こんにちはPX通信編集部のとみおかです。

8月最後のPX通信は、
㈱マイナビの栗田センター長をお迎えしての、
新卒採用に関する対談後編です。

前編では新卒採用のメリットについてのお話でした。
後編では母集団形成から内定者フォローまでのお話です。

それではどうぞ~!

■■■■■

成長戦略としての新卒採用 後編

米谷
学生に企業の魅力を伝える方法として、最近ではインターンシップを行う企業も多いですよね。

栗田
そうですね。インターンシップでは、職業体験を通じて学生に企業の本質を見てもらうことができますし、企業側としては学生の適性を見極めることができます。
やり方によってはパチンコのイメージアップを図れますし、そういった点でインターンシップはパチンコ業界の新卒採用にとても向いていると思いますよ。

米谷
最近はパチンコで遊ばない学生が増えているんです。やはりパチンコをしない人から見れば入りづらい業界ではあるので、インターンシップを活用するというのはよい方法だと思います。

東和産業株式会社様のように、職業体験だけでなく、業界を理解する機会や、先輩社員との座談会など、就職活動や社会に出てからも役立つ体験ができると、学生は興味を持ちやすいですね。

インターンシップ事例(14卒向け)

東和産業株式会社様
【内容】
●Study 経済から見る企業競争 ~勝利の方程式~ 
日本経済・市場規模動向等を理解するチャンス!
パチンコ市場で有利に戦う為には?
●Action 接客アカデミー体験
実践による、接客体験!
『接客』の楽しさを知って頂けるハズ!
●Check 店長の仕事を徹底大解剖
現場の店長が、“生”の声をお届けします♪
店長の「裁量権」を知って下さい!
●Talking 就活ほっとCafe 
お茶とお菓子を食べながら、さらに業界理解を深める場。
店長、営業本部社員を交えて、ざっくばらんにお話ししましょう♪

田村総業株式会社様
【内容】
1.業務体験型インターンシップ&マーケティングリサーチ
2.人事の実務を体験!2014年採用ポスター作成

栗田さん
IT、ゲーム業界などを中心に、単なる職業体験だけではなく、宝探しのようなゲーム形式を取り入れるなど、手法に工夫を凝らしたものも増えてきていますよ。

米谷
以前こちらのPX通信でも取材させて頂いたんですが、昨年夏に行われた株式会社マルハン様では無人島インターンシップを開催したんです。
受け入れ人数40~50名予定に対し、約1600名もの応募があったそうです。
株式会社マルハン様 無人島インターンシップ

栗田さん
母集団が大きければ、さまざまなタイプの人材を見ることができますし、学生の適性を見極められることもメリットですね。

米谷
今後のホール企業様では、顧客満足を追求するサポータータイプ、マーケティングの分野で活躍できる人材、地方においては地域とのコミュニケーションのあり方を構築できるような人材など、さまざまなタイプの人材が必要になってくると思います。そういった適正を見極めるためにも大きな母集団の方が有利ですよね。

内定者フォローに欠かせない周囲の理解
パチンコ業界の新卒採用では入社前の内定辞退や、早期退職も課題になっています。

栗田さん
内定者フォローに関しては特にパチンコ業界の場合、本人はもとより家族など周囲の理解を求めるのが何より大切でしょうね。
本人にやる気があっても周囲の反対で心が折れてしまうケースもありますから。
「大切なご子息、ご令嬢を責任を持って預からせていただく」という気持ちを表すことや、労働環境が大幅に向上していること、単純労働の場ではなく、さまざまな可能性を活かせる職場であることをしっかり説明することが大切だと思います。

また、研修は採用とセットで考えるべき問題です。
特に入社後3年間は離職率が高いといわれていますが、そうならないようしっかりとした育成プログラムが必要です。
そこはOJT(仕事を通じて指導する社員教育手法)を取り入れることで組織力の強化にも繋がるのですが、OJTを成功させるためには企業の理解が必要不可欠です。
単なる世話の押しつけではなく、教育の成果をしっかりと評価し、報酬を与える。
そうすることで上に立つ人間の成長を促し、ひいては組織の成長が期待できます。

最後に・・・

新卒採用には手間も費用もかかります。
しかし、「企業風土にあった人材に育てやすい」、「新人教育を通じて先輩社員が成長する」、「企業のブランディング化につながる」など、様々なメリットを考えると新卒採用は企業の成長戦略と言えます。

ただ、新卒採用はやればいいというものではありません。
求める人物像の策定から、それに沿った採用活動、内定者フォロー、入社後の研修など、ひとつひとつを会社の理念に沿って行う必要があります。

就職難と言われる時代ではありますが、学生は大手や人気の業界に集中し、パチンコ業界は学生が集まらない現象が毎年起きています。
つまり、パチンコ業界で優秀な人材を獲得するには、工夫が必要なのです。

まだ新卒採用を実施されていない企業の方だけでなく、すでに実施されている企業の方も、今一度、自社の人材採用方針を見直してみてください。
そしてパチンコ業界だけでなく、様々な業界の他社事例も参考にしながら、自社の採用に工夫の余地はないか考えてみてはいかがでしょうか。

―以上、「成長戦略としての新卒採用」でした!

関連記事