パックエックス通信

サンキョー株式会社、阿部恭久社長 TOPから学ぶ

阿部恭久/サンキョー株式会社 代表取締役社長。平成4年7月に同社入社。パチンコ業界唯一の社団法人 日本遊技関連事業協会 副会長、全日遊連 参与、都遊協 副理事長・経営委員長、遊技機リサイクル協会 理事、貯玉補償基金 理事などを兼任。パチンコ店舗・パチンコ台メーカーなど業界に関わる企業の想いを一本化し、業界のイメージアップへつなげる活動に日夜取り組んでいる。

>本日の『TOPから学ぶ!』は、サンキョー株式会社の阿部社長です!関東地区と山口県に、合計19店舗を展開する同社。この業界の地位を上げる。この業界で働く人が誇れる業界にする。という信念だけを胸に、「業界の常識は、世の中の非常識」と、業界の常識をぶった切る、侍のような風情を感じました。

阿部社長、本日はどうぞよろしくお願いします。阿部社長は、全日遊連参与や日遊協をはじめ、業界の様々な組合、団体で参与や理事、副会長など重役を務めていらっしゃいますが、どういった思いで業界活動をされているのでしょうか。

私は大学を卒業した後、すぐにパチンコ業界に入らず、ゼネコンに9年間勤務していました。平成4年に会社に戻り、この業界に入りましたが、ちょっと違うんじゃないのかな、と違和感を覚えることがいくつかあったんですよね。例えば当時は、パチンコ台を野積みしたり、野焼きしたり、そういうことが行われていて問題になっていました。ちゃんと産業廃棄物として処理すればいいのに、と思っていたところ、都遊協で産業廃棄物についての説明があり、それを聞いていて、ゼネコン時代に担当して実際行っていた内容と、ちょっと違うと思いました。

当時産業廃棄物などはまだこの業界であまり議論されていなかったので、他の人達よりは多少知識と経験があったんです。なので、おかしいんじゃないですか?と突っ込んだところ、そんなに詳しいなら手伝えよ、ということになりまして(笑)

それがきっかけで、パパ研から、首都圏遊技機リサイクル協議会となって、今は遊技機リサイクル協会の理事をやっています。

(遊技機リサイクル協会の成り立ちはコチラ・・http://www.toyoukyo.or.jp/seinen/sonota3.html

他にも、今でこそ普通にやっている遊技機の認定、当時東京都では実施されていなかったんですが、パチンコ業界は資源浪費型産業だから東京都ではパチンコ新税を新台納入時に課税するという話が出ました。それならば、法的に認められている認定を行い、機械を長期に適正に使用すべきと言うことから、認定申請についてメーカー等と調整をして認定を実施することもできました。

2006年10月に池袋のサンシャインでやった遊パチキャンペーンの展示会の時もそうですね。パチンコが遊びやすくなりました、業界は変わりましたよ、とお客様にアピールするための活動なのに最初はメーカーさんは協力的じゃなかったんですよ。

展示会というのは機械を展示するのですからメーカーが中心となってすべきだと思うのですが、全日遊連が内容が一番わかっているのだからという理由で、私に展示会の実行委員長の仕事が回って来て、メーカー団体と打合せをしても全く他人事ごとだったので「メーカーの機械を展示する展示会の打合せなのにそんな非協力的ならもう委員長は辞めます」と言って書類をブン投げたんです(笑)

そしたら、いやそういうつもりじゃないんですよ、と理解してもらって、そこからは全面的に協力してくださいました。そんなに人を集めるのは厳しいと言われていたんですが、7000千人以上の方が集まってくださって大盛況でした。その時に「遊パチ」という言葉や、あのロゴマークが出来たんですよ。

こういった具合に、おかしいと思ったことはおかしい、正さなければいけない、と目上の方だろうと、先輩だろうとすぐ言っちゃうタイプなんですよ。

おかげで「そこまで言うんだったらあなたがやりなさいよ。」と、社業以外の業界活動がどんどん増えてしまっているんですけどね。

いまや「遊パチ」は当たり前に広まっていますが、阿部社長が立役者でいらっしゃったんですね!おかしいことをおかしい。と言うことは、とってもパワーがいることだと思いますが、その原動力、源になっていることはなんですか?

別に自分がパワーあるとも思ってなくて、おかしいことはおかしい、やらなきゃいけないことはやらなきゃしょうがないでしょう、と当たり前に思っているんですよね。原動力というか、考えのベースになっていることは、うちの店長が同窓会に行ったときに、恐らく同級生の中で一番給料は高いかもしれないけど、自分がパチンコ店の店長をやっていることを言えなかったらしいんですよね。

それともう一つ、別の店長が車を買おうとしたときの話です。本人はローンはおりないと思って、「ローン組めたら買ってもいいんだけどね。」と諦め半分で言って帰ってきたら、1週間後に、「ローンがおりましたので、お願いします!」と連絡があったそうなんです。

その時びっくりした反面、やっぱりうれしかったって言うんですね。そういう話を聞いてね、やっぱり胸を張って、自分がパチンコ業をやっていると言える業界にしなきゃいけないんじゃないかなと思ったんです。業界を変えることはすぐには難しいのであれば、少なくとも、うちの会社に勤めててよかった、と言ってもらえるような会社にしなきゃいけない、と思ったんですよね。

彼らが胸を張って仕事が出来るような会社にしてあげたい。

だから他業種を経験した自分が、この業界でおかしいなと思う感覚は大切にしたいし、実際に変えなきゃいけないと。うちの社員にはいつも、「業界の常識は世の中の非常識だよ。」って言っています。世の中の常識であれば、「業界の」常識と言う言葉は生まれないですからね。

業界でまかり通っていることが、非常識であることは往々にしてあると考えなきゃだめだよと話しています。業界の常識=世の中の常識になるような業界にしないと、世間にも認めてもらえないんじゃないかな。

そういう会社、そういう業界にしたい、という思いがベースにあって行動しているだけで、何も特別なことをやっているというのではないんですよね。もちろん私自身も、うちの社員がパチンコ店で頑張っているんだから、自分がパチンコ店を経営しています、ということを胸を張って言うようにしています。

従業員が頑張ってくれているからこそ、経営者が仕事に誇りをもつ。それを実際に行動で示されていることってすごいと思います。

よく「パチンコ屋」って言われますが、●●屋って言われている間は、社会的に認められていないということだと思います。パチンコ屋と言われるようではまだまだ。一つの産業として認められるようにするのが、この業界で生かされている我々の務めだと考えています。

だからこそ、何度も言いますが、おかしいことはおかしい、と言い続けないといけないと思います。相手が誰だから、言うとか言わないとか、関係ないですよね。業界の経営者仲間や、組合でも「それはおかしいんじゃないですか?」と、突っ込んでいきます。

それでも、私は私利私欲で動いているわけじゃないし、基本的に言ったことは実行してきたつもりです。色んなところで好き勝手言っても、「あいつは言ったことをやるからしょうがないよな。」と、認めてもらえるのかもしれないですね(笑)

社長のそう言ったお考え、行動は社風にも反映されていますか?

私はそういう風にしたいと思うけど、「社長が言いすぎるから下の人間が言えないんだよ。」と周りから言われますね(苦笑)「待ち」の社員にはなって欲しくないですね。自分で考えて自分で行動する。そういう会社にしたいし、そういう社員になってほしいと思っています。

社員には、業界の常識を鵜呑みにしてはいけないよ。ということと、当たり前のことを当たり前にやれ、それでいいんだよ。あとは好きにやれーって言ってます。あれはダメ、これもダメ、と制限してしまうと、出来ない理由にしてしまうでしょう?だから、何でも自分で考えてやれば良いと思うんです。

ただお願いしたいのは、報・連・相だけはしてね、ということ。基本的には店に行く時間もあまり取れませんから、それがないと何も分からなくて困っちゃいますから。私が叱るとしたら、報・連・相をしないことですね。基本的に「怒る」事はしません。しかし叱ることはあっても、自分で考えてやって失敗したらそれはそれでしょうがないよね。って思います。

そして、もし失敗をしたら、言い訳をするのではなくそれをどう埋めるかを考えなさい、と言ってます。だって、言い訳しても何も生まれないでしょう?

失敗をベースにして、じゃあ今度失敗しないためにはどうするか、という働きをしたほうが生産性が上がるし、プラスになりますね。

失敗したことに対しては、怒ったって何したって消えないんだから、そんな後ろ向きなことはやめようって。

本当におっしゃる通りだと思います。お話は初めに戻りますが、9年間他業界で働かれていたということですが、家業を継ぐことは考えていらっしゃったんですか?

いえ、そんなこともないんですけどね。大学4年の時に、「親父、就職どうしよう?」と相談したら、「お前の人生だからお前が勝手に考えろ。」と言ってくれたんですよ。だから、家業を継がなければいけない、というのはありませんでしたね。それで就職をしたんです。

ただやっぱり一人息子ですし、当時父が体を壊していましたので考えましたよね。前職に勤めて9年が経った頃に、ビックプロジェクトを担当しろ、と言われました。それをやるとしたら3年は辞めて帰ってこられないけど、どうする?と父に話すと、そろそろ帰ってきたらどうだ?という話しになったので、平成4年の7月に退職して、8月にこの会社に入社しました。

サラリーマン生活は非常に楽しかったですね。正直ビックプロジェクトはやりたかったですね(笑)ただ、その時に学んだことや、教育方針などは、そのままいかせています。建築業界にいたわけなので、戻ってきてからパチンコ店の建築費のコストダウンにもすごく役に立ちましたね。

前職での経験を生かしていらっしゃるんですね。組織作りなどにも取り入れていらっしゃるんですか?

そうですね、例えば新卒採用ですね。弊社では、草加の店を作った平成8年に初めて新卒採用を本格的に始めました。

私が入社する前の平成元年に、かなりの予算をかけて新卒者を採用したらしいんですが、1人しか採用できず、それもあっという間に辞めてしまったそうで、ストップしていたんです。勤めていたゼネコンでは、同期が入社して1年間同じ寮で生活するんですよ。その後、各本支店に配属になる、というシステムでした。

1年間一緒に居るから、同期の絆ってめちゃくちゃ強いんですよ。こっちで何も言わなくても、同期同士で情報共有したり、支え合ったり。1年目は学生から社会人になったばかり。誰しも折れそうになりますよね。そういうときに、もうちょっと頑張ろうよ、俺も頑張るから。という同期が隣にいれば、やっぱり頑張れるんですよね。だから、新卒者は皆一緒に教育できる場が出来るまで採用しない、と思っていたんです。

そこで、平成8年に新卒者で草加をオープンしたい。と決めて、新卒者の採用を始めました。4月1日の入社式に、「お前達の店だからお前達でオープンしろ!」と言って、ついに4月22日に新卒者だけで草加店がオープンんですよ。嬉しかったですね。・・・熱を出して、オープンに行ってないんですけど(笑)

だから今でも入社したら、草加のお店で集合教育を行っています。毎年20名程採用をしているんですが、それ以上、つまり集合教育出来なくなる人数はとらないようにしてます。

また、教育制度についても前職での経験がいきています。前職では入社して1年、業務日報を毎日書かされていたんです。それを指導担当に提出すると、それに対してコメントを返してくれる。毎日交換日記をするわけです。

私の下についた子なんて、初めの頃は「今日は一日大変でした。」と1行で終わっていたんですが、その子が1行なら私は3行、その子が3行なら私は5行、という具合にずーっとやっていたら、最後の方なんてお互い意地になって、1ページぎっしり書いてましたよ(笑)

でもそうすると、意思疎通も深まるし、コミュニケーションは仕事に影響しますから、仕事が出来る子が育っていったんですよね。だからうちも、指導担当をつけよう、ということでブラザーシスター制度をとっています。

店長の方々も新卒で入社された方が多いとお伺いしました。店長さんに求めていらっしゃることは何でしょうか?

やっぱり、自分で考えて、自分で行動すること。でしょうか。そこが実は、うちの会社の弱点でもある部分なんですよね。机上の論理ばかりしているんです。机上で話して、ダメだ、やってもしょうがない、って動かないことが多いんですよ。動かないと何も始まらないんですけどね。

1円パチンコを導入したのは比較的早いんですが、私がやろうと提案したときに、うちの社員はみんなそっぽ向いてたんですよ。やりたくなくてね。

でも、オープンして期待以上の勢いで稼動があがっていくと、それから3日目ぐらいに電話かかってきて、「次は、ここの店でやろうと思うんですけど。」って(笑)変わり身はやいよな~って思わず笑っちゃいましたけどね。笑そういう意味では、もうちょっと決断力と行動力があってほしいと思いますね。机上の論理では物事進まないんだから、まずはやってみて、上手く行かなかったら次に何をやるかを考えながら実行すればいい。

やる前からダメだダメだ、と動かないのは何も生まないと思うんですよね。

最近、昔からの知り合いの方が職場を離れるということで、6月から来て頂いたんです。その方が色んな面で指導して下さって、今まで自分達でできなかったことを進めてくれています。また、私が忙しくてほとんどいないので後手後手になってしまう所を任せています。というのも、うちの店長の中で、他社から来た人は1人だけなんです。新卒以外では2名。あとは全員が新卒からのたたき上げ。

そうすると、見方・考え方・進む方向って同じじゃないですか。そこは強みでもあるんですが、こういう厳しい時代に、新しいことをやろうとする姿勢もなくなっていたんですよね。そういう意味でも違う風を少し入れて、うまく活性化するといいなと思っています。

また、店長に求めるばかりじゃなくて、私自身も、社内の教育、コミュニケーションに対する時間をもうちょっととらなきゃいけないな、って思っています。50歳で業界活動やめる、とずっと宣言していましたが、理事に推薦してくださった都遊協の原田理事長が務められる間は、お付き合いしようと思ってまして。理事長がやっている間はお付き合いしますけど、お辞めになったら私も辞めさせてください。と言ってます。

だから、社員の方たちとのコミュニケーションの時間が取りたいけど、実際できてない、というのが今の一番のマイナスなところだと自分で思っています。

ご自身のマイナス部分もお話くださってありがとうございます。阿部社長の夢やの夢、目標をお話いただけますか?

やっぱり、この業界の皆が胸を張って、僕はパチンコ業界にいます。と言えるような業界、職種にしたいです。どういう形がいいのかというのは自身でも見えていないのですが、きちんと整理をして、そういう話も進められるようにしたいですね。

例えば新卒で入って、この業界に夢を持って来てくれた人達が、なんかちょっと違うんじゃないの?って思うんだとすると、新卒者を受け入れている業界として、責任を果たせてないんじゃないかと思うので、そこをやはり変えていきたいというのが一番ですよね。自分としては、誰か社長にさせて早く引退したいんですよ。

うちまだ子供が小さいので、もし息子が継ぐにして、私と息子の間に誰かやってもらいたいし、そもそもうちの息子には「お前には跡を継がせない」っていってます。まあ、どうなるかは分からないですが、本心として、うちの息子が能力がないのにも関わらず会社を継がせれば、本人も苦痛だし、周りの人間も迷惑だから、本当に出来る、と思う人間に会社をやらせたいですよね。

だからよく言う、経営と資本の分離、というのが出来ればそれに越したことはないなと思っていて、社内に社長をたくさん作りたい、といつも言っています。まあ、現実的にはなかなか進んでいないですけどね。飲食も何店舗か始めているんですが、ある社員に、あと2、3店舗上手く行けば、会社を分割して社長にするから頑張れ!ってたきつけてます。

本人も、やります!って言いましたので、今月から蕎麦打ちの修行に行ってもらうんですよ。本気で社長を目指して欲しいんです。

最後に読者の方へメッセージをお願いできますか?

現場の方にお伝えしたいのは、もっともっと情報公開をして、国民の皆さんに理解をして頂ける業界にしましょう、ということです。全日遊連が社会貢献団体機構というものをやっていますが、そういうのも、全日遊連だけでやるのではなくて、業界が一つにまとまるべきだと思います。

色々なアプローチがあると思いますが、私が一番やれたらいいなと思っているのが、パチンコ奨学金ですね。「僕はパチンコ奨学金で大学いきました。」って言う人がいて、その人がパチンコ業界に入ってきてくれたら、「俺らの努力したかいがあった。」って、実感できるし、働いている人が誇りを持てると思うんです。

もうちょっと業界としてまとまって、お金儲けだけを目的にするんじゃなくて、地域貢献、社会への認知を高めていく活動ができたらいいなと思いますよね。だからこそ、もっと色んな形で教育をして、「パチンコ店にいる人って、ちがうね。さすがだね。」と各方面から聞こえてくるような人材に育って欲しいです。俺はこれでいいんだ、と思った時点で、人間成長がとまってしまうと思うので、ぜひ前向きな意識で、業界全体を盛り上げて、社会貢献をしながら、なくてはならない産業にしていきたいですね。

地域貢献という意味では、シャッター街になった商店街の活性化をパチンコ店が先導に立って取り組むということをやりたいと思っています。そうなると地域にパチンコ店がないと困るって、思って頂けると思いますし、それが将来のこの業界のあるべき姿だと思うんですよ。

その走りとして、パチンコ店にAEDを設置する等の活動もやってきました。当社の店舗はもちろん、今ではAEDを設置している店舗はだいぶ増えています。

これを読んでくださっている方々が、地域貢献、地域に根付くという努力をしていくことによって、「おたくが無いと困っちゃうのよね。」と言って頂ける。そういう姿は、一人二人が努力するんではなくて、それぞれがその立場立場で努力しないと作れないと思うんです。その積み重ねが、業界のイメージを少しずつ変えていくんだと思います。チームワークって、一人ひとりが与えられた仕事を100%以上こなす。っていうことだと思います。

これは会社においても、業界においても同じじゃないかなと思うので、業界全体が、俺は関係ない、という意識を変えて、是非チームワークを高めていければ、もっと違ったものが見えてくると思いますし、厳しい厳しいと言われているなかで、夢とか、明るい兆しがみえてくるんじゃないかな、と思いますね。是非、共に業界を盛り上げていきましょう。

阿部社長、ありがとうございました!

最後に・・・サンキョー㈱の新卒第1期生のうち、3名の方にお話を伺いました。20名入社した1期生のうち、11人が勤続。15年目。その中でも本社勤務の3名は、多忙な阿部社長の名代として、各組合会議、団体、研究会に参加。会社の看板を背負って出席されています。

営業部 機械グループ グループ長 杉岡 武彦さん
景品グループ グループ長 峰岸 周さん
経理部 経理グループ グループ長 鈴木 幸正さん

15年目で、1期生が20名入社したうち11名も勤続していらっしゃるとお聞きしました。すごいですね。

(杉岡さん)1年目は楽しいことばっかりでしたね。ほとんどみんな寮に入っていましたので、24時間一緒だったので、毎日どんちゃん騒ぎでした(笑)

(峰岸さん)目の前のことをがむしゃらにただやっていたので、雲の上の店長という存在をひたすら追いかけていた、という感じですね。ああなれたらいいなあ、と。目標は高い位置に設定して、そこに向って日々ガムシャラに頑張るだけ。色々不満はありましたけど、同期と励まし合ったりね。

この会社に決めた理由は?

(杉岡さん)「1期生」ということに惹かれましたね~。あとは、当時右肩上がりで成長をしていた会社だったということ。

(阿部社長)募集を始めたのがちょっと遅かったから、みんなが焦り始めたころだったんでしょうね。反響はものすごかったですよ。会社セミナーをやったときに会場に入りきれなかったですね。

新卒で入社をして、15年も続けてこれたのはなぜでしょう?

(峰岸さん)会社から期待されている、というのをすごく感じましたね。1期生ということで、色々と手をかけて頂いたと思います。あとはやっぱり同期同士のつながりは大きいですよね。

社長に言いたいことは?

(峰岸さん)今年の4月に、始めて全社員参加の社員総会をやったんですが、その時にアンケートを取ったところ、「社長の生の声、考えが聞けてよかった。」という声がすごく多かったんです。本当に忙しい時は、つきに1度、2度くらいしか会社にいないので、本社の僕はまだ話す機会がありますが、現場の社員は、滅多に無いですからね。店長は会議で顔を合わせますが、店舗の役職者や一般の社員は年に1度、会うかどうか。アンケートの結果をみると、もっとスタッフのみんなと話す機会をとってもらえるといいなと思いますね。

阿部社長ご自身も、時間を取るようにしたいとおっしゃってました!それでは、社長の口ぐせ、よくおっしゃることはありますか?

(杉岡さん)知恵をしぼれ!という言葉が印象に残ってます。知恵をしぼって、形にしろ!とよく言われますね。

(鈴木さん)私は経理部にいるのですが、「頑張っているのは現場。縁の下の力持ちとして、現場を支えてあげて。」とよく言われますね。

(峰岸さん)最近あんまり言わないですが、ここ2、3年くらいは無駄をなくそう。とよく言われますね。必要なお金はいくらつかってもいい、ただ無駄なものは削れるものは削ろう、と。皆にもそういう話をします。

(阿部社長)俺、けちだと言われるんだよね(苦笑)使うところは使おう、と言ってるんですが、使っちゃダメ、って捉えられる人もいて。生きたお金の使い方をしよう!ってことなんです。

阿部社長の代わりに、組合や他社との研究会に出席されているとお聞きしましたが、他社と交流することで感じる自社の特徴って?

(杉岡さん)個性だと思いますね。一人ひとりの色が本当に強いです。個々ですごいものをもっていたりとか、ただ若干まとまり具合がない・・(笑)いい環境だと思います。

(鈴木さん)どの角度から見ても顔が違うと思います。色んな顔をもっている会社、と言いますか。

(阿部社長)私はもっと個性があってもいいと思いますけどね。だけど、それぞれ個性を持っていても、目標目的が一致していないといけませんよね。そこら辺をもうちょっと明確に個性を持ちながらも、目標目的をみんなで共有する、というところを強めていければ、なお一層いいのかな。そういう意味では、方向性をもう一度みんなで見直そうという趣旨で行った社員総会は良かったですね。

実は今年初めてやったんですよ。先代が、お店っていうのは休むもんじゃない、お客様がいつ来ていただいても、やっているのがお店だろう。という考え方が大前提だったから、みんなで休んでそういうことをやったことがなかったんですよ。でも、そういうことを言ってる場合じゃない、もうちょっと意思統一、情報の共有が必要じゃないかな。ということで、ここにいる峰岸がだいぶ苦労して準備してくれたんですよね。そういう意味では今年一番苦労したのは、君だな!

(峰岸さん)いえいえ・・そんなことないです。

(阿部社長)終わったら、やって良かった、っていう声がすごく上がって、本当に良かったと思いますよ。

みなさんありがとうございました!とっても和気あいあいとしていて、会社の雰囲気も伝わってきました!

関連記事