本日の『TOPから学ぶ!』は、大正商事株式会社(本社:大阪)の三枝社長(前編)です!

30歳の時に、それまで勤めていた大手楽器メーカーを退職し、家業を引き継ぐことになった三枝社長。
入社して先代社長から一番初めに教わったことは、「お客様は井戸。吸い上げ過ぎると枯れてしまう。必要な分しか取ってはいけない。」という言葉。それに共感し、その信念を貫き通してきたそうです。
パチンコは大衆娯楽で、パチンコ店は【玉出し屋】。
それが本来の姿じゃないか、と三枝社長はおっしゃいます。

お店の営業方針や、お客様との関わり方など、【玉出し屋】としてのスタイルを教えて頂きました。
マニュアルにとらわれないユニークな方法でお店作りをされているそうです。
チームの一員で社長という役割をやっているだけ。とおっしゃる、三枝社長のこだわりをお聞きしました。

ではどうぞ!


三枝 和哉さん プロフィール

大正商事株式会社

代表取締役

シアトル大学工学部電子工学学科卒業。ローランド会社勤務を経て、30歳の時に入社。

大遊連青年部会 青年部会長も務める。

―三枝社長、本日はよろしくお願いします。こちらへ伺う前にお店を拝見いたしました。お手洗いに貼ってあったチラシの中で「私達は玉出し屋です!」という言葉がすごく気になりました。

見ました?あれ、デザインは某家具屋さんのパクリなんですけど(笑)、僕は自分の業を「玉出し屋」やと思ってます。お客様に気軽に寄ってもらって、勝ったり負けたりはありますけど、できるだけ玉出して楽しんで帰ってもらう。それこそがパチンコ=大衆娯楽の本来の姿だと思っています。

ただ、今のこの業界は大衆娯楽とはとても言えない現状なんじゃないか、と思います。

最近、僕の周りのパチンコファンも、やってますか?と聞くとやらなくなった、という人が多いんですよ。

ギャンブル、という言葉はあまり使いたくないけど、あまりにもギャンブル性が高まってしまって、お客さんがついてこれなくなってるんですよね。これは僕の感覚の問題だけど、大衆娯楽とは言えないんですよ。

昔、この業界に入った時、先代社長である父に言われました。

「パチンコのお客様は井戸みたいなもの。井戸は吸い上げ過ぎると枯れてしまったり、地盤沈下を起こしたりする。だから、適度に、必要な分しか取ってはいけない。」

そう教わって、その考えにすごく共感したんですよ。極端に言うと、この業界において儲け過ぎることは悪だ、というような考えが根本にあるんですよね、僕の場合。

お客さんと取ったり取られたり、最終的には会社として存続していくためにうちが少し勝たせてもらいますよ。というような関係。そうすることで、今日来てくれたお客さんは明日も来れるし、そういう姿勢がお客さんと店との信頼関係を作ると思っています。だから、うちの店は「玉出し屋」というスタンスを貫こうと思って、お客さんに宣言してるんですよ。

―トイレの個室での宣言、受け取りました(笑)いい言葉ですね、何だか昔ながらのパチンコ店という雰囲気で。

商売相手は何か、というと、人の心なんですよね。射幸心という、人間の依存してしまうところを刺激して商売をしているわけです。そして、今のパチンコは動くお金の額も大きいでしょ。だからこそ、我々は襟を正さないといけないと思っています。

ただそう思っていても、今は業界全体の状況も良くなくて当社も含め、思ったとおりできてないという企業は多いと思います。生き残るために、ということを優先して考えないといけないことが多く、本意ではない営業をしている場面もあると思います。ただ、本質の部分、つまり自分達は何屋なのか、何屋になりたいのか。ということを忘れてはいけないと思います。

―ありがとうございます。ではその玉出し屋を率いる店長に求めることはどんなことですか?

上司の言うことを疑うこと!

これは店長に限ったことじゃないんだけど、どうしてこの人はこんなことを言うんだろう。どういう意図でこんな指示を出しているんだろう、と。疑うというか、真意を考えて欲しい、ということです。

何か指示をだして、「ハイ、わかりました!」と言う人に、何が分かったの?と聞くと説明できない場合が多い気がするので(笑)

何も考えずロボットみたいに業務をこなすより、なぜその仕事が必要なのか、やることでどんな結果が得られるのか、意図や意義を考え、自分なりの解釈や思いをのせて仕事をしたほうが絶対に良い仕事できるし、何より楽しいですよね。

だから僕、マニュアル化が好きじゃないんですよ。型にはめてしまう気がして。

とかいいつつ、実は一度作ろうとしたことがあったんですけどね。

各担当に業務の内容や指導の仕方を聞いて、それを文章にして・・・と。でも、やっているうちに何だかバカバカしく思えてきて。仕事自体はそんなに難しいことはないですから、実際に働きながら覚えていけばいいと思うんです。それよりも何よりも、店舗運営で一番大切で、一番難しいのは人との関係(お店のスタッフ同士だったり、スタッフとお客さんだったり)だと思うので、それってマニュアルじゃ教えられないんですよね。

大切なことは人から人へ伝えていくものだと思う。伝承ですよね。

何店舗も展開している企業だと、ある程度マニュアル化しないと無理があると思いますけど、それでも本当に大切なことはマニュアルじゃ伝えられないと思いますよ。

それで、作るのをやめました。・・・まぁ、仕事量が膨大でまとめるのが大変だった、というのもありますけど(笑)

―確かにマニュアル化というと、いい面も悪い面もありそうですね。この業界の前に務めていた企業ではいかがでしたか?

以前はローランドという楽器会社で、プログラマーとしてシンセサイザーなどの楽器を作っていました。コンピューターおたくなんですよ。嫌でしょ、おたくな社長(笑)一日中コンピューターの前に座ってても苦じゃないんですよね。

その会社は上場会社の大企業だったけど、細かく書かれたマニュアルなんかありませんでした。

工場ラインをはじめ、色んな部署を経験しましたが、どこの部署でも冊子のようなマニュアルはなくて、見て覚えろ、みたいなね。

そういう経験もあったから、マニュアルって本当に必要なんかな、そういえばこれまで述べ伝えで何とかやってるよな、と思ったのもありますね。

身だしなみとかね、大切なことだし必要かなとも思ったんですけど、うちの店、結構自由なんですよ。髪の毛がスーパーサイヤ人でもOK(笑)その代わり、きちんと整髪量つけて、きっちりしたスーパーサイヤ人にしてや、って。それが身だしなみやぞってことです。

メイクなんかも、めちゃくちゃ濃いスタッフもいましたけど、それを毎日きっちりやってくるんですよね。それを見てると、初めはどうなんかなと思いましたが、文句も言えませんでしたね。

それに、そのスタッフはお客さんに大人気だったんですよ。

メイクが濃いとか、髪の色が金髪だとか、そういうことよりも、お客さんに笑顔で接することが出来ているか、愛嬌とか、大事なのはそういうことですよね。

でも、それは教えられることじゃなくて、やっぱりお店の雰囲気とか、伝承だと思います。

例えば先輩が楽しそうに仕事してるなとか、この店のメンバーで飲み会行くと楽しいとか、部長って気さくな人やな、とかね。そういうところはマニュアルにできないから。

―マニュアルよりも人から人への「伝承」を大切にしたい。必然的にお店の人間関係、結束は固まり和気藹々とした雰囲気なんだそうです。後編では、三枝社長のお店を支える「コンサル」について教えて頂きました。

関連記事