パックエックス通信

株式会社夢コーポレーション、加藤英則社長 TOPから学ぶ

加藤英則/株式会社夢コーポレーション 代表取締役社長。1986年に同社入社。一般社員からの叩き上げで、1998年取締役就任、そして2006年に代表取締役へ就任。同時にパチンコ・チェーンストア協会代表理事も勤めるなど、業界活動に尽力

 

本日の『TOPから学ぶ!』は、株式会社夢コーポレーションの加藤社長です!2006年に松田現会長から同社を託される形で社長に就任された加藤社長は、経営者の親族ではない中での事業継承と、業界では珍しいケースの社長です。何をおいても現場を大切にしたい理由など、かつてはいちサラリーマンだった加藤社長だからこそ話せることを沢山お聞きしました。

加藤社長、本日は何卒よろしくお願いいたします。加藤社長は業界の中では大変珍しく、血族以外で事業継承されていますが、どんなタイミングで社長になろうと?

今、代表取締役社長に就任してから3年半くらい経ちますが、やってみないか、と言われたのは、それからさらに遡ること3年ほど前ですね。現会長の松田が、あと数年したら引退するから後は任せるぞ、と。未だに引退してないけどね(笑)

会長自身が、ホンダの創業者本田宗一郎と同じような考え方なんですよ。「会社というのは、松田家のものじゃなくて、公のもの。社員全員のもの。一族で事業を継承できる人間がいるのであればやればいいが、いなければ血族かどうかは問わない。」と言い続けていましたので、それを実践されたということですね。

社長就任を打診された時には、本当に?っていう気持ちが半分、そしてもう半分は、もし社長になったとしたら、どういう風にしていこうかな、ということを考えていましたね。

会社のこういうとこを変えたいな、こういう風にしたいな、とかね。

社長にふさわしい、と見込まれての抜擢だったんですね!以前から社長になりたい、という思いはあったのですか?

多かれ少なかれ、いずれは独立というか社長として自分でやってみたい、という思いはありましたよ。今の若い世代は、出世欲というのが少なくなってきたらしいけど、サラリーマンの「あがり」はやっぱり経営者になること。それを目指してはいました。

幼い頃から事業継承を意識してきた2代目、3代目の方とは心構えから違いますからね、やはり話を受けたときは、怖いといえば怖かったですよ。

自分の決断一つで、会社が右へ行ったり下へ行ったり、するんだろうな。もしものことがあったら、全社員が路頭に迷うことになる。それを考えると怖い。

もちろんそれは、今でも怖いですよ。社長になるということは社員の人生を預かるということ。絶対に路頭に迷わせるわけにはいかないですからね。断るという選択肢はあったかもしれないけど、それを選ばなかったのは、やっぱりそこには夢やロマンがあって、男なら一度はやってみたい、という思いがあったからかな。

あともちろん、会長の松田に本当にお世話になっていたというのも大きいですね。私が入社した当時は6店舗だったんですが、そこから一番ピークでは48店舗にまで展開しました。それだけ、一緒にやってきた、伸ばしてきた、という思いもありましたので、役に立てるのであれば、という気持ちもありました。

社長に就任されてご苦労されたことはどんなことでしょう?

1年目はある程度業績も残せて順調だったのですが、2年目になると、色んな悪いことが重なりました。業界全体に対する金融機関の引き締めが厳しくなった時期に、当社の店舗が風適法違反で営業停止処分になったんですよ。イメージダウンだけでなく、金融機関から融資をストップしたい、と言われ、一時期全くお金が出なくなったんです。役員全員、もちろん私も含め減給させてもらったり、銀行返済期間を延ばしてもらうなど、何とかやりくりしました。

その時が一番大変でしたね・・

一歩間違えれば倒産していたかもしれない。あの時は毎晩眠れなかったなあ。社員の皆も、今までは、悪い悪いと行っても、パチンコ企業は潰れないだろう、という安心感というか、そんな感覚だったと思うんですが、そうじゃないよ、というのを実感として全員が感じ、今会社が本当にまずい、ということを分かってくれたんですよね。

本当に迷惑を掛けましたが、減給も受け入れてくれたり、経費削減など、全員が真剣に取り組んでくれました。沈む船から逃げるネズミのように、去っていく人たちもやっぱりいました。でもそれはしょうがないこと。その人たちにも生活があるから責めることではない、けどやっぱりちょっと悲しかったですよね。

そんな中でも、残って共に踏ん張ってくれた社員の皆には、本当に感謝しています。

会社が危機的な状態でも、信じてついてきてもらえる、ということはまさにリーダーシップだと思うのですが、当時、どんな風に話をされたのですか?

ありのままを本心で伝えました。会社の状況、細かい数字まで全部公開して、見てもらいました。そして、今の状態はこうだけど、今後こういう風して回復させるという計画と、ついてきてくれということを本心で語りました。

小手先のことを言っても、伝わりませんからね。まずはこちらが皆を信頼して、本心で話すことが必要でした。

ありがとうございます。他に、経営トップとして心がけていらっしゃることを教えてください。

基本は現場が大事だと思っています。現場をおろそかにすると絶対ダメ。良いことも悪いことも、全部現場にあります。数値だけをみていては惑わされますから、両方みて判断をしないと。それから、一番は人ですよね、何にしても。人を大事にすること。過保護ではいけないんだけど、それが一番心がけていることでしょうか。

かつては、ハードを整えれば、ソフトは後からついてくると思っていたんですよ。ハコさえ作れば成り立つ商売、それが経営だと思っていたら、とんでもなかったんですよね。そんなことしてたから行き詰まったんだと思っています。会社が社員、スタッフを大切に思う気持ち、そういうものを大切にしなければ企業としてうまくいくはずがない、という風に考えが変わりました。

釘の叩き方や利益の計算だとか、技術面の教育以外にも、人の教育や指導方法、メンタル面の教育なども、ここ2、3年真剣に取り組み始めています。現場が大切、そして人が大切、ということで、最低でも週に2店舗は自分の目で見て回るようにしています。そして、アルバイトも含めてみんなと話をするようにしています。

でも、あんまり話してくれないんですよ。やっぱり社長にいきなり話しかけられたら困るのかな?(笑)ちょっとよそよそしいです。何かない?って聞いても、ないです!ってね~。しらふでは話しもしにくいだろうから、店に行ったら必ず皆とお酒を飲みに行っています。

教育にしても成長の基盤にしても、コミュニケーションっていうのは第1歩だと思っています。

社長としての達成感、とはどんなことですか?

業績っていうのは当然ありますけど、それよりも、社員の人が育ってくれる、というか、「こいつダメだな~」と思っていたスタッフが、次にお店に行った時に、人が変わったように活躍していたり、そういう方が嬉しいと感じますね。

あと、サービス面でお客様から感謝されているのを聞いたり。そんな皆の姿を見たくて、現場に足を運んでいるというのもありますね。

前回は経営者としての達成感ややりがいをお聞きしました。店長に求めていらっしゃることを教えていただけますか?

経営トップとも共通することだと思いますが、会社のトップだったら全社員、お店のトップである店長だったらお店の全員に目指す方向を指し示すこと。そこへ進むためにどうしていくんだ、というのをみんなで決めて進んで行くわけですが、その舵取りをすることがトップの役目ですよね。

簡単に言いますが、難しいことですよね。私なんて今でもあっちにふらふら、こっちにふらふらってしてますよ~(笑)それは冗談として・・、もちろん人として、という部分、部下に人間性を認めてもらえる、ということは必要ですよね。自ら有限実行し、日頃の言動でもトップという役割を意識していなければいけないと思います。そういうことを総称してリーダーシップと言うんでしょうね。

あと個人的には、サラリーマン店長になって欲しくないなあって思いますね。その店舗を、自分でお金貯めて買い取ってやる!くらいの気概がほしいですね~。言われたことだけ無難にこなして、それ以外はやらないなんて、こじんまりして面白くないでしょ。

ハチャメチャでもいいから、チャレンジしてほしいなあって思いますよね。私もハチャメチャなことにチャレンジしたいタイプなんですよね。学生の頃も、生徒手帳に書いてあることは守ったこと無かったです(笑)きっちり型にはまるのは好きじゃなくて、はみだしたくなるというか。そのほうが楽しいじゃないですか。

私の店長時代の武勇伝ですか?沢山あるんだけど、思い出せないな~何だろうな~。沢山あるよ!(笑)

それはさておき、当社でもむちゃくちゃなことを言ってくる店長が最近少なくなってきましたが、社会情勢の影響もあって、サラリーマン化している人が多いんじゃないかな、安定志向というかね。就職状況を見ても、キャリアやマネー重視じゃなくて、安定しているところに身を寄せたい、という思考の人が増えているのかなという気もしますね。

昔は転職するにしても、マネーアップ!キャリアアップ!って、それしかなかったですよ。もっとお金が欲しい、もっと上に上がれるところに行きたい!という野心だけでした。

もっと今の若い世代にも、野心を持って欲しいですね。

会社としても野心を持ってチャレンジできるような土壌が必要なんでしょうか。

私としては、店長に決裁権限を渡したり、表彰制度を設けたり前向きな失敗をして怒ることは絶対にしないというように、チャレンジを後押ししているつもりなんですが、新しいことをやって失敗すると減点される。という思考になってしまっているのかな。

上司の立場である人も、チャレンジする姿勢を肝要に受け入れたり、賞賛することが大切だし、会社として、もっとチャレンジを推奨するような仕組みを制度化していくのもいいかもしれないな、と思いますね。

「出る杭は打たれる」ではなくて、「出ない杭を下から打ち上げる」ような、そんな会社でいたいと思いますね。

打ち上げる会社って、良いですね!ところで加藤社長は、夢を持つこと、そしてその夢に日付を入れることを推奨されているそうですね。

ええ、どんなことでもいいから夢を持とう。そしてそれに日付をつけよう、と言っています。貯金するでもいいし、家を建てるでもいいし、何でもいいよ。とにかく、夢や目標を持って欲しいですね。

そして、それをいつまでに叶えるか。いつまでに、って日付を入れないと、死ぬまでやらないで終わっちゃう。夢が夢のまま終わってしまうんですよ。これやりたいなーから、あれやりたかったなーになって、終わってしまうんですよね。

それと、その夢というのは「仕事」「個人」「家族」の3つを設定することが大事だと思っています。

要はバランスが大切なんですよ。仕事ばっかりでも、自分のことばっかりでもダメ。バランスよくね。これに関しては本当にこだわりたくて、面接の時にも必ず夢は何ですか?という質問をします。夢はありません、という人ももちろんいますが、そういう人には、何でもいいから作れ!作らないんだった辞めろ!って言ってます(笑)それぐらい大事にしたいってことです。

加藤社長ご自身の3つの夢とは?

まず仕事の夢は、引退までに100店舗にすること。

弊社の経営理念として、「地域地域のコミュニケーションの場を提供するため、憩いと癒しの空間を全国に創ります」とうたっています。今の世の中、2軒隣の人の名前も知らなかったり、近所の子供を叱ってくれる人がいなくなったり、そういう古き良き時代の文化、地域のコミュニケーションがどんどん希薄になってきています。

うちの店を使って、隣近所の人が集まったり、パチンコしなくてもいいからただ話しに来たり、そういう施設、場所になるといいと思っています。そのためにも、店舗を増やしていきたい。ピーク時は48店舗まで展開したんですが、スクラップ&ビルドを繰り返して、現在38店舗です。

社長職は、10年勤めたら引退しようと思っているので残り6年半、それまでに100店舗にしたいですね。

それから、次の人にバトンタッチする、と。それまでに後継者も育てないといけないですね。誰にしようかなあ~(笑)個人の目標は、最近マラソンをやっているんですが、フルマラソンで4時間を切ることをを目標にしています。

今年はどうしても行けないんですが、ホノルルマラソンも毎年出場しています。

最後に家族の夢は、家に離れを作ろうと思ってね。自分の空間、のんびり出来る部屋を作ろうかなって。あれ、これって個人の夢かな?!(笑)

口ぐせや好きな言葉を教えていただけますか?

難しいですね~・・口ぐせは社員の皆に聞いてもらった方がいいかな。

好きな言葉も色々ありますが・・一つあげるとしたら、吉田松陰の言葉で「かくすればかくなるものと知りながらやむにやまれぬ大和魂」というものがあります。

「こうすれば、こんな結果になるとわかっているのだが、武士の精神としてやらないわけにはいかない」というような意味です。何か決断をする際や、行動を起こすときには「利害や計算を度外視して、損得ではなく、善悪にもとづいた行動をしなければいけないことがある。」というこの言葉の意味を思い起こしています。

それでは、加藤社長にとって、「パチンコ」とは何でしょうか?

生きる潤い。それを提供できるもの。だと思っています。

パチンコって、娯楽の無い戦後に、焼け野原の中生きる楽しみを求めた人達によって発展したものです。その流れは今でも変わらないと思います。言い古されている表現かもしれないけど、パチンコをやることによってストレス発散ができたりするはずです。そういう意味でも、パチンコって社会の役に立てるんじゃないかな、って思います。先ほどもバランスが大事だと言いましたが、「遊び」がないと生きていけないでしょ。遊びはいわば、生きるための潤い。我々はそれを提供しているんだと自負しています。

私もたまにやります、好きですよ。

あまり時間が取れないけど、極力やろうと思っています。ただ、やはり問題点もあって、今はパチンコが高額なレジャーに変わってしまっていますね。1万円持って行っても、あっという間になくなってしまう。せめて1万円で1日遊べるくらいじゃないと、つまりもう一度、手軽に遊べるレジャーに戻さないと、ファンのパチンコ離れはますます深刻になります。メーカーさんからの機械台の提供価格もしかり、もちろんメーカーさんだけでなくて、ホールも協力して、共に考えないといけないことです。

パチンコ業界は基本的にプロダクトアウトでやってきた業界です。もっとユーザーの声に業界全体で耳を傾けることが必要だと思っています。例えば、今パチンコをしない人、パチンコから離れた人にアンケートを取ると、ホールを敬遠する1番の要因はタバコの煙なんです。それから騒音の問題、そして射幸性の問題。新規顧客を開拓するためには、この阻害要因を解決しなければ前に進みません。ユーザーの足を遠ざけている原因を、ホールもメーカーも協力して、一つずつ解決していかなければならないと考えています。

代表理事を務めているPCSAの方でもユーザー目線での業界改革の取組みを色々と進めているところです。

読者メッセージをお願いします。

この業界で働くことに誇りがもてない人がいると、時々耳にしますが、絶対に誇りを持ってください。生きていくうえで、「遊び」は絶対に必要です。我々は、世の中にその「遊び」を提供しているんです。

たまに、もしパチンコがなかったら、もっと犯罪が起きているかもしれないって考えるんですよ。ストレスの捨て場を失った人たちが増えてね。例えば1ヶ月間、パチンコ店を一斉に閉めたら、犯罪率が増えるような気がします。パチンコは世の中に貢献していると思う。胸張って誇りを持ち、そして野心を持って生きてくださいね。

パチンコが人々の生活に潤いを与えている。そして、犯罪を減らしている。その考え方に大いに共感します。この業界で働くことは、本当に素敵なことですね。加藤社長、ありがとうございました!

関連記事