新年第1回目の『TOPから学ぶ!』は、初のメーカー様が登場です。
豊丸産業株式会社(本社:愛知)の永野代表取締役(前編)にお話を伺いました!

初めてのメーカー様への取材ということで、興味津々!色んなことを質問しました。
一つひとつ非常に丁寧にお答えくださった永野社長。
営業や開発経験を経てトップに立つ今、大切にしたいことは、
開発担当がお客様(ホール)の声をダイレクトに聞くこと。
そして、その声をベースに、「豊丸産業といえばこれ!」という機械を作っていくこと。

かつて話題となった機種「CR餃子の王将」に込められた狙いと思いや、
豊丸産業として打ち出していくコンセプトについて、お聞きしました。
お見逃しなく!!

ではどうぞ!


永野光容さん プロフィール

豊丸産業株式会社

代表取締役社長

2007年に代表取締役社長に就任。

豊丸産業らしい機械作りを目指し、顧客であるホールの声の収集、エンドユーザーの選択肢の幅が広がるような機械開発に取り組む。

TOPから学ぶ!!

 

 

―永野社長、今日はよろしくお願いします。トップから学ぶ!では初めてのメーカー企業様へのインタビューです。色んなことを教えて頂きたいと思います!早速ですが、メーカーとして営業をする際に心がけていることなど教えていただけますか?

営業マンの立場からすると、ホール様との距離感はすごく難しいところだと思います。近付き過ぎてもよくないし、離れ過ぎてもいけない。心の中に入って、本心を聞かせてもらわなければいいものは作れませんしね当社もそうですが、カタログを運ぶだけの配達員になっている営業マンも多いと思います。僕は、営業マン一人ひとりが、マーケティング意識を持つと、本当に強いと思っています。

マーケティングというのは、消費者のニーズを探って、商品を企画・開発して、市場へ投入し、その結果を評価、という一連の活動ですよね。営業部隊が、機械を販売することだけでなく、そういった一連の流れを意識することが必要だと思っています。

―ホール様でも集客するのが大変だという声が多く聞かれます。メーカー側も販売することが大変な時期だと思いますが、営業の皆さんの危機感、意識などは変わっていますか?

実は、あまり感じないんですよね。

ホール様の現場では、売り上げ、稼動などの数字がダイレクトに反映されており、集客がしにくい、ということをリアルに感じられていると思いますが、メーカーというのは、機械によって売れる時もあれば売れない時もあり、実はじわじわと首を絞められていることに気がつかないんですね。

一番最初にエンドユーザーがあって、そこに接しているのはホール様で、最後に我々メーカーがいます。だからなかなか市場の動きを直に感じることができていないんですね。危機感を感じづらいのかもしれません。

だからこそ、もっと市場に対して敏感にならなければいけないと思います。

例えば、当社でも取り組み始めていることですが、機械の開発担当者がもっと現場に足を運んで観察したり、ホール様と話をしたり、教えて頂いたことを吸収して、自分の感性を磨くことが必要だと思っています。

マーケットの動きに対しての自分の感性ですね。

そういった機会を出来るだけ作ろうとしているんですが、開発担当者は営業と違って、話をすることが苦手だったりする人が多くて、なかなか出来ていないんですが、ここに関してはしっかりと進めていかなければならないと思っています。

私も現職に就くまでは、営業や開発など色々と経験しましたが、開発が一番長く、面白みも感じていました。ただ、現場から離れるにつれて、だんだんと顧客であるホール様が考えていること、望んでいるものが見えなくなるんですよね。

だから、このインタビューをご紹介くださったフェイスグループの福山さんのように、若い世代で活躍されているホール企業経営者の方々とお会いして、色々と教えて頂いていますよ。こんなおじさんが出て行くとうっとうしがられますけどね(苦笑)

―開発の方が自ら現場へ足を運ぶ、というのはすごく重要ですよね。危機感、という言葉が出ましたが、業界の現状について、メーカーの立場からどのように感じられていますか?

例えば、当社の機械で「CR餃子の王将」というものがあります。

あの機械のコンセプトは「短パチ」。

今、パチンコをしようとすると、結構時間がかかりますよね。止め時も分からないし、30分とか1時間くらい時間が空いたときに、パチンコをしよう、という気になるかというと、なりませんよね。当たってしまったらどうしよう、という不安がありますから。

そういう意味でいうと、エンドユーザーにとって、機械の選択肢がすごく少ないと思います。今やパチンコは、ある程度のお金と時間がある人にしか出来ないようなレジャーになってしまったと思うんです。

そこで、短い時間でもパチンコをしたいという方に楽しんでもらえるように、短パチというコンセプトで「CR餃子の王将」を作りました。

あの機械は、1回の大当たりである程度の満足感を得ながらも、そんなに連チャンするわけではないので、止めたいときに止めることができるという安心感もあるんです。

実際、短い時間で遊びたいなという人は多くいらっしゃると思います。もっとそういうニーズに対応できる機械が出てくれば、ファンの裾野は広がっていくんじゃないかと思います。

また、パチンコに対してギャンブルの要素だけを求められると、経済状況の悪化に伴い先細りする一方ですから、もっと別の価値を作っていかなければいけないと思っています。

諏訪東京理科大の篠原先生と一緒に色々と取り組みをしていますが、例えばパチンコが、業界を支えてくれている一番大きなファンであるお年寄りの認知症の予防になるとか。海外では、積極的に参加する娯楽というのは、脳の活性化を促して認知症予防になるという学説が出ているんです。

パチンコも、本人がわくわくどきどきしながら出向いていって、適度な時間、適度なお金で遊ぶことで脳が活性化すると思いますし、特に過疎地域の独居老人の方々にとって、一つのコミュニティとしてパチンコ店が機能すると思うんですよね。

年を取ると楽しみとか刺激とか、そういうことがだんだん減ってきて、自ら作り出す力も弱くなりますから、それらを作り出す手伝いができればと思います。日本中に元気なお年寄りを増やしたいですよね。

業界に対してはネガティブなことを言われることが多いですが、やはりもう少しポジティブな面に目を向けて広げていきたいですね。

私も幼い頃は、この業界で商売をしていることに対して引け目というか、ネガティブなイメージを持っていましたが、本当はみんなが自信をもって、こういう産業に携わっていますと言えたらいいなと思います。そういう点でも、何か新しい価値観をポジティブに考えていきたいですね。

―ありがとうございます。「CR餃子の王将」の機械コンセプトのお話がでましたが、豊丸産業としてのコンセプトを教えて頂けますか?

今朝もちょうど会議でその話をしていたんですよ。

やっぱり企業として、「豊丸産業と言えばこういう機械なんだ」と認知されることが大事なんじゃないか、ということですね。

色々と議論を重ねた上で、やはり先ほどお話した「短パチ」を一つのカテゴリーとして確立していきたいと思っています。短い時間でしか遊べない、ではなく、短い時間でも、長い時間でも遊べる機械。

要は、お客様がお客様の事情に合わせて遊べる機械を作りたいと思っています。止め時という選択肢の幅が広がるようにしたいんです。

もちろん、短パチではない機械、現状で数多く設置されている機械を楽しんでいるお客様も多くいらっしゃいますから、それはそれでいいと思うんです。

でも、それが多すぎるとよくない。過ぎるというのは、過ちと書きますから、何事も度が過ぎるのはよくないんですよね。バランスよく、様々な特性を持つ機械を作って、お客様が選べるようにしたいと思っています。

―過ぎたるは及ばざるが如し、という言葉がありますが、機種特性のバランスが少し偏っているのはその通りかもしれません。私もいちユーザーとして共感する面もあり、非常に勉強になります。(後編へ)

関連記事