないかなと思っていました (笑)。

当時はWindowsが世の中に出だした頃でした。
世間では「ITが進化するにつれ、家にいながらいろいろな事ができるから、ゆくゆくは在宅勤務になっていく」と言われていました。ですのでそっちの方向で何か一旗挙げてやろうかとも考えたりもしていました。

ただ、学生時代にいろいろなアルバイトを経験して、自分は人と関わる仕事の方が面白いなと思っていたんですよ。
IT化が進むと人と人との繋がり希薄になっていくように思いましたが、人は一人では生きていけないじゃないですか。
そう考えると逆に人と関わるビジネスに今後はもっと価値が出るんじゃないかと思い、そういう何かに賭けてみようと思ったんです。

そんなときに「日本人は余暇の意識が低く、遊び下手」という話を聞き、余暇産業が面白いんじゃないかと思いました。
いろいろ調べていくうち、自分もたまに行くパチンコにも目を向けたんです。

ですが、私はパチンコだけがやりたいわけではなかったので、パチンコ以外の事業にもチャレンジしていきたいという考えを持っていたプローバに入社をしました。

-当時はパチンコ店が他の事業を行うのは珍しかったんですか?

そうですね。パチンコは右肩上がりの時代だったので、新卒採用をしている企業でパチンコの他に事業をやっているところはあまりなかったですね。
弊社は当時から、ゲームセンターやレンタルビデオ店、カナダで寿司屋などを経営していましたし、オール会員制の「プローバ ウノ」というパチンコ店を出したりもしていて、面白い会社だなと思いました。

-この16年間で大変だったことといえばどんなことですか?

パチンコはサービス業だという認識を社員に認識を浸透させていくのがとても難しかったですね。
私が入社した当時はまだまだ、「射幸性を煽って何ぼだろ」っていう世界でした。
サービスのクオリティを高めるといっても、やってすぐ成果が出るものではないですし、取り組みを継続させるのは難しかったですね。
そこにそれだけ人を割くのであればもっと営業に直接関わるところに人を回してほしいといった要望も出ました。

-社員の意識を変えていくために、どのような取り組みを行われましたか?

先代社長がサービス業への意識が高い方だったので、最初はトップダウンですね(笑)。
「オアシス運動」や、お客様を感動させる「感動イベント」などを行っていました。
でもやはり営業の中心は遊技機なので、会議では遊技機の品質や導入の戦略に関する議題がメインになりがちで、現場にとってはどうしても矛盾が出てきていました。

-その矛盾はどうやって埋めていったんでしょうか?

これをやったらばっちり解決した!と言った解決策は無かったと思います。
やっぱり日々の会話ですかね、分かり合えるまでとことん話し合うとか。
でも、元々パチンコはサービス業であるという認識は多少なりとも風土としてあったので、他社に比べればやりやすい方だったんじゃないでしょうか。
ただ、そうはいっても業績として結果がすぐにあらわれるものではないので、店舗ごとの温度差はありました。やはり店長がやらなければスタッフもやらないじゃないですか。
ですが新卒入社の店長が増えていくにつれ、サービス業という認識も高まっていきました。

―続きは後編で!

関連記事