ABC様前編バナー掲載用今回は株式会社ABCの冨田 和宏常務に登場いただきました。
子供の頃からいずれは家業に入ることを意識していたという冨田常務。他社での現場経験を経て、自社に入社されました。
前編ではご入社されるまでの経緯から、入社後の取り組みについてお伺いしました。

ABC様前編写真プロフィール
冨田 和宏氏
株式会社ABC
常務取締役 執行役員
営業本部長
大学卒業後5年間、ホール企業で勤務。2007年、株式会社ABC入社。人材開発部部長、営業副本部長、業務本部長等を経て、常務取締役に就任。静岡、山梨、長野で全41店舗を経営する。

―冨田常務、本日はよろしくお願いいたします。まずはこれまでのご経歴から伺いたいと思います。

子供の頃は家業について漠然としたイメージしか持っていませんでしたが、いずれは家業に入るだろうなとは考えていました。そのため、学生時代は今しかできないやりたいことを全力でやってみたいと考え、昔から興味のあったデザインを学ぶために美術大学に進学しました。

―大学卒業後、御社に入社されたのでしょうか?

いえ、まずは勉強として5年間関東のホール企業に勤めていました。
当初は2、3年の予定でしたが、現場の仕事にやりがいを感じ、副店長までやらせていただくことができました。次は店長を目指そうと考えていた頃に、社長から戻ってくるように言われました。現場の仕事は面白かったので、上を目指したいという気持ちもありました。ですが、もともとは自社を継ぐための勉強でしたので、2007年に社員として自社に入社しました。

―入社当初は、どのようなことから取り組まれたのですか?

まずは会社の内情を知ることから始めました。入社後1年間は、本社の各部署を回り、それぞれの部署がどのような仕組みで動いているのかを覚えました。
同時に自社の全店舗を見て周りました。競合店との立地関係や、お客様の流れ、店舗の社員の動きなど、まだ客観的な視点で見ることができるうちに知っておきたいという思いがありました。
この1年間は会社のことを知れただけでなく、自分ができること、やるべきことはなにかもじっくり考えることもできました。

―その頃、社長からはなにかアドバイスはありましたか?

「経営者の仕事はバランスシートをよくすることだ」と言われたのを憶えています。
現場である程度営業の数字については学んでいましたが、財務諸表等の経営の数字に関しては全くの素人でした。バランスシートをよくするにも、まずは経営学について学ばなければと、独学での勉強や、セミナーに通うなどしてひとつひとつ覚えていきました。
今思うと、社長は私に経営者の視点を持ってほしいと思ってのアドバイスだったのかもしれません。

―その後は、どのような仕事をされていたのですか?

新たに人事部門から独立した人材開発部の部長を任され、人材育成の強化のための研修の企画・実施やOJTの仕組み作り等をしていました。
前の職場も人材育成には熱心で、私自身も様々な研修を受けさせてもらっていたので、その経験を自社にフィードバックできると感じました。

―具体的にはどのような取り組みをされていたのでしょうか?

当時の事業計画を元に研修を企画・実施していました。
今までの研修をそのまま実施するだけでは自分がやる意味はないと考え、自主選択型の研修の導入や、著名な経営者や講師を招聘した研修の実施、OJT指導マニュアルの策定、接客褒章制度の導入など、様々な研修や仕組みを企画しました。
当時は社員の定着率にも課題を抱えていましたので、入社してくれた社員がいかにやりがいを感じて働いてもらうかということも仕組み作りの大きなポイントでした。

―当時はどんなことにやりがいを感じられていましたか?

当社は、私が入社した当時、すでに35店舗にまで拡大していました。社内の制度なども整いつつあり、企業として安定期に入っていました。そのため、現状に満足して変化を求めようとしないような風潮を感じていました。
だからあえて、当社とは毛色の違うものをぶつけて、どんな化学反応がおきるかを見たかったんです。
企画した研修を受けた社員が自主的に学ぶ機会を作ったり、学んだことを翌日から店舗で実施している姿を見るのは嬉しかったです。新しいことを取り入れて、それが社員の成長のきっかけになっていると感じられることがやりがいでした。

―これまでで、ご自身にとってターニングポイントになったと感じられていることはありますか?

正直ターニングポイントだと感じたことはまだありませんが、強いてあげれば、ちょうど自社が60周年を迎えた昨年、創業者である祖父が亡くなったことです。
それまでは、将来どうしていくべきかを考えるあまり、過去を振り返る機会はなかったように思います。
祖父の死は、自社の歴史について改めて振り返るきっかけになりました。
創業当初、2度店舗が火災に見舞われたことや、心労で長期間胃潰瘍を患ったことなど、祖父の死をきっかけに社長から初めて聞かされた話も多くあり、改めて60年の重みを感じました。

当社は、「どこよりも玉を出して、お客様に喜んでいただきたい」という創業時の理念・想いから、今日に至るまで薄利多売の低玉貸営業をしてきました。利益とは、お客様に喜んでいただいて初めていただくものだという先義後利の考えが強く根ざしています。
その理念を絶対に変えてはいけないと改めて感じ、生涯に渡って、この会社を守り、そして発展させ続けることを強く心に誓いました。

―ありがとうございます。続きは後編にてお届けします。

関連記事