本日の『TOPから学ぶ!』は、株式会社アプロディア(本社:福岡)の竹田代表取締役(前編)です!

福遊協青年部会の部会長も務めていらっしゃる竹田代表取締役。
福岡をはじめ、九州の青年部は非常に活動的で盛り上がっているとお聞きしていたので、どんな風に運営しているのかお聞きしてみると、「横のつながりがしっかりしてます。」とのこと。
これからは同業同士、情報を交換しながら協力し合わなければ、変わり行く時代に取り残されることになる。
先を見据えた経営、組織作りをお話頂きました。

また、この業界には、良かった時代から抜け出せていない俺様体質経営が多いのでは、という鋭い問題提起と、そこからの脱却を心がけ、他者の目線になって物事を考えること、他者を責める前に、まずは自分を疑ってみることを、自戒の意味も込めて心がけている、という竹田代表取締役。
ホール同士でも、対メーカーでも、同じことが言えるんじゃないか、と具体的な例をあげてお話頂きました。

ではどうぞ!


竹田光寛さん プロフィール

株式会社アプロディア 代表取締役

株式会社マイアミ 課長

福岡県遊技業協同組合青年部会 部会長も務める。

TOPから学ぶ!!

 

―竹田さん、本日はよろしくお願いします!竹田さんは福遊協の青年部会長もされていますが、ご紹介頂いた兵庫の権部会長から、九州の青年部は非常に盛り上がっている、とお聞きしました。

そうですね、横のつながりを大切にして、協力しながら色んなことをやっています。

私がこの業界に入ってから約17年になりますが、組合の活動などで同業の方々とお付き合いさせて頂けるようになって、沢山の刺激を受けています。

その中でも、俺様気質、というか、あまり他の意見を聞き入れない経営者の多い業界でもあるのかな、と感じることがあります。組合活動でも、どうしても同業者同士で意見出し合うとお互いに折れなくてぶつかり合いになってしまうことが多かったりします。

僕らの世代はそういうことを見てきたうえで、やはりこれから先はぶつかり合っているだけではうまくいかない、業界が衰退していくだけではないか、じゃあ俺達はどうする、と考えながら、同業同士が協力して盛り上げていこう、と横のつながりを強化しながら、業界活動をやっています。

―これから業界を盛り上げていくために必要なこと、ということですね。

景気が良かった頃の体質、というか、いつまでも成功体験から抜け出せないで、例えば店の業績が悪化しているのでコンサルタント会社に依頼をして、改善案を提案されても「いや、うちのやり方はそうじゃない」と、なかなか受け入れられない面があると思います。

それは、自分を含めてそういう所がこの業界には残っていると思っていますので、自戒も含めて「自身を客観視すること、他者の目線になること」を心がけています。

自分の目線で物事を考えると、全てにおいて自分の幅でしか考えられなくなります。もっと幅を広げようと思ったら、他者の目線にならないといけないんですよね。

例えば、この業界の「目線」で言うと、大きく分けて大手目線と中小目線があります。

組合の話し合いでも、大手企業には大手の考え、メリット、中小企業には中小の考え、メリットがあって、当然相容れないところがあります。

じゃあどちらの意見が正しいの、というと、どっちもどっちだし、お互いの立場になればどちらも正しいと思います。ただ、お互いが自分の立場でしか考えなければ、議論は平行線のまま交わることはなく、業界が一つになることは出来ないですよね。もっと、お互いがお互いの目線になれば、分かり合える点、妥協点が見つかると思うんですよね。

先日の入れ替え自粛の件でも、終わってみて半分のホールは良かった、半分は悪かった、で議論が起こっています。でもどっちが正しいとか、勝ちだとか、それはないんです。お互いが、次もやろう、いや絶対にやるな、とその言い争いなんですよね。お互いの目線にならないと議論が進まないんです。

今の国会と同じような状態なんじゃないか、と。自民党から民主党に変わりました。何か変わったかというと、そうでもなくて、お互い足の引っ張り合いで、国会が進まない。国民は迷惑していますよね。

それをパチンコ業界の中でやるべきじゃない、と僕は思います。

我々ホールとメーカーの関係もそうです。メーカーに対して、もっと機械代を下げろ、抱き合わせ販売するな、と言いますが、メーカーの目線になってみると、違う角度で考えることができます。

例えば資金力のあるホールが、「うちは前回の機械をいらないと思ったけど買った。そうやって付き合いで必要のない機械も買っているのに、買っていないホールと同じ日に納品するのか?買った意味がないじゃないか。」とメーカーに圧力をかけている場合もありますよね。そして、メーカーに「優遇します」と言わせている。

もちろんそれだけが原因ではありませんが、そうやっておかしな状況を作っている一因はホールだし、その反面、そんな販売方法はおかしい、差をつけている、と声を荒げているのも、自分達ホールなんですよね。 

―他者の目線になると全く違った見方ができるんですね。

そう、全く違う見方をしなければいけないと思います。メーカーはおかしい、と思う前に、まず自分を疑ってかかることが必要だと思います。あれ、俺達おかしくないか?と。

自身の行いを振り返ったり、おかしいことはないか、と再確認することが必要です。それが出来ないと、一方的な文句の言い合いで終わってしまう気がします。

議論の場でも、10人集まったなら、俺の目線は自分で十分理解できているから、他の9人の目線になってみようと、そういうことを考えることが必要になっていると思います。

そうじゃないと、パチンコ業自体が足の引っ張り合いにしかならないですよね。

今こそ業界のつながりを強化するときだと思います。お客様に来ていただく、という同じ目的を持っているのだから、お互いが素直さを持ち寄り、人の意見を聞く、人の言葉の意味を理解しようと務める、人の意見を自分のフィルターを通して意味合いを解釈してしまわないことができれば、必ず一つになれると思います。

―業界が一つにならないと厳しい状況だとお考えですか?

どうでしょうね。確かに業界を見渡すと、苦しい、苦しいと言う声が多いですが、過去が良すぎただけで今が当たり前なのかな、という気がします。まず、今が当たり前、ということに気付くことが大事かなと思っています。

他の業界に比べると恵まれているし、一回り上の世代は潤っていた、僕らの世代は厳しいぞ、と言えないところはありますよね。いい時代、悪い時代、ということを言い訳にするべきじゃないと思います。

厳しい、というより、時代の変革期なんじゃないでしょうか。

固まったイメージを壊す時期、といいますか、車でも高級車よりプリウスが売れる時代です。良い物の価値観が変わってきているんだと思います。

例えばパチンコでも、封入式がスタンダードになったときに、業界は大きく変わります。

(*封入式パチンコ・・・遊技台の中に入れられた数個の玉が循環。ボーナスがかかったら、デジタルカウントされる。玉も島設備も必要なくなると言われる。)

島設備が必要なくなるんですよ。ということは、その辺りのコンビニでもどこでも簡単に設置、遊技が楽しめるようになりますよね。もちろん法律がどうなるかわかりませんが。車もハイブリットや電気自動車が主流になる時代。業界全体がお互いに情報交換をして、変わっていく時代に真剣に対応しないと、気がつくと取り残されるという、厳しい状況になるでしょうね。

―自分を疑うことは、すごく難しいことのように思います。でもそれが出来ないと、偏った考え方しかできなくなるんですね。勉強になります。(後編へ)

関連記事