パック・エックス通信を御覧の皆様、こんにちは!
編集長のまつしまでございます。
本日の『TOPから学ぶ!』は、セントラルグループ(本社:仙台)の清水専務(前編)です!

25歳の時に、なんとなく入社し跡を継ぐことになった清水専務。
「創業社長である父は、基本的に放任主義なので、特に何も教わってないんですよ。」
この業界について全く分からなかった清水専務は現場のいちスタッフからスタート。
その後店長や営業統括を務めると同時に、業界団体に加入し同業の経営者と積極的に交流をするなど、
自ら情報を取りにいき、少しずつ会社を組織化して行ったとのこと。

各店舗がばらばらで統一感のなかった組織をまとめ上げ、
チェーン店としてのメリットを生かす体制作りを進めてきた清水専務。
最近では、妙に落ち着いて「丁度いい」ところを目指している組織を壊そうと、
企業理念の見直しに着手していらっしゃるそうです。

「丁度いい」で留まらず進化を続けるセントラルグループに注目ですね。

ではどうぞ!

************************************

清水 文徳さん プロフィール

セントラルグループ(http://www.centralgroup.jp/

専務取締役

アメリカ留学から帰国後、25歳の時に入社。

店長として店舗の立ち上げに携わった後、営業部長を経て5年前に専務取締役に就任。

趣味はゴルフ。

TOPから学ぶ!!


************************************

―清水専務、本日はよろしくお願いします。まずは入社した当初のお話を聞かせて頂けますか?

25歳の時に祖父が亡くなり、留学先のアメリカから帰国しました。その帰国をきっかけに何となく、言葉は悪いですがなし崩し的に継ぐことになり、入社をしました。

このセントラルグループは父が創業した会社ですが、継ぐことはあまり考えていなかったんですよ。

何となく継がされそうだな・・という気配を感じたのもあって、大学を卒業してから渡米しました(笑)。

それが戻って来てなんだかんだで継ぐことになり、初めは嫌でしたね。

入社してから最初にやったことは、本部機能を整備することでした。

当時13店舗だったのですが、社長は基本的に放任主義ですから、それぞれの店舗責任者が好きなように店を運営しているという形で、チェーン店としてのメリットを全く出せていない状態でした。

これでは今後勝ち残っていけないと思い、企業としてある程度の統一を図るために、営業本部を立ち上げました。

その後店長として塩釜店を立ち上げて、しばらくしてまた本部に戻り営業部長を務めました。専務に就任したのは、4、5年前で、まだまだ新米なんですよ。

―店長でいらっしゃった時はどんな店作りをされていたのですか?

当時からずっと私がこだわっていることは、喜んで頂く、嬉しいと感じて頂くことも大切なんですが、とにかく嫌な思いや、マイナスの感情をお客様が持って帰られないようにすることに細心の注意を払っていました。

沢山のお客様が来てくださるからと言って、決しておごらず、変に強気にならない、ということですね。

結果としてそれが、プラスの感情につながって、再度足を運んでもらえると思います。

それから、今でもそうですが当社の店は他店のようにスロットコーナーの照明が暗くないんです。

パチンコ店というのは、カジノというよりも、もっと身近な娯楽でありたいという思いがあります。明るく清潔で、誰でも気軽に来店してもらえるようなお店を目指しています。

イベントに関しても、日にちを限定したイベントはやらずに、3日間とか、1週間とかある程度期間を持って開催するようにしてるんですよ。

日にち限定のイベントをやってしまうと、その日に来れないお客様や、お店に行ってみたら昨日が大きなイベントだった、とがっかりされるお客様をなくしたいんです。

マイナスの感情を持たれたり、残念だと思われることの無いお店作り。それがセントラルらしさだと思っています。

―当時からずっと変わらないコンセプトなんですね。それでは清水専務がトップとして心がけていること、必要だと思われる要素はなんでしょう?

色々あるんでしょうが、私自身がずっと思っているのは「決定」すること。決定したことに関して責任を負うということです。

そして一番重要だと思っているのは、任せるということ。これに関しては、自分自身にまだまだ足りない部分だと思っています。先輩方を見習わないといけません。

本当なら、もっと現場の店長に権限を委譲して、どんどん任せていきたいと思っています。彼らの自由な発想しか、現状を変えていくことはできないと思いますから。

ただ、この業界は、何かを決断して実行する際に、比較的大きな資金が掛かりますよね。そうなると、やはりリスクに目が行ってしまって、店長たちはなかなか積極的に動けないんですよね。そういうときに、やっぱり立場上私が決断するしかない、というのが現状です。

今、4年前に一度策定した企業理念を見直しています。

プロジェクトを立ち上げ、今一度思いを込めた理念を作ろうとしているのですが、そこでもポイントとなっているのが、「丁度いい」を壊そう、ということ。今の当社では、丁度いい=普通がすごく重要になっていて、すごく小さく収まってしまっています。周りを見渡して、はみ出さないようにしているというか・・。それではやはり進化はないと思うんですよ。

新しく作る理念の中では、そういうことを壊して行きたいと思っています。

―店長たちにはもっと常識にとらわれない店作りをして欲しい、と?

はい、誤解を恐れずに言うと、店長たちにはもっと「バカ」になって欲しいんです。

どちらかというと、真面目で賢く、何でもスマートにやるタイプの店長が多いので、もっと突き抜けて欲しい。ちょっと、それおかしいんじゃない?とか、大丈夫??とか、私がドキッとするような提案が欲しいですね。

それをさせてあげられていない、というのは私の不徳の致すところなんですが、これから新しい理念作りをきっかけに、そういうことが言える会社にしたいし、その中で「バカ」な意見を突き詰めてセントラルらしさを確立していきたいですね 。

―さて、なし崩し的に入社した清水専務が、父である社長とぶつかり、古い体質の社員との軋轢を乗り越えながらも、この業界で働くことにやりがいを見出した理由。それは仲間と、業界の偉大な先輩方の影響だったそうです。続きは後編でお送りします!

関連記事