こんにちはPX通信のとみおかです。

今週は㈱マイナビの栗田センター長をお迎えしての、新卒採用に関する対談です。

それではどうぞ~!

■■■■■

成長戦略としての新卒採用 前編


近年、パチンコ業界でも大手を中心に積極的に新卒採用を行う企業が増え、13卒では約220社が採用活動を実施しました。
しかし、新卒採用を機に組織を成長させている企業がある一方で、新卒採用に二の足を踏んでいる企業もまだまだ多いのが現状です。

今回は「成長戦略としての新卒採用」というテーマで、株式会社マイナビの栗田センター長と弊社コンサルタントの米谷の対談をお送りします。

***
栗田卓也さん
株式会社マイナビ
就職情報事業本部 HRリサーチセンター センター長

米谷健太
株式会社パック・エックス
HRコンサルティング部 HRパートナー 統括リーダー
***

新卒採用のメリット

栗田さん
新卒のメリットは、一度に複数名の、質が均一な社員を確保できることですね。
当たり前ですが、新卒は企業や業界に対する「慣れ」が無い真っ白な状態です。
ですので企業風土に染まりやすく、育てやすいというのがあります。
さらに、育てる過程で周りの先輩社員も成長することができ、組織全体のレベルアップにつながります。

米谷
実際、パチンコ業界でも売上上位30社のうち、13卒採用では26社がマイナビもしくはリクナビを使用して新卒採用を行っています。新卒入社の人材が店長に昇進している企業も多いです。(図1参照)

栗田さん
新卒採用には投資が必要ですが、企業を発展させていく上では欠かせないことです。
なぜなら企業の成長、維持には一定の人材が必要だからです。
いかに質を高め、定着させていくか。こうした取り組みが将来、企業間の差となって現れます。
特に多店舗展開する企業では、採用、教育計画が立てやすく、研修によって全体的の底上げが可能な新卒採用が欠かせないのだと思います。

中途採用は即戦力ではありますが、質が均一ではなく、数の確保も難しいです。経験値があるだけに企業の風土、やり方にマッチしないというリスクもあります。
そういう意味では新卒採用と中途採用はまったく別物と捉える必要があるでしょうね。

図1
2010年度決算での売上順位30社のうち、13卒マイナビもしくはリクナビを利用している企業は26社。
※売上順位はアミューズメントジャパン調べ

新卒採用は企業のイメージアップにつながる

栗田さん
新卒採用を行うことは企業のイメージアップにもつながります。
パチンコ業界は多額の広告費用を投じていますよね。そうであれば、新卒採用に力を入れるのも一つの考え方ではないでしょうか。

米谷
実は現在パチンコ業界では、法令運用の厳格化からユーザーに対するダイレクトマーケティングがかなり難しく、多くのホール企業が広告に頭を悩ませているんです。

新卒採用は直接的な広告ではないものの、企業のブランディングになりますよね。
実際にパチンコ業界で新卒採用を行っている企業は、イメージ広告にとても力を入れています。どんな会社を目指していて、どんな人が働いてるかなど、企業風土が学生に伝わりやすいよう工夫されています。
株式会社マタハリー様のように「女性が働きやすい環境」をアピールする企業も多いですね。

新卒採用の広告例

株式会社マタハリー様

「女性が働きやすい」、「人を大切にする会社」といった企業風土が伝わりやすいページになっている。

株式会社エム・アイ・ディ ジャパン様
先輩社員へのインタビューと、その上司からのコメントが掲載されており、どのような人たちが働いているのかイメージしやすい。

■■■■■

母集団の形成に苦戦するパチンコ業界

新卒採用を行う企業の中には、母集団形成に苦戦を強いられている企業も少なくありません。その大きな要因はパチンコ業界に対するマイナスイメージです。
特に13卒採用はその傾向が強まったシーズンでした。
その理由は採用活動開始が2ヶ月遅くなったことにより、活動期間が集中してしまったことにあります。
業界・企業研究をする時間が充分に取れなかった学生が多く、結果的に知名度の高い企業、人気の業種に応募が集中しました。

それでは14卒に向けて、どのように母集団を形成していけばよいのでしょうか。

栗田さん
パチンコ業界に対してマイナスイメージを持っている人はまだまだ多いですが、企業の魅力をアピールできれば、学生を集めることは可能だと思います。
実際、多くの学生を集めているホール企業様もありますからね。

例えば今、地元の高校から地元の大学へ進学する割合が6~7割と、地元意識が高まっているんですね。
それに伴い、>「卒業後は地元で働きたい」という意識も高まっているのです。
ですが地元に働き口があるのかというと、それ程多くはないのが実情です。
「親元から通える」「車で通える」「給料も悪くない」という条件を考えれば、ホール企業も就職先の選択肢に入ってくると思います。

米谷
地元の学生を採用することは、地域に密着した企業経営にも繋がりますね。

―続きは後編で!

関連記事