こんにちはPX通信編集部のとみおかです。

今週から「人事TOPから学ぶ」が始動です!
「人事TOPから学ぶ」では、人事に関することに焦点を当てたインタビューを公開します。

記念すべき第1回目に登場いただくのは、
株式会社エム・アイ・ディジャパンの堀田部長です!
それではどうぞ~~

■■■■■

人事TOPから学ぶvol.1
株式会社エム・アイ・ディジャパン 堀田達哉 取締役部長 前編

***

堀田 達哉さん
株式会社エム・アイ・ディジャパン
取締役 営業1部 部長
国立長岡工業高等専門学校卒業後、1997年エム・アイ・ディジャパン㈱に入社。
現場の第一線で活躍し、現在取締役として会社の理念実現に向け、各地を飛び回っている。

エム・アイ・ディジャパン株式会社
http://www.mid-japan.co.jp/
パチンコ店玉三郎を中心に、飲食店、ゲームセンター、インターネットカフェ、コンビニエンスストア、そして介護事業デイケアサービスなど、幅広い分野を手掛けています。

***

―堀田部長、よろしくお願いします。早速ですが、堀田部長の人事担当としての経歴を教えてください。

創業2年目から新卒採用をやっているので15年目ですね。でも、当時人事部というのは無かった。
店長をやっていた時から携わっていたので全部兼務でした。採用も、他店舗の社員との面談も、社内ルール作るのも、全部。

そして、10年前に改革推進室を作って、社内改革をするプロジェクトをやりました。もう14年かかわっています。研修のトレーナーもやっていたので、いろいろな研修に学びに行って、良いものだけを取りいれてやってきました。

―現場との両立はやはり大変でしたか?

そこは一番苦労しました。こっちはこっちで本業だけど、お店の業績も落とせない。他社の研修もやっていたので、出張でお店にはりつけない。No.2の育成もしないといけないし。

「お前の本業は店だぞ。店長の本業、忘れんな」みたいな時は一番大変だったかな。

―そうですよね。それはどうやって、乗り越えられたのですか。

やるしかない!みたいな。気合かな(笑)でも楽しいから、休みたいとも思わなかった。どっちもすごく面白かったんですよね。

―玉三郎さんに入るきっかけはなんだったのですか。

中学生のときに三井社長がテレビに出ているのを見て、この人と働きたいなって思っていたんです。

玉三郎に入る前は別のパチンコ店でアルバイトをしていました。
そのときの店長が、釘打ちも教えてくれて、現金回収もやらせてくれていて。もちろんホールの指示出しも、データも見ていました。

そしたら当時アルバイトしていたお店に三井社長(当時専務)が来たんです。実はその店長が三井の教え子だったんです。
その時に独立の話を聞いて、「俺も行きたいです!」って言って、それが始まり。

―運命の出会いですね!立ち上げから第一線で活躍されていたんですか?

一般スタッフから始めて、毎日三井の家に行っていました。
シートも、営業日報の書き方も違うから、2ヶ月間みっちり学びましたね。
毎日「改善日報を書いてくれ」「どうしたらいいのか課題を出してくれ」と言われて。毎日レポート用紙4枚くらい、課題出して対策法も書いて。それを全部三井が見てくれていました。

玉三郎の立ち上げプロジェクトの時には、私の他にも他のパチンコ店経験者の一般スタッフがいたので、「全員競争~!」と言われて、10日後くらいかな。何人かが「お前リーダー!」と指名された内の一人に入ったんです。
オープンの2週間前くらいに「お前、副主任。みんなのリーダー!」って言われて。オープンしてから3日後には「お前、主任!」って言われましたね。で、半年後に店長になりました。

―店長時代はどのようなお店作りをしていたんですか?

お店は商店街の真ん中にありました。
毎朝、朝8時にホワイトボードをお店の外に出すと、もうお客様が並んでいたので、毎日お客様の目の前でイベント書いて、絵描いていました。

お客様と話して、お茶やコーヒーを配って、商店街の真ん中でほっこりして。
並んでるお客様達は口伝いに「今日のイベント…」とか「丸秘コースは…」とかを後ろのお客様に伝えていくから、お客様同士もみんな繋がってコミュニティーもできていましたね。
そういう仕掛けをたくさんしていたので、毎日10時には満台でした。

―そこが玉三郎さんの原点なんですね。

そうですね。毎日全員でミーティングしていたんだけど、全員がお客様の方を向いていたんですよ。
「明日、何面白いことやりますか!」って。時間とか休みとか関係なくアイディアを出し合っていましたね。
三井が目指していたテーマは「毎日が縁日」だったんです。夜店が出てるようなあの楽しさとかお祭りのワクワクとかを毎日表現するとなると、どうするんだ」みたいな。それが、玉三郎の原点です。

―今も、創業当時の素敵な部分がそのまま残っているんですね。

そうですね。元々やめちゃった店舗を買ったり借りたりしているので、立地が悪いんです。16店舗中3店舗しか新築で作ったお店がない。
だから、「どうやって呼ぶか」みたいな事をやらないと集客できなかったのと、「目立ってなんぼ」をしないとお客さんに忘れられちゃう。だから、バカやれる人材を採用していましたね。
 
―同じ方向を向ける人を採用しているんですね。

そう。だから、エントリーマネジメントを失敗してしまうと人が変わらない。
うちは採用の面接も、面接じゃないですよ。

まず、パンフレットなどを見せながらプレゼンテーションします。
「MID ジャパンとはこういう会社でこういう歴史を歩んできた。」と。その中にはコスプレの写真とかも入っていて。「コスプレやる気ありますか?」みたいな(笑)。「これ何のためにやったかっていうとね…」と、背景や意味づけの説明をします。「でもこれが恥ずかしいって思っているのを通り越してほしい。そうじゃないとうちではやっていけませんよ」って。

それから「でっかい声で挨拶できますか?」と聞いて、「やる!」と答えた人は採用。「う~ん…」となった人は、どんなに頭が良くて学歴があっても全部不採用にしていました。

入社後は一週間みっちり僕が研修をして、そこで残ったモチベーションの高い人たちが最初からいたのできちんと継承されているんです。
だから「玉三郎で働きたいんです!」って人たちばかり。

―1番大切にしていることも、やはり「想い」ですか?

そうですね。「情熱」「熱意」「やる気」。それがモチベーションの原点ですからね。
「何のために働くのか」という部分にフックをかけます。
「目の前にいるお客様をどれだけ喜ばせるか」という部分にフックがかかっていたら採用する。
新卒採用でも3次面接はほぼ圧迫ですよ(笑)。表情も態度も圧迫にしないけど、「○○さん成長されたいって言ってますよね。けど、これ自分のためでしょ?」と聞いて、「違います」と答えたら「じゃぁ、誰のため?」って。
「周りの人のためです」「周りの人って?じゃぁ、どうなったらいいの?」って、サラサラと圧迫みたいな。笑

最初は大体の学生さんは考えていないんだけど、1次2次とか会社説明会で全部説明するんです。「働く」の語源から説明します。

だからうちを受けてる学生は他の内定もどんどん取りますよ。
学生さんがうちを受ける・受けないとかどっちでもいいと思っているんです。
この日本をどうするか、経済をどうするかのために働けと強気のメッセージをバンバン出しています。けど、「楽しくやれ」って伝えています。

だから、「堀田さん、内定もらいました!」っていう連絡が学生からたくさんくるんですよね。
私の話を聞きに来る学生は年々増えています。エム・アイ・ディジャパンの堀田さんの話は絶対に聞け!って先輩に言われるみたいなんですよ。

実は昔、三井に「30歳までに独立します。それまでに、社長からパクれるもの全部パクります。」と言っていたんです。三井も「うん、分かった」と言っていました。

でもある日、「役員になれ」って言われたんです。「お前が全部採用してる以上、全部責任とらなきゃな。お前を好きで入って、お前が抜けたらこの子たちはどうするんだ。もうやるしかねぇんだよ」って。そこでもう独立するのをやめたんです。
それが責任かな。

―愛に溢れていますね!

うん、愛されてる。愛だね。社長は愛。その愛が感じられないと、店長たちは寂しくなる。認められてないって感じちゃったりする。認めてなかったら店長にさせないのにね(笑)

―今も三井社長は社員さんとのコミュニケーションはよく取られるんですか?

よく取りますよ。去年も全員面談していました。アルバイトさんも含めて全員で400人くらいかな。
みんなの名簿持って、店舗分の名簿全部かかえて。だから、みんな社長が大好きなの。お店に社長が来るとスタッフはみんな「社長~!!」って寄っていく。研修もみんなと一緒に参加するし、すごく距離は近いですね。

―続きは後編で!

関連記事