パック・エックス通信を御覧の皆様、こんにちは!
編集長のまつしまでございます。
本日の『TOPから学ぶ!』は、株式会社玉越(本社:愛知)の髙木副社長(後編)です!

さて、後編では
父であり、創業者である会長と、その会長をずっと影で支えて来た社長のお話。
偉大な両親に後を引き継ぐ立場として、常に感じている尊敬とプレッシャー。
両方の良いところを半分ずつ持っている、という自信。
その辺りを詳しくお聞きしました。

そして、なんと旧ソ連元大統領ゴルバチョフ氏からこの業界に対してのメッセージも。
今になって、じわじわとそのメッセージの意味が胸に響いているそうです。
皆さんも是非、読んでみてください。

ではどうぞ。

*************************************

―前回トップとして必要なことについてお聞きした際、会長のお話が出ましたがやはり尊敬されていらっしゃるんですね。

昔は大嫌いでしたよ。やっぱり上司部下の関係の前に親子であるし、何か討論になっても言い返せないことが多くて、それがすごく悔しくて。

働くうちに変わってきました。いまだに腹立つこと言われますけどね(苦笑)

男的な言い方でいうと、悔しいけど尊敬してます。創業者ってすごいパワーがありますよね。自分はどうかと考えたら、そんなパワーなかったし、やっぱりすごいなって思います。その事実は否定してはいけないと思いますね。

―お母様でもある社長はどんな方ですか?

母親、って感じですね。当社の場合、創業は本当に二人で一つだと思うんですよ。

会社でも、父は父親的存在。母は母親的存在。会社や社員を子供のように扱う、というか。もちろん良い意味でですよ。

社長の場合、女性的な良さというのがやっぱりありますね。

これは男にはできないな、という女性特有のメンテナンス機能とか、発想、着眼点があって、本当に驚かされましたね。会議なんかでも、男性だけで会議をしていると行き詰まってしまっても、社長が話し出したことでハッとさせられることがあったり。

また、社長が就任してから10年ほどかけて教育面に力をいれてきました。

社長が研修を取り入れたのは、離職率が高いことをすごく悩んでいたとこがきっかけでした。

社員の話を聞くと、劣等感を抱えた人がすごく多い、どうせ私なんて、どうせ僕なんて、という思いの人が多いことがすごく悲しかったそうなんです。

そうじゃないんだよ、自分達でも色んなことができるんだよ、ということを知って欲しかった。それで、例えば自分がどうあるべきか、どうしていくべきか、というようないわゆるインターナルと言われる世界ですね、内面的な部分の研修を導入しました。

外部研修施設を活用して、一気に幹部の教育を進めたんですが、すごい確執が起こりました。ただ、社長が信念持って進められて、それらを乗り越えて10年ですね。

正直、私自身も、何故そんな研修をする必要があるのか、分かりませんでした。

やらずに文句を言うのも嫌だったのでやり始めて、ようやく社長の言うことがわかったのは何年かした後でしたね。

話がすこしずれましたが、社長は不思議な魅力があると言いますか、自身もずっと現場で働いてこられたので、社員の気持ちも分かる人ですし。経営者の苦労ももちろん知ってますし、見えない影の支援者でしたね。それがトップになるとしっかりとしたリーダーシップを発揮して。

創業である父の強烈なリーダーシップの背中には、母ありきだな、と感じます。

母が社長になってから、会社の雰囲気がガラリと変わりました。

社長交代がなくて、社長が社長らしいリーダーシップを発揮しなかったら、今の玉越はないと思います。

ものすごくコントラストの強い二人なので、それを引き継ぐ立場というプレッシャーは大いにありますね。でも、そういうもんだと思っています。経営者としては、上手くバトンタッチできて始めて成功だし、そこしか問われないと思っていますので、今は、自分は二人の良さをそれぞれ要素として持っているんだ、と感謝しています。

―素敵な企業様ですね。そんな玉越の店長になる方にはどんなことを求められますか?

私は玉越しか知りませんので、他社がどうかは存じませんが、結構自由度が高い会社だと思います。

店長というのは一つの城の主。会社としても店長に対してそういう風に接しますので自由度は高いですが、私はもっと出来ると思っています。皆には店長がゴールと思わないでくれ、という話をよくします。もっと上を目指して欲しいんですね。

店長が店長で終わってしまうと、そこで伸びしろがなくなりますよね。それは、部下に良い影響を与えません。確かに店長になることはとても大変なことだけど、そこをあえて通過点にしてもらわないと、会社にとっても本人にとっても不幸なんです。

一城の主というのであれば、経営者と同じように経営感覚を身につけなければならないし、もしかすると求めすぎかもしれませんが、例えば将来的に本人が独立などすることがあれば、そういう環境でなければいけないと思っています。

先ほども言いましたが、社長がすごく教育熱心で、うちにもしものことがあって辞めることになっても、どこでも通用する人を育てたい、という方針で教育費にもお金をかけているんですね。

そういう気持ちが分かるからこそ、描いた理想に近づけたい。最終的には自分自身の力で色んなことを解決できる力を身につけて欲しいなと思っています。

―店長を任せる人に絶対に必要だとお考えの要素はありますか?

技術ではなく、やっぱり人格ですよね。技術は訓練すればついてくるもの。だけど、人格というものは変わるのに時間を要します。責任ある役を任せられてそこから変わる人もいるので、判断は難しいですが良いのか悪いのかは別にして、人に好かれる人というのは大きいですね。

あと、最近よく思うのはやっぱり部下を何人育てられるかですよね。数字を作ったりするのは、今、当たり前のレベルになってきているでしょう。それにプラスして、人が育てられるということでしょうね。

当社ではフルに能力を持っていて、この人がふさわしい!という選ばれ方をした人はあまりいません。駆け足で店舗展開をしてきた企業ですから、これからのその人の能力値に期待して任せてきました。あれもこれも出来る人、というよりは、今後の期待値と人柄で選んできました。

店長の顔ぶれを思い浮かべると、やっぱりプラス思考の人が多いかもしれませんね。企業という観点から見ても、プラス思考は大切ですね。 

―今後の夢や目標を教えていただけますか?

先ほど話にも出ましたが、家業から、より企業へと変革をしていきたい。

それは自分が決めるのではなくて、働いている社員の皆さんが「企業だ」と感じられることが必要だと思っています。

企業になってきてはいると思いますが、もっと出来ることがあるんじゃないかと感じています。能力開発の面でいうと、もっと社員さんが出来る場を作れるんじゃないか、それを我々経営者はやらなければいけません。

また、会長の意思決定がすごく早くスピード感のある会社なんですが、それは素晴らしいことだけど、そこに依存してしまっている部分があります。

会長がいなくなったときに、会社としてどうしていくのか。組織と言うのは目的を持った集合体ですから、もっと一人一人のベクトルを同じ方向に向けることが必要ですね。

身近な目標としては、社員さんたちが、うちの企業を選んでよかったな、って思って頂ける様になること。

採用活動しているとやっぱり学生さんのご両親からの反対などありますし、親が安心するような企業を作らないといけませんね。

私達の業界まだまだ課題は沢山あります。それを一つ一つクリアしていくのが、私達のミッション。そういう職業にしたいですね。

東郷店のオープンのときに、会長のご縁でミハイル・ゴルバチョフ氏が来てスピーチをしてくれたんですよ。

その時の言葉で、今になってじわじわと効いてきているのが、「パチンコは平和産業である。」という言葉です。

ある意味パチンコって、平和な国でしか実現できなんですよ。世界の色んな所では戦争で亡くなる人がたくさんいて、正直パチンコどころじゃないんですよね。

それって実はすごいことで、そういう言葉を頂いてから、考えるようになりました。

パチンコホールである、というだけで十分な価値があると思うし、町のコミュニティとしてもすごく大事な要素を持っていると思います。

核家族化が進んでいる中で、年齢の離れた人達がコミュニケーションを取れるという非常に意義のある場所だと思います。

当社の理念でもあるように、街のオアシスになりたいと思っています。人が集まる場所でないといけないし、経済的にも店があることでその地域が豊かになる、そういう企業を実現していきたいですね。

―この業界の今後について、どうお考えでしょうか?

色んな規制の問題もありますし、在り方自体が変わっていくのではないかと思います。

サービスと言う分野は、日本においては、唯一今後伸びる可能性のある産業だと思います。

もしかするとパチンコというスタイル自体が変わってしまう可能性もあると思いますが、考え方やアイデア次第では、まだまだ出来ることがあります。そのためには私達も相当な努力をしなければいけません。

わたしたちが提供しているのは無形のもので、人間の基本的な感情に触れることのできる唯一の産業です。だから無くなることはないし、まだまだ可能性を秘めているといます。

先日の新聞にも載っていましたが、間違いなく日本は超高齢化社会です。

パチンコ業界として役に立てること、できることはあります。地域のコミュニティを作る一つの大事な要素。

今来てくださっている高齢のお客様、おばあちゃんとおじいちゃんの気持ちなんて、私達がそうなってみないと分からないですよね。でも、自身の現場経験からも、今来てくださっているお客様の声を聞いても、射倖性以外のなにか、それを越えたプラスアルファの部分を求められていると思います。

そこを私達は無視してはいけないと思う。そこに焦点をあてていかなければいけない。

需要は確かにあるし、やらなきゃいけないと思います。

この国が抱えている問題を解決するために、既に取り組まれている企業さんも沢山あると思いますし、私達の業界が解決のきっかけになることはできると思います。

―この業界、職業の魅力や可能性は働いている自分達が思っているよりももっと、大きいのかもしれません。ありがとうございました!

 

関連記事