アット尹社長後編

今週は株式会社アットの尹社長に登場いただきました。
現在は「もっと会社を大きくしたい」という想いを持たれている尹社長。それは、ある夢を実現させたいからなんだそうです。
後編は、今後の夢と、そのきっかけとなったお話についてです。
それではどうぞ!

―「もっと会社を大きくしたい」という想いをもたれているとのことですが、具体的なビジョンはお持ちですか?

入社当初は借金返済という明確な目標がありました。正直、それを達成したときやりきった気持ちになり、モチベーションが下がっていたんです。

アット尹社長写真後編

そんな時、テレビでアフリカやモンゴルで子供たちがご飯を食べられない環境にいることを伝える番組が放送されていました。
私にも子供が3人いるんです。1人目が生まれたときはすごく嬉しくて、自分の仕事に対する考え方や姿勢なども変わりました。だからこそ、その番組を見ていたら涙が出るほど悲しくなりました。自分たちにもなにかできることはないかと妻と話しあった結果、学校建設の夢が生まれました。ただ学びや給食を提供して助けたいというのではなく、そこに住む子供たちに『ワンチャンス』をつくれる環境を作りたいんです。

これは個人の夢でもありますが、会社としてやりたいと思っています。この夢は社員も知っていて、共感してくれています。4年前に「10年後に実現」を掲げ、そのためにも利益を出そう、というのが今のモチベーションになっているんです。

―それが「もっと会社を大きくしたい」のきっかけなんですね。

はい、それからこれは私がアメリカに留学していたときの話なのですが、父が手紙を送ってきたんです。
「医者をしている友人とゴルフをした。そのときに『うちもそうだけど、お子さんはハングリー精神を持っていないでしょ』と言われた」と。それで心配になって手紙を送ってきたんです。そこには「向上心を持つように」という言葉も添えられていました。
確かにそれは事実だなと思いました。ハングリー精神は持っていない、だったらそれに勝るものを持てばいいんじゃないか、それが向上心だと思いました。
そう気づかせてくれた父の手紙には感謝しています。

とはいってもやっぱりハングリー精神もほしい、それで起業したいと思ったんです。
でも、預かった企業を投げ出すことも絶対したくないから、会社がどう考えてもつぶれない状況にしたら、独立しようと考えています。

―現在は夢の実現のためにどのようなことに取り組まれていますか?

ただ大きい会社というだけでなく、『お客様も従業員も元気の出るいい会社』を掲げています。その上で、夢は『中小ホール企業の星となる会社』です。そのために大手企業が嫌がる、競合したくないパチンコホールを目指しています。悩んだり、迷ったりしたらアットを視察すると思ってもらえるようなホールにしていきたいです。
最近は視察させてほしいという問い合わせを頂くことがあって「自分たちがどれだけ仕事していなかったかわかりました」「お店に入っただけで面白い店舗だとわかりました」と言われることもあり、とても嬉しかったです。

―いろいろな夢へ取り組む過程で、何か気付きはありましたか?

やはり『人』の部分ですね。でも今の課題は「人」だと言えるようになったことはいいことだと思います。それは業績が安定しているという証拠でもあるからです。
育成に関していえば、礼儀作法を学んでいない、声出しもできないという人が多いです。私も大学ではマネジメントの勉強をしていましたが、学生時代には社会に出てから必要なスキルの全ては得られないんだなということを感じています。ですから社会に出てからの教育は重要なんだと思います。
採用に関しても、どんどん厳しくなってきていますね。中途採用をしていますが、夢を持っていて、実現に向けて目を輝かせている人材は少なくなってきていると感じます。
パック・エックスさんの宣伝をするわけではないですが・・・中途採用では以前からパック・エックスさんからご紹介していただいた方を何名か採用しています。もちろん全員がうまくいったわけではないですが、統括部長や店長として活躍してくれている人もいます。
統括部長を任せている人が面接に来たとき、彼は「将来は飲食がやりたい」と言ったんです。だったら居酒屋に行きなさいと言いました(笑)。でも経営が学びたいから入社したいんだという想いを話してくれて。それだったら教えてあげられるから、ということで採用することになりました。
正直最初は手数料が高いなと思いました。でもいい人が採用で来て、その人が死ぬ気でがんばってくれたら高くはないなと思ったんです。他でも募集は出していますが、やっぱりいい人はなかなか見つけられないです。特にパチンコ業界では夢を持っていてモチベーションが高い人は少ないですから、優秀な人材を採用するのは厳しいです。

―最後に夢の実現に向けた、意気込みをお願いします。

夢の実現に必要なことは『ハングリー精神』だと思います。何のために実現したいのか?どんな未来がくるのか?それに胸を躍らせ、自分がやりたいという実現欲に、素直に生きることこそが、私の原動力となっています。これからどんどん会社を大きくしていき、パチンコ業界に何かを残せたらと思っています。

―ありがとうございました!

関連記事