樋口社長バナー掲載01

本日はひぐちグループ樋口益次郎代表取締役社長に登場いただきました。
実は以前にもトップインタビューに登場いただいている樋口社長。(樋口社長に以前ご登場いただいた記事はこちら → ひぐちグループ樋口専務 前編後編

今回は社団法人日本遊技関連事業協会(以下:日遊協)の人材育成委員会の理事として、業界の採用、そして今後のビジョンについてお話しいただきました。
前編ではパチンコ業界の合同説明会を主催することになった経緯を伺いました。

樋口社長01プロフィール
ひぐちグループ 代表取締役社長
社団法人日本遊技関連事業協会 人材育成委員会 理事
樋口 益次郎氏

日遊協の人材育成委員会理事として、「パチンコ産業への就職促進」「新卒採用にチャレンジする協賛企業へのワンプッシュ」「若年層ユーザー化の“キッカケ”創出」に取り組む。
2011年からこれまでに3回、リクナビLIVEに「ぱちんこ産業合同説明会」ブースを日遊協主催で出展。

―本日はよろしくお願いいたします。樋口社長は日遊協の人材育成委員会の理事をされていますが、どのような活動をされているのでしょうか?

パチンコ産業が大衆に愛され続けるためには、将来を担う人材の発掘・育成が必要不可欠です。
人材育成委員会では、優秀な人材の獲得、会員企業社員の交流促進、教育研修プログラムの充実などを通じて、パチンコ業界全体の人材の底上げに貢献したいと考えています。

具体的には、店長・管理職能力開発講習・試験の実施、次世代経営者向けのマネジメント・カレッジ、リクナビLIVEへの「ぱちんこ産業合同説明会」ブースの出展などです。

「店長・管理職能力開発講習・試験」は1994年より行っているもので、パチンコ業界における次世代のリーダーたちを育成することを目的としています。
ぱちんこ業界に従事される『管理職』の方にはぜひ身につけておいて欲しいと考える項目(業界の現状・人材マネジメント・マーケティング・コンプライアンス・風適法)が盛り込まれています。

参加される方の多くは、これから店長を目指される主任・副店長クラスの方です。参加のきっかけは、上司・会社からの勧めという方が多いのですが、講習終了後には「仕事に活かせると感じた」「自分の知識・認識が甘かった部分が理解できた」といった意見も出るなど、意欲的に取り組んでいらっしゃいます。特に現在の仕事に直結する「マーケティング戦略概論」や、「管理職の役割」に興味を持たれる方が多いですね。

―「ぱちんこ産業合同説明会」について伺いたいのですが、これはどのようなものでしょうか?

株式会社リクルートが就職活動中の学生向けに開催する合同会社説明会「リクナビLIVE」※に日遊協として出展しているブースです。2011年から始め、2013年12月に行った15卒向けのもので3回目になります。
2013年は37社に協賛頂き、学生の動員数は603人でした。パチンコ産業と社会との関わりなどについて映像とスピーチで紹介し、協賛企業の会社パンフレットやノベルティグッズの配布、遊技機を設置した遊技体験なども行いました。

合説2_s合説1_s

パチンコの遊技人口は全人口の1割程度だと言われています。つまり、残りの9割はパチンコなんていらないと思っているんです。

学生にしても、「大学にまで行ってパチンコ?」という意識が絶対にある。
私たち日遊協の立場でなにができるのか、なにをしたいのか考えたら、「就職してほしい」ではなく、まずは「業界のことを知ってほしい」なんです。たとえこの業界を選んでくれなくても、パチンコ業界を知って、将来ホールの扉を開いてもらえればそれでいい。
この合同説明会が、そのきっかけになればと思っています。

※リクナビLIVE
株式会社リクルートが就職活動中の学生に向けて行う合同会社説明会。採用活動を行う企業が集まり、各ブースにて説明会を行う。
日遊協が「パチンコ業界特集」として参加した「リクナビLIVE SUPER開幕★LIVE 東京 」は2013年12月8、9日に2015年卒業予定の学生に向けに幕張メッセにて行われた(日遊協は12/9のみ出展)。2日間の合計参加企業数は501社、学生動員数は35,824名。

―パック・エックスでも業界全体の採用力向上を目的として、学生向けのパチンコ業界専門就職情報誌※の発行や、人事交流会※の開催など様々な活動を行っています。人材育成委員会の活動目的とリンクしてくる部分もあるのではと思います。

そうですね、我々の活動目的と方向性は同じだと思います。
パチンコ業界はまだ学生にとって人気業界とは言えません。就職活動中に学生が自らパチンコ業界を調べるということはあまりないと思うので、情報誌として配布するのはいいきっかけづくりになるのではないでしょうか。以前日遊協でも同じような企画案が出たこともあります。

人事交流会というのも、業界にとって必要なことだと思います。
我々が行っている合同会社説明会でも人事担当者同士が交流できるという面もあります。先日は初めて開催に関わったメンバーとの打ち上げをしたのですが、この打ち上げが大事だと私は思っています。折角全国各社から集まったメンバーなのに、ただ手伝って終わりはもったいない。自社に戻ったとき、社長や同僚に「全国にこんなに仲間がいて、学ぶことも多々あり刺激になりました!」と話すきっかけがあれば、我々の想いが伝わるかなと思っています。

営業の部分ではライバル同士なので、他社と情報交換することはノウハウを晒すことになりかねません。ですが、人事の部門はまだまだ協力できる部分が多分にあります。
我々の業界には、「人材を育成する」という意識が低い、昔ながらのパチンコ屋さんという企業様もまだまだ多いのではと思います。
特に中小企業では採用に苦戦されている企業様も多く、育成に対しても充分な時間・費用をかけられる企業様は少ないのではと思います。

一社一社が頑張ってもほとんど世間の目には留まらない。けれど皆で協力をすれば、大きなムーブメントを起こすことができる。人事同士のネットワークをつくることは、業界全体の採用力の向上、人材育成につながるのではと思います。

―続きは後編で!

※学生向けのパチンコ業界専門就職情報誌
「パチンコ業界就職活動book」として2014年1月に創刊準備号を発行予定。
新卒採用活動を行う企業様約200社の採用情報や、パチンコ業界について紹介するページなどを掲載。創刊号から学生向けに無料配布し、パチンコ業界の新卒採用を知ってもらうきっかけとする。

※人事交流会
「アミューズメント・ナレッジ・バンク」内で実施。アミューズメント・ナレッジ・バンクとは新卒採用の情報・ノウハウを話し合い、参加企業それぞれの採用活動をよりよい方向にしていく会。詳しくはこちら

関連記事