【TOPから学ぶ!】記念すべき第1回目には、

㈱J-DREAM(本社:大阪府)の木山修助社長にお話を伺いました。
2月に第1回大会が終了したぱちんこ情熱リーグの理事長をされている木山社長。
「『大好きな言葉は『夢』!夢があれば日々ワクワクして過ごせる。」
そんな木山社長に、リーダーとしての心構え、ご自身が実践されていること、
夢や目標、業界で働く皆さんへのメッセージなど、伺ってきました!

毎日ワクワク働くヒント、日々輝いて過ごすヒントが沢山詰まったインタビューになっています。
前編・後編の2回に分けてお届けいたします。

それではまず、前編をどうぞ!

*********************************************

木山 修助さん プロフィール
株式会社J-DREAM 代表取締役。
パチンコメーカー勤務等を経て、父親が経営するパチンコ店へ入社。
2004年、独立し㈱J-DREAM(旧㈲SYU)を設立。パチンコ店『玉太郎』『夢太郎』の経営を手がける。
2009年、NPO法人ぱちんこ情熱リーグを発足し、初代理事長を務める。

TOPから学ぶ!!-木山修助 社長

*********************************************

―木山さん、今日はどうぞよろしくお願いします!!まず、ご自身がトップ(リーダー)として最も心がけていることを教えてください。

【まずはコミュニケーションを共に育むこと。】

組織に必要な3つの要素を徹底して意識しています。
① 共通の目的(ビジョン、夢、目標)
② コミュニケーション
③ 継続の仕組み
組織を運営する上で、メンバー全員が共通の目的を持って一丸となることが最も大切です。
しかし、目的やビジョン、夢はいくら言葉で言っても伝わらない、なかなか浸透しないものです。
そこで、まずは部下とコミュニケーションを共に育み、信頼関係を築くことから始めます。

―具体的にはどんな風にコミュニケーションをとられていますか?

部下の仕事内容だけでなく、感情や考えまで理解しなければ、本当のコミュニケーションは取れないと思うので、時にはその階層まで自分が下りていき、同じ目線で仕事をするようにします。

アクノリッジメント(※1)という言葉がありますが、部下のやったこと、事実をしっかりと見て、承認するようにしています。部下を褒めることは、信頼関係 を築いたり、モチベーションをあげることに非常に有効ですが、やり方を間違うと、まったく逆の結果を生み出します。
単に褒めればいいという考えで、部下の行動を把握もせずに適当な言葉掛けする。これは最低なことです。部下からしても、「何も知らないくせに。」「適当なことを言っている・・」と不信感が募るだけですよね。

そこで、例えば「昨日遅くまで事務所の掃除をしてくれていたね、ありがとう。」と、実践していること褒めてもらえたら、部下はものすごく嬉しいと思うんです。

だから、部下が頑張っていることにアンテナを張って、評価できるポイントを見つけたら、そこを具体的に伝え褒めるようにしています。

そうすることで、部下は「見てくれている」と感じ、信頼関係が生まれると思いますので、評価の種を探すためにも、例え短い時間であっても、時には同じ目線で一緒に仕事することが必要だと感じます。

とはいえ、組織が大きくなると一人ひとりの行動をじっくり見るのには限界があると思いますので、情報を吸い上げる仕組み、何か起こった時はもちろん、ささいなことでも直ぐに言ってくれる信頼関係を作ることがとても大切です。

この人には褒めてくれる、とか、この人はいつも信じてくれる。という気持ちを部下に持ってもらうため、まずは自分が部下を信頼するようにしています。これに関しても、褒める時と同様に、「君なら出来るよ。」「絶対にやれる、俺は信じてるよ。」と、言葉でしっかりと伝えるようにしています。

つい口を出したくなったり、自分でやりたくなってしまうこともあるんですが、ぐっと堪えて、部下を信用し、任せるようにしてます。

―そんな風にしっかりと見てくれる上司、自分を信頼してくれる上司の下なら、すごくやる気がでますね。

できるだけ、一日一回は承認したり、勇気付けるような言葉掛けをして、自分の気持ちを伝えるように心がけていますよ。
そうやって少しずつ信頼関係を築きあげることで、ビジョン、夢、目標が共有できると思います。

―ありがとうございます!それでは、木山社長がトップ(リーダー)にとって必要だと思われること、店長に求めることは何でしょうか?

【誰よりも前向きなリーダーであれ。】

常に、苦しいときも辛いときも、誰よりも前向き、誰よりも元気であることです。
特に昨今、業績が上がらない、思った通りの結果がでないことで、つい下を向いてしまう場面が多々あると思います。
そんなときも、チームをプラスの方向へ持っていく、メンバーをやる気にさせるために、リーダーが一番元気でなければいけないと思っています。

リーダーが、自分がひとりで出来ることなんてありません。チーム全員で前向きに取り組む、メンバーがいかにやる気になってくれるか。それが大切だと思います。

―プラス思考、ということですね。具体的にどんな場面で必要なのでしょうか。

極端な例えでいうと、事務所で小火(ぼや)が起きたとしますよね。その時に、「よし、事務所をリフォームするチャンスだ。」と言えるくらいのプラス思考、いいですね・・・(笑)

まぁ、これは冗談として、何か問題が起こったときは、必ずプラス思考でいて欲しいですね。部下は、その問題の結果やプロセスよりも何よりも、リーダーの一言に反応すると思います。例えばクレームやトラブルが起こった場面で、
「どうしよう・・まずいな・・。しょうがない、・・・じゃあ、●●さんこれをやってください。」
と言うのと、
「大丈夫や!チームが一つになるチャンスや!俺に全部任せとけ!よっしゃ、じゃあ、●●さん、これやって!」
と言って指示を出すのとでは、部下の受け取り方が全く違うと思います。

ここ一番の場面や勝負どころで、ホッとさせる一言、勇気付ける一言、チームをプラスの方向に持っていく言葉を使い続けることが大切だと思います。

―確かに、後者の店長は素敵ですね。この人についていきたいと思いますね!私はマイナス思考に陥ることがよくあるのですが、どうしたらプラス思考になれますか?

私は、自分で元気になるような言葉を使うようにしています。若い頃はアファメーション(※2)を実践し、なりたい自分、前向きな自分をイメージし続けることを習慣にしていましたよ。今も、社員がやる気になる言葉って何なのかな、といつも考えています。

―ありがとうございます。私も習慣的に元気になる言葉を使うようにします!(後編へ続く)

*********************************************

※1 アクノリッジメント

相手に関心を寄せて承認し、そのことを肯定的な言葉で伝えること。常に感謝の気持ちを忘れず、相手の可能性だけを見つめることにより、行動の変革を促す。

※2 アファメーション

肯定的な断言をすること。「~したい」「こうなれば良いな」という願望を、「私は~だ。」と断言し、繰り返し唱えることで、潜在意識に変化や成長が遠くの未来にあるものではなく、現実だと働きかけること。

関連記事